読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貢ぐは馬鹿だが幸である

好きなこと書いてます Twitter@mikumayutan

最近、結婚相談所を調べてたら何だか楽しそうと思った件

20代後半の頃、35歳で結婚相談所に入会していた女性と仲良くなった。

 

私「私も早く結婚したいので、入りたいんですけど、どんな感じですか!?」と尋ねたら、

友人「たぶん、ミクちゃんが好きそうな男性は絶対いないし、きっと入った所で「これは無いわ」って言って終わると思う。

紹介してもらおうと思えば、一回につき五千円払わないといけないし、月会費も1万円かかるし、結構お金かかるよ。」

 

私「えー!カッコいい人いないのに、金払うとか詐欺やん!ないわー。」

 

友人「結婚相談所は、ホストクラブじゃないからね・・。」

 

私「え!それだけお金払うなら、飲み会行った方がずっといいですよ!私、誘いますよ!」

 

友人「いや・・私、飲み会とかはもういいから・・。

 

やっぱり年をとると、そういう話もどんどん無くなるし、仮にあったとしても行けなくなるの・・。

 

いざ行った所で、やっぱり若い子に譲らなきゃって思うしね・・。

 

ミクちゃんは綺麗だし、今のうちに沢山行って探した方がいいよ・・。」

 

と、友人は涙目になりながらアドバイスしてくれた。

私の結婚が決まったのは、あれから10年後。

 

私に至っては、何年経っても恥ずかしげもなく平気で飲み会も行ってたし、イベントにも参加していた。

 

参加者男性から「年齢制限みました?その歳でよく来れましたね。」と言われたら「あんたもね」と言い返すほど気が強かった。

 

っつーか、イベントにて社長を捕まえて「私、結婚相談所作りたいんですけど」とプレゼンするほど肉食だった。

 

しかも、作ろうとした相談所は自分都合の桃源郷

 

理由は金儲けではなく、自分が行きたい結婚相談所がなかったから「それなら、自分で相談所を作ろう」と思い立ったというハチャメチャぶり。おまえは、神田うのか。

 

イベントに参加している男性に興味がなければ、どんなに声をかけられても適当だったと思う。

 

ブライダルフェアの予約はHanayume(ハナユメ)

 

こういう所が一番ダメだとわかってたけど、でも興味ない人と話してても時間が勿体無いと思った。

 

とあるパーティーでは、イベント行きすぎてスタッフと仲良くなり顔パスに。

 

思う存分行動すれば、後悔する事もないだろう。そのスタンスで、本当にやりたい放題に暴れていたと思う。

 

結局、今出会った人は知人の紹介で知り合ったので、婚活して知り合った訳じゃないんだけど、もし今まで思う存分婚活してなかったら今の人とはくっ付いていなかったかもしれない。

 

最近、ふと「結婚相談所ってどんな所なんだろう」と思う事があり、改めて調べてみた。

 

色んな結婚相談所を調べて思ったんだけど、数年前に調べた時の相談所よりも、遥かにサービスがイイ。

 

しかも、料金も不景気だからかリーズナブルな相談所が増えている。

婚活パーティーを探す

 

婚活前には、専門学校みたいな受講講座もある。

そこで、男性受けしやすいファッションとかメイク、マナーなど勉強できるようになっている。

 

男性には、メールやデートのマナー講座とかも教えてもらえる。

 

いいな。

婚活関係なく、マナーやメイクの勉強とかしたかった。習い事感覚で、友達も出来るかも。

 

最近の結婚相談所は、ちょっとした予備校というか、専門学校のノリで参加できそう。

 

もうお世話やき叔母さんがお節介やく時代は終わっており、今は「どんなライフスタイルをしたいか」「相手に求める条件」などを具体的にカウンセラーに語ったり、性格自己診断などを通じて進めて行くスタンスが多いみたい。

 

メイク講座行くにしても、受講料も月会費だけ考えたらそんなに変わらない気もするし、忙しい人には忙しい人向けにビデオ学習も出来るので通信講座対策もバッチリ。

 

証明写真も、プロのカメラマンに撮影してもらえるとか。ちょっと芸能人気分で婚活出来そう。

 

年々、こういうサービスって良くなっていくんだよね。

ぽっちゃり女性とぽっちゃり好き男性を繋げる。婚活応援サービス【ぽちゃ婚】

 

結婚相談所は、もう婚活に行き遅れた人が参加する最後の砦では無くなってきている。今じゃ、20代女性の登録者も多いとか。

 

相談所によっては、法人会員割引制度なんてのもある。

 

そういった点からも、大手企業が有利に入りやすいように運営されている。

 

こんな感じなら、私もやってみたかったなぁ。(*´꒳`*)