読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貢ぐは馬鹿だが幸である

好きなこと書いてます Twitter@mikumayutan

コラムが大手サイトに載った話

この度、よーやく数年前から念願していたけど無理だろうと思って諦めていた事が叶った。

 

今までも、似たような事は色々行ってきたけど物書きを趣味にしてきて、大手の公式サイトに「ライター一覧」として紹介された事は初めてだったので、嬉しかった。

 

ただ、まだまだ自分の書きたい事が書けていない。本当に書きたい事が書けるようになったら、やっと喜ぼうと思ってる。

 

自分以外のライター一覧に紹介されてた人は、雑誌とかで見た事あるような小説家の人、ネットで見た事あるような漫画家、ブロガーさんだったりしたので軽くテンション上がった。

 

憧れてた人たちと同じ舞台に立てるのは、ゾクゾクする喜びがある。

 

もちろん、同じになっただなんて思ってはいけない。その中でも、個人個人の優劣はある。

 

ただ、それでも他の方々と同じように掲載された事は凄く嬉しい事だった。

 

ライター一覧の人は、小説家、漫画家、占い師、コラムニストなどなど色んなジャンルで生きてる人だった。ってか、その道の本当のプロやってる人だった。

 

もちろん、中には学生や主婦ライターなど一般のライターの方も混じっているので、私はそのジャンル枠の人ね。

 

しかし、学生や主婦ライターとはいえ紹介されてる写真とかも、プロの写真家に撮ってもらってる人が多かった。

 

私の知り合いにも、フォトライターいたのでブログのプロフ写真って幾らで撮ってもらえるのかネットで調べたら8,000円もしてたわ。

 

高いな・・・。

てか、写真家って儲かるのね。

 

学生ライターは、サークル活動なんかもやってる人がいて、中にはよさこいやってる人もいて。知らない人だけど、勝手に親近感湧いてた。

 

コラムと合わせて、自身のブログも掲載されるので、メンバー募集とかの宣伝になるのかもねぇーとか思いながら見てたわ。

 

漫画家やイラストレーターの人は自作の絵がプロフ画だし。私の落書き程度の絵を載せた所で、恥をかきそうだと思った。

 

いいなぁ、顏写真掲載出来るとか。

顔を載せる事によって、「これは私の仕事です」って堂々と仕事してる感じがする。

 

(読み手からも、顔写真入りのが信用されやすいから顔写真載せれない人って本当はウェブサイトから嫌がられたりする。)

 

私は身バレ出来んから、顏写真載せれないし、いつまでも覆面だし。そして、ペンネームだよ。

 

顔写真の変わりに、絵で代用しようかと思ったけど、私の絵は特徴あるから余計バレそう。

 

ってか、他の人が本当に絵が上手いから載せるのは恥ずかしいと思った。

 

今思うと、FacebookTwitterに漫画やイラストを載せたりしてた事があったんだけど・・・。

 

あの時、自信満々にアップしてたわ。マジックで書いた落書きのようなイラスト・・。

 

正直、誰に向けて書いたのかわからない伊藤英明きゃりーぱみゅぱみゅの絵とか書いてアップしてた。

 

よーし、今度は星野源新垣結衣描くゾォォ!!と、意気込んでたけど。意気込んでた頃には、「逃げるは恥だが役に立つ」のドラマが終わった。

 

今度は「東京タラレバ娘」の三人娘描くゾォォ!!と、思ったけど東村アキコさんのイラストと比べられたら死活問題。

 

とか色々思ってたら、彼から旅行のコラムサイトのURLが大量に送られてきたので、それどころじゃない事に気づく。よーし、旅行で回る所決めるぞ!

 

イラストは、身内同士のSNSや祝い事などの時に似顔絵書いてプレゼントする位で楽しむ位にしておこう・・・。

 

いや、でも楽しいんだわ。絵を描くの。だから、いいよね?ね?

 

よーし、これからも絵を描くゾォォ!!

 

下手でもいい!

下手と言われてもいい!

 

こんな絵なら私でも書けますよねとか、落書きですよねとか、小学生みたいな絵ですよねとか、才能ないですよね言われても良い!

 

私は下手でも絵を描くぞ。これからも。

でも、もうちょっと上手くなれるよう練習しときます・・・。

 

そんな訳で、プロフィール写真は数年前の爪の写真にしました。

 

なぜ爪かというと、他に載せれそうな自分の部位が無かったからです。

 

ばびろんまつこさんみたいに、巨乳だったら胸の谷間をプロフに載せれるかもしれない。ばびろんまつこさん、捕まったけど。

 

東京姉妹みたいに、色っぽかったら鎖骨載せれるのかもしれない。

 

犬山紙子さんや、はあちゅうさんみたいに、美人なら顔載せれるのに。

 

トイアンナさんみたいに、めちゃくちゃ博学ならいっそ美人イラストプロフでもイケるのにな。

 

キラキラネームのブロガーの人達はいいなぁ。プロフ画だけでもキラキラしててさ。

 

妄想系メンヘラ貧乳腐女子(アラフォー)は、プロフ画が眩いと目がクラクラするんよ。免疫なくて。

 

いいよなぁ。はだけた胸元がプロフ画とかカッコ良すぎる。

 

胸の谷間をプロフ画にする人とか、全力で「読者に抱かれにいくぜぇぇ!」っていう潔さが凄く好き。

 

ああ。私に、もっと豊満な胸があればなぁ。

 

ごめん、私。Aカップでもありあまるカスの極み貧乳なんだわ。鎖骨も痩せすぎて貧相だから、出せないわ。

 

足は太いし、腹は三段腹だし、顔はブスだし(特に最近老けた)。

 

「プロフ写真用意してください」と言われたものの、何載せていいのか悩む。

 

キラキラしたプロフ画載せた所で、それに叶った記事を書ける自信もない。でも「文章書くのは楽しいから好き」っていう矛盾も抱えてて。

 

文章書きたいけど、キラキラ出来ないんだよなぁー、どうしようって思った所で「そうだ、数年前のボヤけた爪の写真をプロフ画にしよう」と思いついて、それがプロフ画になった。

 

他の人のコラムを見てみると、おそらくガチで自分達のサービスを提供して生きてる人だったので、コラムへの熱意が私のソレとは違う。

 

まだまだやなー。

でも、何が正解で失敗かなんて考えてたら。いつまでも、本当の意味で成功しない気がするんだわ。

 

とりあえず、自分の書きたいことがちゃんと表現できるようになるように。わたしゃ、頑張るでー。