貢ぐは馬鹿だが幸である

ブロガー、フリーライター

何をやっても、何もできないからって何もしちゃいけない訳じゃないんだよ

私は、本当に何をやってもダメな女でした。

 

f:id:mikumayutan32:20170621223152j:image

 

「いつか25歳になったら、私は大手企業のイケメンサラリーマンと結婚して子供を産むんだ。

 

そして、マイホームを建てるんだ。(ローンは旦那名義)

 

ちょっと子供が育ったら、パートでスーパーのレジをする。

 

レジの早打ちが密かな趣味の、何処にでもいるような主婦。アルバイトに来てるオダギリジョー似のイケメンに、ちょっとドキドキ。

 

家に帰れば、ビデオ撮り溜めした「韓流ドラマ」が待っている。

 

最近飼い出したポメラニアンのハリー(オス)と、韓流ドラマを一緒に見てワンワン泣く。そろそろ子供が帰ってくるから、料理作らないと・・・。

 

あらあら、ワイドショーやってるじゃないのー。小出恵介さん好きだったのに、どうしちゃったのかしらねぇ。

 

・・って、こら!ハリー!私の腕に向かってハアハア言いながら、何腰を振ってるの!あんた、こないだ去勢させたばかりなのにっ!あんたまで好き者だったのかい!

 

まったく、男という生き物は。どいつもこいつも。プンスカプン!

 

 

・・・そんな感じの、何処にでもいそうな普通の主婦になるのが理想だった。

 

婚活、私何年やってたんだろうか。

 

多分、少なくとも10年はやってたんじゃないですかね。

 

人間、産まれて10年もすれば、あと2年で義務教育終わるよね?

 

就職時の面接も、60〜70社落ち続けてたっけ。

 

「すぐに就職できたよ。」とかいう話を聞く度に、「どんなテクニックを使ったのか?」と当時は思っていた。多分、問題はそこじゃないんだろうけど。

 

安室奈美恵に憧れて、ヒップホップを習い出した私。

 

ボックス踏めるようになるまでに半年、ターンが出来るようになるまでに1年経過。

 

そこまで出来ないなら、普通諦めるよね?

 

でも、事もあろうに「よさこい踊り」の魅力に取り憑かれてまして。辞めるどころか、踊りを辞める事はなく・・・。 短期レッスン多数掲載!習い事探すならEPARKスクール

 

何をやってもダメな女でしたが、その時やりたいと思った事に対しては忠実でした。

 

目の前にあった事は、出来ないぶんだけ懸命にやるようにしていました。その先が成功か否かはよくわかりません。

 

周囲の人にも、沢山迷惑をかけて来たと思います。

 

あたしは、生きてるだけで地雷のような女です。生きてるだけで、公害。

 

そんなわけで、迷惑をかけた方々に心より懺悔致します。

 

その日その時やりたい事を本能的にやってたので、周囲の環境や状況には疎かったです。

 

空気なんて読めませんよ。

ただでさえ、こころに余白のない人間です。どうしたら、心に余裕を持てるのか。

 

その為には、私自身が幸せにならないとダメなのかもしれない。

 

けど、幸せになるって難しい。

探せば探すほど掌から零れるようにずり落ちてゆく。

 

てか。

そもそも、幸せって何?

 

そんなスパイラルに陥る日々を繰り返しては、自己嫌悪。

 

てか。もともとマイナス思考じゃね?

 

何をやっても、何もできない女だけど。

 

色々思いついた事をすぐに行動していたら、行動の数だけ周囲に友達、仲間、知人など増えました。

 

「私なんてどうせダメ人間だし。出かけるだけで、人に迷惑かけるのでは。」という被害妄想の殻にこもっているような人間でしたが、

 

やがて、そのような思い込みは色んな可能性を潰していたのだと思います。

 

もしかしたら、100分の1の可能性位かもしれないけど。

 

小さな行動力が大きなチャンスに変わるのかもしれない。

 

友達一人もいなかったけど、気がつけば友達100人に増えてるかもしれない。

 

ダメ人間と決めつけて生きるあなたへ。

 

あなたは、ダメ人間じゃないよ!

・・・なんて言わないよ。

 

そう思った日から、あなたはダメ人間なのですよ。ダメ人間になりたくないなら、自分をダメだと思わない事です。どうか、自分を信じてください。

 

ダメ人間の君へ。

 

ダメ人間だからって、何をしてもいけない訳じゃないんだよ。

 

ダメ人間だからこそ、目の前にある事を一生懸命やってみてください。

「どうせダメだし」系のダメ人間は、正直面倒臭いです。

 

「そんな事ないよ」と言ってほしいの?それは20代までで辞めておきましょう。

 

ノンノン。「今日は、自分を甘やかす日」だって?

 

30過ぎたら「そんな事言ってる暇あるの?」とディスられますぜ。

 

30過ぎたら、時間なんてあっという間ですよ。

 

35過ぎたら、人生は折り返し地点。

老後の事とか、死ぬまでに何をしたいかとか漠然と考えるようになります。

 

やがて、昔やりたかった事とか諦めた事とか。色々と思い出すんですよ。

 

しかし、チャレンジしたいけど体力が追いつかない。

 

腰が痛い。足が上がらない。

少し走れば、息切れの更年期障害

 

そして、悔やむんです。

 

なんでこの歳まで。

何やってたんだ、私はって。

 

ダメ人間だからこそ、普通の人以上に頑張らないとと思って生きてください。

 

ダメ人間だからこそ、謙虚な気持ちを忘れないでください。

 

やりたい事あるなら、まずチャレンジしてみたらどうですか。

 

やはりダメだと思うのは、チャレンジしてからにしようぜ。

 

今日は、宗教法人「貧乳戦隊ダメ人間」の教祖こと、みくまゆたんが「自分で自分に言い聞かせる」というコラムを、自分のために書きました。