貢ぐは馬鹿だが幸である

ブロガー、フリーライター

【芸能】女優、清水富美加さん引退騒動が意外と他人事でもなく感じた件について

映画「変態仮面」、ドラマ「家政婦のミタゾノ」で、母といつも「この子可愛いなぁ」といっていた清水富美加さん。

 

これから、やっと大ブレイクしてガッキーみたいになっていくのかなと思っていた矢先(事務所が同じレプロだから)、まさか出家するとは思わなかったです。

 

能年玲奈さんが引退して、「のん」になった時も、「何だそれは」と思っていたのですが、清水富美加さんは、「千眼美子」という名前で今後布教活動を行うとか・・。

 

見た目がキュートな顔立ちなだけに、神様の話をした所で果たして説得力があるかどうかは謎ですが、誰にでも心の中に縋り付きたい何かというものはあります。

 

私も、小学校の頃は友達が誰もいませんでした。だから、心の中に勝手に神様を作って飼っていました。

 

友達に話しかける事がなかったので、心の中の自分に対峙していた訳です。

 

私、思うんですけど。神様って、結局自分自身が信じる事によって生まれてくるものなんじゃないかなと。

 

だから、お金をどんなに貢いでも神様は降ってこない気がするんですよね。

 

自分が自分を強く信じていないと、見えてこないし助けてもくれないんじゃないかと思うんです。自分が弱くなっている時ほど、ろくな人間は寄ってこないですからね。

 

そんな時は、やはり東南アジアの物乞いの国に放り込まれるといいのかもしれません。「弱くなってる場合じゃない」と、改めて気づかされるのかもしれません。

 

正直、清水富美加さんが宗教家になるからといって好きになる事もなければ、嫌いにもならないです。やはり、私はイケメンが好きなので美人タレントには興味ないですね。

 

ただ、1つ彼女に同情する事があるとすれば、それは幼い頃から宗教の世界で育っているという事。

 

実は、うちのおじいちゃん、おばあちゃんも某宗教の熱心な信者でした。

 

お布施金は一軒家を変えるほど宗教に貢ぎ、自分たちは死ぬまで一ヶ月5千円の市営住宅に住んでいました。

 

おじいちゃん、おばあちゃんも良い人で私たちには凄く優しかったです。

 

ただ、おばあちゃんの布教方法は少し強引な所がありました。父が盲腸で入院すると、病院で入院する患者の方々に宗教新聞を配り続けました。

 

母は、その後「すみませんでした」と、何度も頭を下げながら新聞を回収していました。

 

子供向けの宗教の会報も、家に毎月届いていました。その会報は、進研ゼミの勧誘漫画のような雰囲気の漫画がついており、楽しい漫画を読みながら子供の頃から洗脳していくといった形のものでした。

 

私は、その会報を見ようとする度に母に取り上げられました。「そんなものを見てはいけません」と、鬼の形相で叱られました。

 

ある日、その会報はパタリと家に届かなくなりました。

 

数年後に知った事ですが、母は父と一番下の弟を連れて、おばあちゃんの市営住宅を訪ねたそうです。

 

そして、「子供に悪影響与えると困るので、もう会報送らないで下さい」と母は言ったそうです。

 

すると、おばあちゃんは大激怒し、「なんてことを言うんだ!今まで、あんた達の事を思って一生懸命やってきたのに!もう二度と来るな!」と怒鳴られ、孫であるうちの弟を指差し「この子にも、酷い目に合わせてやる!」と怒鳴られたそうです。

 

弟は、それから一度もおばあちゃんの話題を出しません。

 

その事がキッカケで、私たち家族とおばあちゃんは絶縁状態になりました。その後、何度もおばあちゃんは電話で「ごめんなさい」と泣きながら謝ってきました。

 

しかし、「一度言われたことは、絶対に忘れないものよ。許してはいけません。」と、母が許す事はありませんでした。

 

そんな訳で、私は高校になってからは、一度もおばあちゃんと会った事はありません。

 

おばあちゃんとの思い出で思い出すのは、おばあちゃんの部屋にある仏壇にいつも手を合わせると「この子は、なんて偉い子なんだ!」と、気に入られていた事位です。

 

仏壇に自主的に手を合わせるのは、兄弟で私だけだったので、おばあちゃんは私だけ依怙贔屓していました。

 

そういった経緯も、母の中では嫌気がさしていたそうですが、私的にはいい思い出しかなかったです。

 

おばあちゃんの葬式には、私はインフルエンザになってしまったこともあり、行けませんでした。

 

そんな訳で、ずっと会えないままお別れしてしまいました。f:id:mikumayutan32:20170225225058j:plain (画像引用 ぱくたそ)

 

数年経ち、「おばあちゃんの死に際に会えなかったから、どうしても墓参りしたい」と、父母に何度もお願いし「しょうがないわね。一回だけよ」と、一回だけ三人で墓参りに出かけました。

 

もし、おばあちゃんに宗教が無かったら幸せだっただろうか・・。

 

どんなにお金をお布施し、財産がなくなり、末期はボケて息子の名前すらわからない状態になって死んでいったおばあちゃん。

 

それでも、95歳まで生きたのは宗教で熱心に信仰してきたからなのでしょうか?それとも、おばあちゃんが病院好きだった事もあり、マメに病院行ってたからでしょうか?

 

ただ、私からすればどんな宗教信じていようとおばあちゃんはおばあちゃんです。おばあちゃんがいなければ、私はこの世にいません。

 

清水富美加さんのニュースを見て思うのは、幼い頃から宗教の家に育った場合はある程度仕方ない気もします。弱った時に、たまたま隣にいたのが宗教だっただけ。

 

そして、「仕事を突然ドタキャンなんて舐めてる」とか「不倫してるのに、神になるのかよ」とか、おそらくこれからも散々言われるのかもしれませんが、

 

多分不貞行為に走ってしまったからこそ、身を清めたいと思う彼女の気持ちもわからなくもないです。

 

私も、危険な恋愛を繰り返した時は、とりあえず「そうだ京都へ行こう」と思って、京都の神社巡りに行きました。

 

頭がトランスしているうちは、自分中心の考えしかできません。

 

彼女が、やっと「あのとき、仕事で関わった人々に迷惑をかけてしまった」と反省するのはしばらく時間がたって、ふと周囲を冷静に見渡せる時ではないでしょうか。

 

もちろん、その頃には他の女優さんたちが沢山登場しているかと思います。

 

しかし、彼女はもう可愛いだけの女優ではなく狂った演技が上手い女優さんになって欲しいなと思います。

 

個人的には、「21世紀少年」みたいなドラマに出演し、女教祖役とかやって欲しい。「ガチの教祖やんけ!」って、その時はツッコミ入れたいですね。 復縁・不倫・結婚…数え切れないほど恋を叶えた陰陽師パワーストーン

 

バラエティーのトークや、ドラマでの演技が凄く上手だったので、また元の明るい彼女に戻って、また女優として戻ってきて欲しいなと思いました。 よく当たる★占いデスティニー★
有名占い師多数「本格個別占いオンライン鑑定」
今なら無料登録で更に4,000円分の無料サービス中!!