読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貢ぐは馬鹿だが幸である

好きなこと書いてます Twitter@mikumayutan

【新婚旅行】バリ島旅行体験記 ①

□スポンサーリンク

  手頃な料金、便利なアクセス、無料の高速Wi-Fiを完備した那覇市のホテルをお探しですか?
 答えはレッドプラネット 那覇 沖縄です。 予約する

 

⭐️本文はここから↓

 

本日、新婚旅行のバリ島から無事に帰国してきました。

 

「飛行機に片道10時間も乗る」という事が不安だったのですが、いざ飛行機に乗ってみると思っていたよりも飛行機内は快適。

 

f:id:mikumayutan32:20170222144549j:image 

 

ツアーを組むときに、大韓航空シンガポール航空かで迷ったのですが、なんとなくイメージ的にシンガポール航空をチョイス。

 

シンガポール航空の方が料金も割高でしたが、なんとなく優雅なイメージがあったのでシンガポール航空に。

 

実際、エコノミークラスの席なので飛行機の中は狭いし優雅も糞もないです。

 

ただ、機内食がめちゃ豪華で美味しかったです。

 

f:id:mikumayutan32:20170222144343j:imagef:id:mikumayutan32:20170222144402j:image

↑マッシュポテトが特に美味しい!

また、デザートにアイスが付いてくる時もありました。シンガポール航空にして良かったー。

 

ただ、日本からシンガポールまでの飛行機と、シンガポールからバリ島のデンパサールまでの飛行機の乗り心地が若干違った気がします。

 

シンガポールから、デンパサールまでの飛行機の方が若干揺れてた気がしたので「大丈夫かな?」と心配したほど・・。

 

シンガポールから、バリ島の辺りの方が空が地面に近い気もしたので、気圧か何かのせいかもしれません・・。

 

シンガポールからの乗り換えがあるのは大変だし、乗り換えが終わるまで不安が残ります。

 

そんな中、乗り換えのシンガポールの免税店をグルグルと時間いっぱいまで回ろうとする旦那を止めて、余裕をもってゲート前に待つようにしました。

 

「なんでなの!もっと時間あるんだから、めいっぱい楽しもうよ!」と、時間ギリギリまで試飲コーナーに行こうとしたりするので(もちろん、買う気は無い)、

 

こんな事で飛行機乗れなかったら「試飲で得した!」とか言ってる場合じゃなくなるよと、この乗り換え時間で一番揉めてました。

 

旅行中は、それ以外ではすごく平和で2人とも楽しめました(=´∀`)人(´∀`=)

 

飛行機の機内、海外ではポケットWi-Fiがないのも大変だった・・。

 

今度は、ポケットWi-Fiレンタルしようかなと思ったけど、ホテルのロビーでは無料Wi-Fiサービスがあったので、宿泊ホテルのロビーでまとめてメール返してました。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■        海外でパケ死なんて嫌! パケット定額1日300円から          格安レンタルWiFi はグローバルWiFi!        →→ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TCEM4+1THQV6+2JMM+68U4Z ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

あと、ブログのアフィリエイトが1700円になっていたのもビックリ。

 f:id:mikumayutan32:20170222151253p:image

いままで、殆ど2〜3円位がチマチマ増えており、たまーに250円入ったりしてて。よーやく1200円になったー!と思っていたので。

 

額としては少ないかもしれないけど、個人的にはそれでも嬉しいのよ(笑)

 

海外に行ってる最中にブログ放置していても、働いているブログって凄い・・。

アフィリエイトならA8.net

 

宿泊ホテルによっては、Wi-Fiサービスがあるホテルもあるのでチェックしておくと良いかも。

 

さて、飛行機の話題しかしてないですが・・。今回は、飛行機ネタで終わります。バリ島の話は次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【感想文】結婚式

今回、読書感想文のように結婚式の話を書こうと思います。

 

「結婚式」

先週の土曜日、私は結婚式を挙げました。

 

結婚式の前日、母は私達の新居に泊まりにきました。

 

ずっと話し続ける彼を見て、「この子まだ喋ってるよ。口に万歩計つけたらいいんじゃないの?」と突っ込まれていました。彼は、終始そわそわしていました。

 

母に、いい格好見せようといつも以上に一生懸命動いていました。

 

彼は、結婚式当日「おおおお、お腹が痛い!」と、トイレに駆け込みました。

 

そして、式場では挨拶の為の文章を会社の仕事の書類と間違える始末。

 

