読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【感想】今更、映画ズートピアを見たので感想書いてみました

「あんたがズートピア見たいって言ってたから、ゲオで借りてきたんだけど見る時間無かったから、家でお母さんと見な。」と、彼に言われて借りたズートピアのDVD。

 

f:id:mikumayutan32:20170125081754j:image

(無料素材 GMOより)

 

そんな訳で、昨日は母にズートピアを一緒に見ないかと誘ってみた。しかし、「そんなもん、興味ないわよ」と言って関心無し。

 

65歳の母にとって、夢のあるアニメでは、もはや夢すら抱けないのかもしれない。

「諦めないでいよう どんな事があったとしても」と言われた所で、

 

これから先の母の人生、いまやすっかり会話のない父との生活、実家が田舎すぎて車なしでは買い物に行けない為、「新たな生活手段を考えなければいけないわね、ネットショッピングの使い方覚えなきゃいけないのかしら、でも見て買いたいのよね。」系の問題。

 

犬も欲しいけど、自分が生きている間に面倒みれるかどうか問題。

 

おそらく、ウサギとキツネの旅を見て夢を抱いている場合ではないのだ。

 

「諦めないでいよう どんなことがあったとしても」じゃないのだ。「諦めることを認めよう どんな事があったとしても」なのだ。

 

そんな訳で、私は一人でズートピアを見ることになった。

 

簡潔に言うと、警察学校に通うウサギと、警察になれないと烙印を押されたキツネが手と手を取り合い、助け合って事件を解決していくという話でした。

 

詳しい事はネタバレになるので言えませんが。

 

全体的に、「どんな事があっても諦めないで頑張れば叶うから」という感じのお話です。

 

実際の所、人生は諦めないと行けない事や、忍耐、妥協しなければいけない事の方が叶う事よりも圧倒的に多い。

 

それでも、諦めずに突き進んでいくの。そうすれば、必ず壁を乗り越えていけるから。

 

時には、ナマケモノにも遭遇するし、危険な目にも遭遇する。

 

そんな時は、「その状況の中で自分に何ができるのか」を知恵を使う。時には、仲間と助け合う。

 

そうやって、少しずつ乗り越えようよ。きっと、貴方の大きな夢は叶うから。みたいな感じでした。

 

私、これ見て思うんだけどウサギさんが凄くポジティブで交渉術にも長けてるんです。

 

キツネさんを怒らせたなと思った時も、「ごめんなさい。私ってダメなウサギね。貴方がきっと正しかったの」と、きちんと自分をへり下る事でキツネの心を引き止められる事を知ってる。

 

キツネは男だから「しゃーねーな」って感じで許しちゃうし、そんな所にメソメソ泣いて甘えたかと思えば、次の展開ではウサギまた強気に戻ってる。

 

わたし、これ見て思ったんだけど。

 

夢を叶える為には「諦めないでいよう どんな事があったとしても」というよりも、「諦めないでいたいなら 女は知恵と甘えをフル回転させよう」って思ったんです。

 

やはり、夢を叶える為には周囲の助けを借りる事も大切です。

仕事に関する話なら、クライアント側に気に入られるような人柄や交渉術が必要。

 

趣味に関する話なら、ただ趣味として一人楽しんでるくらいなら自由でいいけど、

 

趣味を通じて何かで認められたいなら(たとえば、趣味で起業したいとか、イラスト書いて雑誌に載りたいとかね。)、人に好かれるようにした方がずっと実現しやすいと思うんです。 Shutterstock

 

人との繋がりを作らないと、良い話ももらえないチャンスも増えないしね。

 

そんな時、「自分をどう見せたいか」ってのを考えるのも大切なんだけど、応援者がいないと結局一人芝居になってしまう。

 

商売なら、仲間とか、スポンサーとか、ファンとか、信者とか?

獲得する為には、人に好かれた方が良いし、チャンスも増える。何するにしても、人に好かれておいて損はないですね。

 

ウサギさんは、どうやったら仲間(キツネ)の心を上手く引き止め、そして自分を助けてくれるのかっつーのを、凄く巧妙なテクニックで操るんです。

 

んで、ラストにキツネがウサギにある一言を伝えるんだけど(これは、DVD見てね)、ウサギはここで「はぐらかす」というすんげえテクニック使ってくるんです。

 

キツネは、「えええええ!」と思いながらも、「まっ、しゃーねーな」と思って、またウサギの為に頑張るかぁって思って一緒に仕事するんですよね。

 

ウサギの女子力高すぎて、やばい。これは男操縦士になりたい人(旦那が思うように動いてくれないから、動かせたいとか)にはオススメの映画って感じかなと思いました。

 

おいおい、あんなに弱音吐いてキツネに擦り寄ったりしてたじゃんね?

 

あれだけ、散々助けてもらっておきながら最後それかよ!こいつ強ぇぇぇぇ!って、ツッコミました。

 

ズートピアのウサギの小悪魔感、パネぇぇぇぇ!!!!

 

ただ、もちろん。この話は媚び売って成功する話ではありません。

 

ウサギさんは、どんな困難が起きてもコツコツと頑張っていきます。

 

ボロい部屋を勧められても「あら、良いじゃない?」と、その中でも落ち込む事なく現状を受け入れ幸せを見つけようとします。

 

どんな現状でも、幸せを見つける人は幸せになれるし、不幸をみつける人は不幸になってしまう。

 

不幸の積み重ねって、凄いですからね。どうせなら、幸せを積み重ねたい所ですよね。

 

その為には、結局人からすれば不幸な事が訪れても、その中から何とか幸せを見つけたら良いのかもしれないですね。って、宗教みたいな言い回しになってきたけど。

 

ポジティブの押し売りは嫌いですが、ズートピアのウサギさんは、やはりディズニーのアニメの可愛さが祟って許しちゃいますね。

 

夢に向かって頑張っている人だけでなく、何を頑張っても上手くいかない人、私って不幸だわとかネガティヴな事を思ってる人にもオススメの映画です。

 

□スポンサーリンク

【アミューズメントメディア総合学院】 夢を夢で終わらせない! 声優、ゲームアニメーション、3DCG漫画、ノベルズ作家になるならアミューズメントメディア総合学院 https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NZQ0Q+8OKLDE+3OAI+5YZ77

動画配信サービス【dTV】「闇金ウシジマくん」シリーズ一挙配信中!