貢ぐは馬鹿だが幸である

ブロガー、フリーライター

20歳の頃に(騙されて)参加した「お金セミナー」が私に教えてくれた、お金の話

おはようございます。

 

ここ最近、私のtwitterフォロワーさんの中で「お金の話」が盛り上がっていました。

 

基本的に、収益を公開するかしないかとか、そういった系の話だったかと思います。

 

個人的には、正直どちらでもいいと思います。載せたいなら載せればいいし、載せたくなければ載せなきゃいいと思います。

 

見たくないなら、twitterはミュートだって出来るからなぁ。(私は見たいから、ミュートしないぜ!)

 

私も、アイラブマネーだから興味あるけど、私は載せたくないから載せてません。

 

私がお金が好きな理由は、外で豪華にご飯食べられますからねー。と言っても、我々夫婦はチェーン店の食べ放題しか殆ど行かないんですけど。

 

f:id:mikumayutan32:20171002103058j:image

↑焼肉きんぐのランチ、美味くてお得よん。

 

お金の話をすると、「お金に興味のある人・お金が好きな人」が寄ってくるようになります。

 

あと、大変汚い話になりますがお金の話をするとブログのアクセス上がります。

 

どれ位上がるかというと、メルカリのメの字入れただけでも、上がってる感ある位です。

 

でも、本当にブログで共感してくれる人がいるかどうかとなると別なのかも。情報搾取して、役に立たなくなればポイ捨てされる予感しかしないです。

 

まあ、それも把握した上で今回はマネー記事書いてみようと思います。


個人的に、生まれてこの方お金の好きな人に捕まっては散々な目にあってきました。

(人によっては大変ずるい話になりますが)、私はお金は好きですがお金の話する人が好きじゃないんです。

 

きっと今回、お金のブログ記事を書いたから、お金大好きな人が沢山見るかもしれません。

 

「ブログ お金」って検索したら、上位に上がるかもしれない。(稼いでます系ブロガーさんより上がったらごめんね。)

 

それ位、今回の記事は「お金」の情報が一杯詰まってるよっ!_φ( ̄ー ̄ )

 

(さあ、みんな!メモのご用意を!残念ながら、ブログで稼げるテクニックは載ってない)

 

できれば、お金は競馬で万馬券当てたいと思うし、そして宝くじが当たればいいと思っています。

 

宝くじ一億億当たったら、株主優待狙いで沢山株を買うのだ。あとは念願のハワイで火山を見て、残りは老後資金に備えるのだ!

 

今持ってるバリの紙幣が高騰化しないかなー。不動産の地価上がらないかなー。連日そんな事を思ってます。

 

他には、うちの母さんパチンコ凄く強いので、「またパチンコで勝ってくれないかなぁ」も思ってます。

 

よく偽物のブランド財布を「パチンコで勝ったよ」ってくれるんだけどねぇ。(偽物だから、財布の蓋が閉まらないのであった)

 

最近は、1円パチンコで楽しんでしまってるので貰えそうにありません。ガクッ。

 

さて、この位いい加減な私の話で申し訳ありませんが!


今回は私もブームに便乗して「お金の話」を書いちゃうよっ♪( ´θ`)

 

実は私、お金持ってる男性かイケメンの男性かと結婚したいと思っていました。

 

でも不思議と両方は願ってはいけないと思ってました。二兎を追う者は一兎をも得ずですからね。

 

婚活時代は出会った男性に「ぶっちゃけ、稼いでるでしょー?」「さすが大手!正直、福利厚生とかどうなの?」とか聞いてました。

 

婚活パーティーで高額な年収を記載してドヤ顔の方って、基本的に虚偽の年収だったりするんです。

 

何故なら、毎回プロフに記載する年収額が違うのね。

 

次の回では年収額を書かないというケースも結構多いのですが(女性も、まず職業と年収をチェックして顔色変える人が多いのもある)、毎回年収記載額が数百万単位で変わる人が一杯いたんですよ。

 

これ言っちゃアレだけど、見た目も冴えないというか。モテなさそうな感じの普通のオジさん達がやってるのね。

 

で、その男性陣もプロフ女性に見せた後の顔が恐る恐るというか。プロフ見てる女性も、男性の表情はチェックしてない。あくまでプロフの情報だけを読んで評価してしまう。

 

「同じパーティーでそんな事をやってたらバレるんじゃないの?」って、こっちがヒヤヒヤしてたんだけどね。向こうも、私の顔覚えてない事多いんですよね。

 

そんなこんなで、結局好きになる人はいつも婚活で出会う事はなくて、良くて合コンや紹介でした。

 

好きになった人の中にはイケメンは沢山いたけど、収入はみんな知らないです。

 

むしろ貧乏率60%?(後で、実は実家金持ちだったと知る事は多かったけどね)

 

相手の収入なんて聞いた事もないし聞いたら嫌われると思ったし。むしろ好きな人とずっと一緒にいれたらそれでいいと思ってました。

 

その前に、好きな人の稼ぎを気にしなさすぎて「もっと将来考えた上で婚活した方がいいよ」と注意されていました。

 

好きになったら「いざとなったら私が稼ぐ」とか言ってたけど、周囲からは「考えが甘い」と思われてたと思います。

 

私自身も、当時の稼ぐ発言は完全に根拠のない発言だったので「いざとなったら何とかなるだろう」と思ってた位。(今思えば、男性の稼ぎ大切だと思うよ。ガクッ)