「しまったーーっ!」と、狼狽える彼に式場の人は「そんなこと、間違える事って本当にあるんですね・・」と、失笑していました。

 

挙式。

急遽、父だけでなく母とも手を取り合って登場する事に決まりました。「そんな演出聞いた事ないよ」と、母と私は目を合わせました。

 

挙式が始まると、扉が開いてすぐに母にベールをめくってもらいました。母は、ボソッと、「おめでとう」と言ってくれました。予測不能の出来事に、涙が止まりませんでした。

 

挙式中も、披露宴中もドレスを終始踏み続け、ずっとぎこちない私でした。

 

しかし、人生でこんなに色々な人から「おめでとう」と言ってもらえる事ってなかなか無いものです。

 

お金はかかったけど、そのぶん得るものも沢山ありました。

 まず、旦那には凄く感謝されました。結婚式前よりも、結婚式後のほうがずっと優しくなりました。

 

「ありがとうな」と、沢山言ってくれました。

 

母にも感謝されました。

今日、久しぶりに母と電話したんです。

 

「あの結婚式からねえ、不思議なんだけど○○が(私の弟)急にいい子になったのよね。

 

あの日、母さんね。お父さんと一緒に電車乗ったのよ。席は別々にしてもらったけどね。」

 

と、嬉しそうに語っていました。

 

思い起こせば、基本的に会話がないうちの家族。母と父は、何十年も布団を共にしていない。食事中の会話も殆どないです。

 

そんな夫婦が、一緒に電車帰るようになったんだ。

 

そう言った意味でも、結婚式を挙げて私は良かったのかもしれません。

 

□スポンサーリンク

自然な出会いが待っている結婚相談所【スク婚】

 

おわり

 

 

SIRI(人工知能)は、放っておくと色々話しかけてくる

f:id:mikumayutan32:20170210075529p:image

携帯電話に、人工知能SIRIが搭載されるようになり、「今日の天気は何ですか?」と、簡単な言葉を伝えると答えるようになりました。

 

また、SIRI機能を放っておくと「こんな質問振ってみて下さい」と自ら教えてくれるようになります。SIRIは、質問大好きですね。かまってちゃんですよね。

 

f:id:mikumayutan32:20170210075518p:image

↑「鈴木太郎が私の父です」と、話しかけたらどうなるのか気になりますね。

 

「いや、僕が父だ!(小栗旬風に)」って言ったら面白いなとか、満員電車の中でニヤニヤしながら見てます。

 

しかーし。

引っ越ししてから、電車の箱詰め満員電車状態が凄いので、あまり携帯打てなくなったの辛いです・・。

 

f:id:mikumayutan32:20170210075522p:image

何気に、結構マニアックな事を聞かせようとしてくるんですよね。

 

最近では、人工知能が小説を書けるレベルになってきてるとか。

 

現在、webライターバブル時代と言われていますが一気に弾けないか心配ですね。すでに、キュレーションサイトは閉鎖状態に追い込まれてる部分が多いですから。

 

人工知能

今後の進展に目が離せないですね。

 

 

 

 

【驚愕】きよねこさん人気を改めて知る。そして、改めて「はてな」の厳しさを知る

昨日の記事作成に一番時間かかってないにも関わらず、ダントツ一番人気の記事になってしまいました。

 

f:id:mikumayutan32:20170209213523p:image

 

記事は、きよねこさんという人気ブロガーのブログが途端に消えてしまった事への悲しみをそのまま書いた様な話です。

 

Twitterでいえば、呟き風な感覚です。しかし、この記事が過去最高のアクセスを誇ってしまった事。

 

なんだろう、あんなに頑張って長文を書き綴ってきても「きよねこさん」と、記事に書くだけで一気にアクセスが上がってしまうなんて。

 

これでは、他人の褌で相撲を取る様な感じではないだろうか・・。

 

そして、この話ははてなブロガーにとっても実に悲しい事件なのではないだろうか?

