読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貢ぐは馬鹿だが幸である

好きなこと書いてます Twitter@mikumayutan

愛のままに我儘に、実家に彼が挨拶に来たよ

昨日、彼が実家に挨拶に来た。

 

本当自由すぎるわ、空気読めんわで「あの子、空気読めんのかね・・」と、母が終始イライラ。

 

なんで人の家に挨拶に来て、弟の部屋に入って漫画ずっと読んでるんだあいつは。

 

「僕、漫画大好きなんです!ブックオフで5時間いれます!」 本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

 

「えっ、立ち読みで?」

 

「はい!立ち読みです!だってタダじゃないですか!」

 

「それ、あんまり行きすぎるとお店に迷惑がられないの?漫画喫茶いったら?」

 

「それが!漫画喫茶って15分で○○円するんですよ!結構お金かかっちゃうんです!」

 

「あら、それじゃ。早くページめくって読まないといけないわね。」

 

「そうなんです!

漫画大好きだけど、やっぱりお金かかっちゃうのって勿体無いじゃないですか!

買っちゃうと、捨てるのに困っちゃうし!だから、立ち読みするんです!」

 

「あらそう・・。

うちの息子達は、漫画平気で買ってたけどねぇ。

 

年間10万位漫画で使ってたから、こんなに増えちゃってねぇ。

だから、こうして移動式の本棚買ったのよ。これ、高かったんだけどね。フフフ。」

 

「えええええええ!!!!10万っすかぁぁぁ!!凄いっす!

俺なら、ここに多分一週間位暮らせると思います!」

 

「いや・・暮らさなくていいんだけどね・・。

 

あと、あの。それね・・息子達のだから・・。そんなに読みたいなら、少しは貸してあげるから家で読んだら?

 

その代わり、あげるわけじゃないんだからね。これは息子達が自分で買ったものだからね。ちゃんと返して貰わないと。この子に会った時に、ちゃんと漫画渡して返してね。」

 

と、釘を刺していた。

 

テレビで彼に似ているお笑い芸人が登場し、「あんたに似てるんじゃない?」と彼に言えば、「えー!俺こんなブスじゃないよ!失礼だよ!」と彼。しかし、母が隣でボソッと「向こうに失礼やわ・・」と苦笑・・。

 

彼「えっ!ちょっとどういう意味ですかぁぁ!」

 

母「いや・・。だから、あなた。そんないいもんじゃないんじゃない?どっこいどっこいって事よ。」

 

彼「えええええええ!!!!それ、僕に失礼じゃないですかぁぁぁ!」

 

母「えっ、なんで?

あなた。そんないいもんだったの?」

 

なんだ。このコントみたいな展開は。

 

でも、言いたい事をお互い言えてるからいいって事なのかな。

 

こんなコントみたいな会話が続いたけど、彼に初売りに連れていってもらうと、少し母のテンションも上がって良かったです。

 

しかーし、電気屋に行けば。 (家から近かったので、エディオン行ってきた)

 

「お母さん!

 

僕、今ね!今ね!ソフトバンクのアンケートで、カップラーメン貰いましたよ!凄くないです?!これ、非売品ですよ!

 

あと、auのアンケートで福袋貰いました!それから、ドコモのガラガライベントでポケットティッシュいーっぱい貰いました!凄くないです?!」

 

と大喜び&大声で話す彼に、「あらやだ・・恥ずかしい・・。そんなに一杯貰わなくても・・。」と小声で苦笑。

 

クレジットカードに関するアンケート答えて、Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーン

 

だめだ、彼と母の感覚が全く違うという事がどんどん露呈されてゆく・・。

 

その後、電気屋にて、マッサージ機の体験コーナーに行く私達。

 

ここで、彼と私達はキャッキャッ言いながら「いいわねぇ!このマッサージ機!」と、大喜び。

 

彼と母が、足のマッサージ機についてやっと意見が合うようになってきた。

 

彼「やっぱり腰より、足のマッサージっすよねぇー。」

母「そうよねー、足のふくらはぎが一番凝るのよねぇー。」

 

よし。いいぞいいぞ。

掴みはグーって感じじゃないの?

 

しかし、その後彼がボソッと「あー、マッサージ機なんて、こんだけ借りたら通常500円位かかるよねー!て事は、僕たち500円得したよねー!」と話す彼に、母の顔が若干凍りつく。

 

だめだ。これ以上一緒にいると。

彼のボロがバレてしまう・・・。

 

おまけに、元気すぎる彼は初売り会場で飛び回るように動き回る。

いつも元気すぎるあの人の秘密はコレ

 

「あ!もしかしたら、これめっちゃいいかもしれない!

これとこれが入ってエェェ!五千円!安いっっっ!

ちょっと、ちょっと!母さん!あれ、みてきて良いですかぁ!!すくダッシュして見てきますんで!はい!すぐ戻りますんでっ!」

 

って、ダッシュ。

あんた何回行くんだよ。

 

でも、彼がチェックした福袋は全部完売してた。

私が目をつけてた特売品も、全部売れてたし。初売りは元旦に行かないとダメだわ。

 

「なんであんなに元気なの・・。

しかも、何か買うわけでもなく見てるだけなのに・・。どんだけ元気なの・・。

しかも、ずーっと喋ってるけど。

どんだけ喋るのあの子・・。

母さんもう疲れちゃったかも・・。

あの子と買い物とか、旅行とか絶対無理・・。」と、フラフラ歩きながら弱音を吐く母。

 

よくよく考えれば、交際当初は「なんで、この人こんなに元気なの」と思っていた。

 

スーパーでタコ1個買うだけで、徒歩で4件回った程だった。

 

家に着いた頃には、歩きすぎてクタクタになり「もう動けない」と、倒れこむ始末。結局、タコ焼きを作ったのは彼だった。

 

最近は、車使うようになり歩き回る事が減ったし、大型ショッピングモールでは「好きな所回ってきなよ。私、立ち読みしてるから。」と放置プレイにしている。

 

しかし、そういや、まだ母は「元気すぎる彼」への免疫がなかった事を忘れていた。

 

なんとなく元気な事はお察しだったかもしれないけど、予想の範疇を超える元気ぶりに、「見てるだけで疲れた。」と既に弱気。

 

「あんた、あんなよく喋るし動き回ると、たまに1人になりたくならないの?」

 

「いや、それが家ではそんなに喋らないよ。動き回るの好きだから、家事は凄く助けてくれるから助かるよ。(もはや、フォローするしかないの域)」

 

「なんか、母さんがあんたらの新居泊まっても「母さんー!もう寝ましたかー!寝てないですかー!寝れましたかー!大丈夫ですかぁーー!」って、五分おきに言いそうなイメージなんだけど・・。」

 

「うん、それはやるかもしれない・・」

 

「・・・・(もはや、2人で無言)」

 

しかし、彼から「リラックスできて楽しかったー!」と喜んで電話かかってきた。

 

母にそれを伝えると、

 

「もう、これ以上リラックスせんでもええわ。年に一回・・いや、三年に一回・・いや、一生なんかもうええわ・・。母さん疲れたわ。」

 

と言いながら、少し嬉しそうだった。

 

Amazonギフト券など1,200円!