読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貢ぐは馬鹿だが幸である

好きなこと書いてます Twitter@mikumayutan

10月4日に、缶コーヒーの常識が変わったらしい

一ヶ月くらい前に、キリンの缶コーヒーキャンペーンで、缶コーヒーが30缶当たった。

 

f:id:mikumayutan32:20161103190255j:image

 

確か、Twitterでフォロー&リツィートするだけで応募できるタイプの懸賞だったような気もする。

 

とにかく、あまりに簡単な懸賞すぎて応募した事すら忘れてた。

 

最近の懸賞は、ハガキで応募するよりもネットで応募するタイプの方が遥かに当たりやすいし、切手代もかからないからコスパもいい。

 

おそらく、今年だけで通算数万円分は懸賞に当たってると思う。確定申告しようかなと、悩んだくらい当たってると思う。

 

さて、今回キリンのキャッチフレーズが「缶コーヒーの常識が変わる」だったので、めちゃくちゃ期待して飲んでしまった。

 

正直、普通に美味しい。少し甘いけど、疲れた時に丁度いい味だと思う。

 

でも常識変わったかというと、そこまででもないと思う。

 

やはり、常識帰るなら「○○味のコーヒー」とか、コーヒー缶の形がCMに出てる三浦知良選手や、柳楽優弥さんの形をしてるとか。

 

缶のプルタブの裏に「当たり」が出たら「おもちゃの缶詰貰えるよ」みたいなオプションついてるとか。

 

キャッチフレーズって付けるの難しいよね。インパクトのあるキャッチフレーズだと、より多くの人の心に印象を残す事が出来る。けど、大げさ過ぎると人は過度の期待をしてしまう。

 

たとえ、味が美味しくても「なんだ普通じゃん」で終わってしまう。

 

「今日は、コンパに凄いカッコいい子が来るから期待しててね」と言われたコンパで、本当に驚いた事ってあまりない。

 

人に何かを伝える時は、大袈裟に言うより「ちょっと小出し」程度の控え目さにしておく方が良いのかも。

 

そんな訳で、「うちの旦那、ブサイクなんですよー。」って言っておいた方がいいかなと思ってたのですが

 

私が何も言わなくても、

 

「そんなにカッコよくないね・・」

「いや、きっと顔、顔、顔じゃないんだよぉ。やっぱり心がいいんだよ!」

「あ、あ、そうだよね!顔、顔じゃないよね!」

 

と、これから紹介しようと思った矢先に目の前でこんな展開の会話がおきる事が結構な確率で起きている。(彼は、自分イケメン&イケてると思ってるので人の評価など全く気にしないアイアンハートの持ち主)

 

正直、私の中では彼はそんなにブサイクではない。

 

むしろ、彼の素直な笑顔が好きなので良いと思っているんだけど。

 

どちらかというと、私が「彼、ブサイクでしょ?」といってから「そんな事ないじゃん!普通だよ!」といって欲しい。

 

(しかし、「顔が悪い=やさしい」って発想は短絡的やろ。)

 

彼は、正直そんなに優しくはない。どちらかというと、人に厳しい人だと思う。

 

鉄のようなアイアンハートで我が道を行く人。どちらかというと、楽観的で強い人だと思う。あの性格だと、おそらく鬱には一生ならないと思う。

 

基本、常にマイナス思考&軽い鬱&ヒステリー&言い訳と弱音吐きまくりの私に対して、常に明るくプラス思考で支えてくれている。

 

叱られる事もあるけど、根底には思いやりがあるから怖く感じる事がない。まあ、ちょっと細かいけど。

 

一緒にいると「男」というより「家」だなと思う。何処にいても安心できて、安らげる。

 

そういう相手と出会った頃、人は結婚を意識するのかもしれない。