 

きよねこさんのブログが消えた原因はよくわからないけど、はてなブログの運営的な部分に引っかかったという事をTwitterなどのSNSによって後で知ることとなった。

 

Amebaブログは、下ネタ書くと消される。しかし、はてなブログは、あまりその点では消されない。

 

ただ、はてなブログにも何がしらルールというものはあり、そのルールに背いているとブログを消されてしまうのだ。

 

そのブログを書くために、多大なる労力を使ったとしても。泡の様に消えてゆく。

 

その時の悲しみと言ったら、言い表せないものではないだろうか。

 

それでも、私はきよねこさんのような人気ブロガーなら必ず何らかの形で帰ってくると信じています。

 

ヨッピーさん、あたそさん、加藤はいねさん、名もなきライターさん、フミコフミオさんなどの人気ブロガーを排出してきた「はてなブログ」は、これからもきっと伝説を作り続けるのだと思います。

 

私は忘れません。

 

きよねこさんと、無職のうさぎさんの仲睦まじいのか喧嘩してるのかよくわからないやり取りと。

 

そして、きなこさんが可愛らしく漫画で描いてくれていた2人の友情を・・。

 

それから、全く関係ないけど。

フミコフミオさんの就職が決まったと、はてなブログにて知りました。

 

おめでとうございます🎉

 

肉じゃが焦げたので、そろそろ落ちます。

□スポンサーリンク

Taidobuy.comウェディング【高品質で低価格なアイテムを圧倒的な品揃え!】ぜひ早めに!

 

 

 

【悲報】きよねこさんのブログが削除されててショック!!大好きだったのにっ!

私の大好きなブロガーが、1人消えてしまった・・。

 

闇の世界をブログに綴る事で、一部のコアなファンからは絶大な支持を受けていた「きよねこさん」。何故。どうして・・。

一度、きよねこさんのブログにコメントしたら逆に怒られてしまった事もあり、「わたし、何か変な事書いてしまったのかな?」と、ずっと気になっていたのです。

 

すると他のブログで、きよねこさんが仲が良かったらしいブロガーの方と、ブログやTwitter等で色々な事があった事を知ったのです。

 

私の知らない間に、私の好きなブロガー同士がネット上で喧嘩をし戦争を起こし・・そして、知らぬ間に消えてゆく・・。辛い・・。

 

元々、若干情緒不安定な方だったのでいつ消えるのか心配な部分がありました。

 

情緒不安定な人ほど、実はブログって面白いのです。

 

特に、メンヘラ系の女性の恋愛ブログは基本的に神がかりで面白いです。

 

しかし、情緒不安定な人ほど予測もなく突然ネット上でキレて、何も言わずにブログを消してしまうのです。

 

ブログ更新を密かに楽しみにしていた人のブログが消えて行くのは辛いです。

 

また1つ、小さな楽しみごとが消えてしまいました。

 

きよねこさんの復活・・私は密かにファンの1人として祈っています。

 

□スポンサーリンク

国内最大級の個人向けレンタルサーバーロリポップ!レンタルサーバー』は、
月額100円(税抜)~で容量最大400GB!

 

しかも安いだけじゃなく 大人気WordPressの簡単インストール/ウェブメーラーなど 機能も満載!

 

共有/独自SSLもバッチリ対応でセキュリティ対策も万全!


もちろん、オンラインマニュアルやライブチャットなど、
充実したサポートで初心者の方でも安心です。


無料のお試し期間が10日間ありますので、まずはお気軽にご利用してみてくださいね!

▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら

夢を持つ全てのブロガーへ捧ぐ「まだブログで消耗してるの?」

今から、(自称)非キラキラ自虐系のカリスマブロガーこと、みくまゆたんが夢を抱く全てのブロガーにブログ塾コラムを書こうと思います。

 

「ブログ塾って、イケダハヤトさんのパクリやんけ!」とお気づきの方もご存知かもしれませんが。

 

イケダハヤトさん少しパクリました。ごめんなさい。

 

なぜ。こんな記事を書くのか。

 

そう。はてなブログには無職とか貧困とかで悩んでいる人、または一攫千金を狙ってユーチューバーになるとかライター、アフィリエイター、ハンドメイド、カメラマン、漫画家、よくわからんキラキラセミナー系の講師になりたいという人が五万といる。

 

そう、はてなブログの世界には夢がいっぱい詰まっているのだ。

 

わたしゃー、どんな夢を持っていようが、それが犯罪とか人に迷惑かけるものでなければ応援したい。

 

夢に向かって頑張ってる人の背中は、やはり美しいから。

 

もちろん、応援といっても金は出さんぞ。勝手にブログで応援してるだけだからな。あんたら、自力でがんばんなさい。きみたちー!

 

全ての夢追い人へ捧ぐ

「まだ、ブログで消費してるの?」

 

夢を持つって素敵な事。それに向かって頑張る事に意義があると思う。

 

残念な事を言っても良いだろうか?

