貢ぐは馬鹿だが幸である

ブロガー、フリーライター

旦那の給料が上がらないと嘆く時。その時、嫁は!

こんばんは。

みくまゆたん(https://mobile.twitter.com/mikumayutan)です。

 

今日は、今朝の旦那のボヤキを話したいと思います。

 

 

今朝、旦那が「給料、上がったよ」と、蚊の鳴くような声で言った。

 

「いくら上がったの?一万円?」と、目をキラキラさせて言った私の声も虚しく、「昨年より、昇給額が300円落ちた・・。」と、嘆く旦那。

 

「俺たちも今度、京都行くじゃん。

部長も行くんだって。

でもさ、部長の行く所は一泊の値段が凄いんだよ。家族3人で、一泊で14万だってさ。たった、一泊でだよ・・。」

 

f:id:mikumayutan32:20170413192713j:image

↑(これは、2年前ひとり旅で行った京都旅行の写真)

 

それに比べ、私たちは朝食と夕食付きで一泊8000円のホテル。

 

 

若干訳あり割引制度が付いていたので、額縁の裏にお札とか、幽霊出ない事を祈るばかりである。

 

泊まるホテル探すのにも一苦労。

一体どれだけネットで検索しただろうか。はぁ。じゃらんnet 楽天なども全部チェックしたよう・・。

 

 

彼は、悟ったのだろう。

ああ、僕たち。ホントに生活大変なんだなって。

 

残念ながら、部長と彼は職種が違うため。

彼はどんなに頑張っても、部長クラスに出世する事はない。

 

「俺、頑張って仕事しなきゃ。もっと頑張らなきゃと思った。」と、か弱い声で言う旦那。

 

それでも、私にはわかってた。

彼の職種では、どんなに頑張っても上には行けない。

普通のサラリーマンとは少し違う職種なのだ。

 

また、今の部長は彼を好きでいてくれるから仕事しやすいと思うけど。

 

もし、部長が転勤になったり、今の仕事を定年退職したら・・。

 

彼は、会社でやっていけるのだろうか。あの性格では、上司と衝突するんじゃないかと不安も付きまとうばかり。

 

本当は、バイトしながら気楽にライター業やろうと思ってたけど。

 

日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】  

 

もう、バリバリにライター業やらないとダメかもしれない。

 

本当は、のんびりしたいのに。だけど、ここで逃げたら今の生活を放棄しないと行けないかもしれない。

 

それが嫌なら、もうライターとしてバリバリに私が稼ぐしかないのかも。

 

そう思った私は、色んな「ライター募集」している所を探しては、応募しまくった。

 

クラウドソーシング系は、あえてやらない。低単価案件受けて小金稼いで喜んでる場合じゃない!

 

(と言いながらも、実はクラウドワークス などのクラウドソーシング系の案件が1番文字単価高い仕事貰ってます。)

 

在宅ワークからシステム開発まで!色々な仕事が発注できるクラウドソーシングの【クラウドワークス】

 

いやー。でも。

できるかぎり、自分の名前で連載できるような企業のWEBサイトを選びたいなぁ。そろそろ。

 

もちろん、大手のWEBサイトほどメール選考で落ちたら返信すら来ない。

 

落ちたのか。

それとも、読まれてすらいないのかもわからない。

 

それでも、大きなメディアを目指さないと。

 

経験値だって、もうある程度積んだ訳だし。もう売り込める過去記事だって沢山あるんだから。

 

そう、自分に言い聞かせる。

何とかしなきゃ!