 

「お金は大事」は、婚活時代に散々周囲から言われてきました。

 

20歳位から合コンしてた私は、「合コンに誘ってあげるから連絡先教えて」と言われた美女に、「絶対に素敵な女性になれるセミナー」に誘ってもらいついていくことに。

 

ついていった理由は、「参加したら、合コンまた誘ってくれるかな。あと、微々たる好奇心」。

 

しかし、この好奇心が後々とんでもない事になります。

 

実はこのセミナーは、自己啓発セミナーではなく某ネズ○講のマネー講座。それも、マネー講座というより「生きてく上で、お金は何故大切なのか」を延々と二時間説法されるんです。

 

セミナーはとある民家で行われ、○○先生という人がホワイトボードに「お金」「友情」「時間」を書いて、「友情を守るためには、お金が必要です。時間を短縮させる為には、お金が必要です。何故なら、新幹線に乗れるからです。」という教えなんだけど、最終的に友情と時間の箇所をバツをして、「お金」に二重丸をつける。

 

そして、参加者の女性がみんな「お金」ってノートに大きく書いて、二重丸するんです。

 

質疑応答コーナーは、全部サクラの人と恐らく打ち合わせされてて、一般の人は答えられないようになっていました。

 

その後、何故か3人の女性にファミレスに連れていかれ、化粧品販売促進活動を勧められた訳ですよ。

 

さっきまでお金の話しかしてないのに、意味わかんないです。

 

(4コマ漫画の起承転結の承転が抜けてるけど、ねえ。どうなってんの?サザエさんでも、そんな無謀な事しないって。それやっていいの、漫☆画太郎さんだけだからっ!)

 

「わかりました。化粧品買うので、勘弁してください。もう金輪際関わりたくないので、化粧水一個だけ買いますから。お願いします、それで勘弁してください。帰りたいです。」って言ったらね、

 

「じゃあ」といって、カバンからカタログでてきて50万くらいする輸入テレビ出てきたのね。(もう顔真っ青だよ!)

 

やばいよー。とんでもない所来ちゃったよー。お母さんヘルプミー!

(パチンコしてないで助けてー!)

 

すっかり頭狂った私は、よくわからない言葉をまくし立ててボロカスに言ったんですよ。

 

何言ったか忘れたけど、自分でも意味不明な言葉で「☆¥$#○♪%€!!」みたいな感じで混乱しながら話したと思います。

 

すると相手もブチギレしてきて、「親なんてね、どうせ自分のことしか考えてないの。自分のお金は自分で稼げるようにならないと。可哀想な人、いつか困る事になると思うよ。」と捨てゼリフ吐かれ、残り2人の女性が何故か私を庇ってきたんですよね。

 

「何でそんな事言うのよ!確かに、この商品は素晴らしい商品だし、私たちのやってる事はすごい事だと思うの!けど、そんな言い方ないじゃない!」

 

「私も、家族に捨てられて辛かったんだ。けど、みんなとこうして会えて本当に良かったと思うの。

ネットでは私たちの事悪く言われてるみたいだけど、でもあれは嘘だと思うんだ。

そうそう、キャラメルあげるね。美味しいよ。(ここで意味不明のキャラメル貰う。)」

 

この辺りも訳わかんないけど、女性3人変な空気に。どうでもいいから早く帰して欲しい。何故か、この展開でキャラメル食べる私。不思議とキャラメル美味しくて、少し救われる。

 

その後、ブチギレした女性は最後まで私の事を睨んでた。よっぽど気に入らない事を私が言ったのかもしれない。

 

おそらく、自分の家庭環境になにか不遇がありこの活動で寂しさを埋めているのだろう。

 

しかし、如何なる理由があってもテレビ欲しくない女性に輸入版テレビ売ったらあかんわ。

 

あとね、私は嫌な事を押し付けられたら最もその人が嫌がる話を見つけて言い返して論破しちゃう。歩くトマホークなのさ。(最近、うちの旦那も歩くトマホーク言われてるから夫婦でトマホークや)

 

残り2人の女性は何故か私の味方して、「大丈夫だよ」と励ましてくれた。(TV売られそうになったの忘れそうになった)

 

その後、助けてくれた女性1人からしつこく電話かかってくるので、当時の職場の上司に相談し、代わりに電話でてもらい「お前なんか、本当の友達じゃない!」とシャウトしてもらい駆逐することになりました。

 

当時学んだ事は「お金は大切かもしれない。けど、お金で自分を見失ってはいけないし、お金で人を押さえつけてはいけないし、お金で喧嘩しちゃいけない。」と思った事かもしれない。

 

改めて、色んな意味でとっても有意義なマネー講座だったのかもしれない。人は本気で痛い思いをしないと、学ばないから。

 

お金は生きてく為にも必要だ。

お金があるからこそ、選択肢も広がる。

 

心に余裕もできる。しかし、それが全てではない。

 

お金に惑わされて心まで左右・支配されてしまうと、足元すくわれてしまうのだ。

 

お金を稼ぐのも使うのも、選択するのは自分だ。

 

あくまで自分の軸をしっかり持った上で、お金に左右・支配されたくないなぁと。

 

ふと、お金の話をしようとするとあの頃の恐怖を思い出す。お金に困った時は、キャラメル舐めよう。あの時の苦渋を思い出す為に。