大抵の人は、夢を持ったところでほぼ叶わないものだ。

 

特に、現実味を帯びない夢を抱く人ほど、夢の先で挫折してゆく。

 

夢を叶える為には、何処かで現実の自分と夢を客観的に俯瞰する事が大切だ。

 

例えばアイドルになりたいなら、まずユーチューブあたりで動画アップしたらいいと思う。

あと、インスタで自撮りアップするとか。アメブロ始めるとか。

 

コメントやフォロワーが増えれば、しめたもんかもしれないし、全く音沙汰なし所か、まとめサイト、2チャンネルあたりに「ブスの勘違いアイドルを晒すまとめ」とかいうスレに自分が登場したら、とりあえず正統派アイドル諦めてみよう。

 

だけど、もしかしたら別のジャンルのアイドルとしては人気が出るのかもしれない。

 

お笑い界のアイドルになった方がいいかなと思ったら、お笑い目指してみるとか。コスプレアイドルになった途端成功する人もいるから。

 

それでも。ブログ上では夢を抱いては潰れていく人が殆どだった。

 

夢破れて「俺みたいにならないでくれ」と負け犬ブログを投稿する人も数多くいるし、精神的に病んでいって散っていった人も多い。

 

夢に向かって頑張るにつれ、何度も失敗を繰り返すと中毒みたいになってくる。

 

もはや、失敗する事が快楽みたいになってくる。もう失敗するのが当たり前みたいな感覚で、挑戦する。

 

そして、中毒性が深まり頭おかしくなった頃にはもはや成功に対する欲とかなくなっていく。

 

成功なんてしなくていい。

ただ好きな事がしたいだけだ、私は・・。

 

成功とか失敗とか頭に残らず、ただただ一心不乱に頑張っていると。その先に、人は突然成功とかしちゃったりする。

 

打算のない人には、多くの応援者が訪れる。突然、思いもしないチャンスが舞い込む事もある。

 

どんな事でも、まず初めてみることは大切かもしれないなって思った事は沢山ある。ブログを通じてチャンスが増えた事もある。

 

しかし、ブログやってるだけでは正直そこまで夢は叶わない。

 

正直ブログやってる時間あるなら、他の作業に力を入れた方が成功すると私は思う。

 

ブログ書くって、結構エネルギーかかるもんだから。

 

ブログは、あくまでストレス発散くらいのスタンスで気長に楽しんだ方が継続しやすいと思う。

 

成功やアクセス数を気にしていると、ブログは長続きしないから。

 

楽しんでやるスタンスの方が、読者も増えるし色々チャンスも増えてきますよ。

 

楽しんでるかどうかって、例えブログでも人に伝わるもんですよー。

 

どうか、ブログ書きながら自分を潰さないでください。アーメン。つけ麺。僕イケメン。では。 ブログ持ってるなら「アルファポリス」へ登録!

 

 

 

 

 

 

 

ぶっちゃけ、お金がないなら無いならないなりの事を選択するようになる。

 

久しぶりに母と会ってきた

今日、荷物を取りに久しぶりに実家に帰省しました。

 

実家までは、彼に車で連れて行って貰いました。こんな時、大型車は助かります。って、彼親から借りた車なんだけどね・・。

 

普段は、「開かずの扉」付きの壊れかけの軽自動車なので。

 

実家に帰ると、母は「おかえりー。よく来たねぇ。」って・・うちの母が勿論言うわけないです。

 

「あら、遅いわね」と言って、ソファに寝てましたよ。でも、私が荷物を持って行きやすくするためにダンボールを箱状にして沢山作ってくれていました。

 

母は優しいのですが、プライドの高さと素直じゃない所があって。素直に娘に話す事って、あまり無いです。

 

でも、何故か息子には素直になれるみたいで。うちの弟たちには素直に色々話してます。

 

彼は、私の部屋を見るなり終始「うわ!部屋きったね!」って笑ってたけど、「正直あんたも大概やで」と内心思いながらダンボールに荷物を詰めていました。

 

彼に「もしかして、みくさんって片付け苦手ですか?全然片付けないんですよー!」と言われると、

 

母は、「そうなのよー。この子片付けないからねぇー」と言いながら、若干彼に「なんなのこいつ」と言わんばかりの目で見てました。

 

たぶん、娘のことを自分が悪く言うのはいいけど、人にとやかく言われるのは嫌なんですよね。うちの母は、プライド高いですから。

 

