貢ぐは馬鹿だが幸である

ブロガー、フリーライター

どうしよう。今週土曜日両家顔合わせなんだが、店まだ予約してないんだけど。

どうしよう!どうしよう!

どうしよう!どうしよう!

土曜日どうしよう!

 

土曜日、やっと両家顔合わせなんですよ。

 

んで、両家顔合わせをする店を私が決めないといけないんですよね。うちの方に、彼の両親が挨拶に来てくれるからさ。

 

うちの母が、店がわからないというので。

 

店を探すことにしたんだけど、うちの地元が田舎すぎて店が少ないので二択に一択といったチョイスで決まった。

 

そもそも、うちの地元。

個室がある店で居酒屋以外の店が少なすぎるわ。

 

彼が「ねえ、その店はお代わり自由なの?ごはん、お代わりしてもいいの?」って、質問してきたんだけど。

 

ねえ、そこ重要?

 

そして、もう1つ問題がある。

 

実はこの日、彼に自分の部屋の荷物を持って行ってもらうんだけど。

 

部屋がゴミ屋敷すぎて、足の踏み場ないんです。

 

「明日片付けるからいいか」が、明日になれば「また明日片付けるからいいか」になり、365日過ぎてしまっていった。

 

こうやって見てると、毎日の積み重ねって凄いと思う。

 

これ見たら、100年の恋どころか人として冷めるんじゃないかと。

 

ねえ、あと1日しかないんだけど。

どうやって片付けるの?

 

今までは、「必殺!クローゼットに押し込める」という技が使えたけど、今ではそんなクローゼットも詰め込みまくりなんですよ。

 

たぶん、扉あけたら確実にサーフィン出来るね。モノがあふれた波でジェットコースターできるよ。KinKi Kidsも喜んじゃう。部屋に溢れてんのは、タッキーと浜崎あゆみのポスターだけど。

 

 

あー。どうしようか。

テーブルの上も、モノが積みすぎてジャンガ出来そうです。どれか一個取ると崩れて倒れて来そう。

 

母さんに「あんた、あの部屋どうするんだい。」と呆れられてる。

 

あー、参ったなー。

なんでこんなに部屋って汚くなるんだろうか。

 

だけど、部屋を片付けなきゃと思えないこと自体にも問題があるのかもしれない。