そんなこんなで、彼は漫画を読みながらうちの実家の炬燵で満喫。「あー、緊張するわぁー」と言いながら、昼寝を始めます。(緊張なんて、勿論してないですよ。)

 

でも、今まで長時間車運転してくれたし、荷造りも手伝ってくれたので。まあいいか。

 

母は、たこ焼きと焼きそばを作ってくれた。私たちは、母のたこ焼きを「美味い美味い!」とご満悦。

 

やがて、母は「あんた、肌にニキビ出来てるじゃないの。食生活乱れてるんじゃないの?今から、苺出してあげるからね。」と言った。

 

さすが長年私を見続けた母なだけの事はある。

 

「うん・・。なんか、彼が朝から麻婆豆腐出すんだよね・・。」と言うと、母苦笑い。

 

そして、2人で苺を「美味い!美味い!」と、貪るように食べる。

 

母「あんた、髪の毛バサバサじゃないの。シャンプー使ってるの?」

 

私「うーん。シャンプー面倒くさいから水で洗った。」

 

母「・・・」

 

別に、シャンプーが買えないほど貧乏な訳ではない。ただ単に、風呂があまり好きではないからだと思う。

 

実家にいた頃は、嫌でも風呂に入らないといけない環境だったけど、今は彼が「風呂入れ!」と言われて「えー。」と言う感じ。

 

「そういう、だらしない所が嫌いなんだってぇぇ!」と、彼に怒鳴られて渋々シャワーを浴びる。

 

実家を離れて改めて実感した事がある。それは、私が思っている以上に自分自身が風呂嫌いだという事を知った事かもしれない。

 

まず、風呂に入るためには風呂掃除から始まり、風呂に湯を張らないといけない。風呂掃除までは結構好きだけど、湯を張って、湯が張るのを待つのが割と面倒。

 

そして、風呂に入るまでにシャワーの水が暖かくなるまでの時間と、風呂の暖房が効くまでの間の寒さっていうんですかね?

 

あの、風呂場が暖かくなるまでの寒さが耐えられないんですよ。

 

うちの実家の方は、風呂の中もあったかくて全く気にならなかったんだけど、新居の方は地域的な問題もあるせいか凄く底冷えして寒いんですよね。

 

そんな訳で、彼が風呂に入って風呂場を温めてくれてから入らないと、寒くて嫌なんですよね。ワガママかもしれないけど。

 

そんなだらしない生活をしている事を見抜いた母は凄いよね。

 

「シャンプー持って行きなさい。洗濯機の洗剤も持って行きなさい。」

 

母は、私たちがシャンプー買えないほど貧乏かと思ったのだろうか。不憫に思ったのだろうか。いや、ちがうぞ。あなたの娘が想像以上に風呂が嫌いで寒がりだっただけだ。

 

悪いけど、シャンプーは詰め替え用をドラッグストアで格安で買ってるぞ。だから母よ。安心してくれ。

 

しかし、こういった日常品のプレゼントって凄く助かるかも。母ありがとう。

 

「あんたは、母に至れり尽くせりで甘やかされて育っとるなと思ったわ。

 

「洗い物も洗濯も、家で手伝ってた」って俺に言ってたけど「いや、この人何もしてないよ。いつも炬燵で菓子食ってるだけ。」って母に言われてたやんか!何で嘘つくの!

 

食器の片付けまで、ぜんぶ母にやってもらってたやないか!

 

しかも、荷造り出来てるって言ってたのに!何も出来てないし、俺が結局現地で荷造りしたんやないかっ!

 

でも、あんたも母も嬉しそうやったな。来月も行こうか。

これからは、一カ月に一回あんたの実家に一緒に行こう。」

 

彼は、少し嬉しそうだった。

母からシャンプー、洗剤やお菓子を大量に貰った事や、漫画を読めたり、たこ焼き、焼きそば、餃子食べれたのも嬉しかったのかもしれないけど。

 

うちの実家に行くのを嫌がらないので、こういった時はかなり助かります。

 

今は、家に帰り荷物を片付け中。実家まで長距離運転、荷造り、荷物運びと手伝ってくれて引っ越し作業助かったー!

 

引っ越し作業ブレイクタイムという事で、彼は何処かのコンビニにダンボー

捨てに行きながら、ちょっくら立ち読み中。

 

また「アフロ田中」読んでるんだろーなぁ・・。