読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【妄想・勝手に読者感謝祭】妄想コピーライター養成講座物語

このたび、勝手に私の都合でブログを一時的に閉鎖してしまい申し訳ありません。

 

懺悔の気持ちとして、いつも愛読してくださる読者の方の為の記事を書こうと思います。(おそらく、何の為にもなりませんが。)

 

さて、今回はいつも星マークやコメントをくださるはてなブロガーのコロッケさん(korokke1234)の為に書きます!

 

http://korokke1234.hatenablog.com/

↑コロッケさんのブログはこちら(//∇//)

 

コロッケさんは、いつもブログ記事が妄想なのか現実なのか謎めいている所が好き。

 

いつか、「これからブレイクしそうなはてなブログご紹介!」といった形でまとめようと思っていたのですが、その前にもコロッケさんのブログをご紹介させていただきます。

 

最近、コロッケさんのブログで「コピーライター養成講座を受けた話」が掲載されているのですが、こちらの話も現実?妄想?・・。

 

http://korokke1234.hatenablog.com/entry/2017/05/20/003605

↑(コロッケさんが、コピーライター養成養成講座受けた記事なんだけど、量産系型のOLという表現に爆笑w)

 

でも、現実にしろ何にしろどちらにしても面白いんですよね。いつも、ギャグのセンスが絶妙!

 

そんな訳で、今回はコロッケ様の為に!「妄想 もし私がコピーライター養成講座を受けたら」を書こうと思います。

 

「【妄想】コピーライター養成講座物語」

 f:id:mikumayutan32:20170520144624j:image

 

(コピーライター (copywriter)

→商品や企業を宣伝するため、新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告、テレビCM、ラジオCM、ウェブサイトやバナー広告などに使用する文言(コピー)を書くことを職業とする人のことを指す。)

 

 ある日、ライターをやっている事を知人に伝えたら 、「凄い!実は僕、コピーライターを今探してるんだ!もし良かったら、僕たちのも書いて欲しいんだ!」と言われた。

 

  彼の真っ直ぐな目力に負けて、「そろそろコピーライターの勉強もした方がいいのかな。」と思うようになった。

 f:id:mikumayutan32:20170520144634j:image

 

 ランサーズ や、クラウドワークス などのクラウドソーシングで、コピーライター案件を何度も応募してみたが、ことごとく落ち続ける・・。

 

一案件につき、30〜40もの応募が来るのだから無理もないよね。私なんか選ばれる訳ないじゃん・・。何の経験もないのにさ。

 

日本最大級のお仕事マッチングサイト!Webで完結、在宅で稼ぐ!無料登録(30秒)

 

「ライティングは良かったけど、コピーライターは全く無理だわ。」と、肩を落としていた頃、フェイスブックで知人が「キラキラ主婦☆コピーライター養成講座」なるものを自宅で開業していたのを知った。いわゆるサロネーゼという奴だ。

 

ここ最近は、フェイスブックを開くたびに彼女の宣伝記事ばかりアップされるようになった。

 

 ちょうどコピーライターの勉強もしたかったし、知人割引とかあるかもしれないと思い、受講してみる事に。(あと、若干怖いもの見たさ的な要素も含む。)

 

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院 .

 

「わぁーーー!みくちゃん久しぶりィィィ!元気ィィィ?全然、全然!全然変わってないっっ!

ほんと、全然変わってないっっ!すごぉい!

なんか、またお綺麗になられてっっっ!肌もツルツルっ!すごぉぉぉい!!

 

そぉいえば、結婚したんだっけ?SNSで投稿見たヨォォォ!オメデトォォォ!」

 

全然変わってないのか、綺麗になったのかどっちなんだよ。

 

と内心思いながら、「ひ、久しぶり。」と答える。

 

あれ?知人、昔こんなテンションだったっけ?このテンションの高さは何だろうか・・・。もしかして、何か洗脳されてる?

 

「あ、あのう・・。Aちゃんが、コピーライター養成講座を自宅開業してるってフェイスブックで見たから・・。

 

Aちゃんなら知ってる人だし、安心できるかなって思って・・。」

 

「うん!うん!ありがとぉぉぉ!

嬉しいッッッ!みくちゃんに、そう言ってもらえるなんてっ!

 

私も頑張ってるから、一緒にガンバロォねっ!」と、涙目のAちゃん。

 

 このAちゃんの必死さ加減から、そんなに講座に生徒いないんじゃないかと察した私は、「あ、一回体験入学は無料って書いてあったから・・どんなのか、試しに体験したかっただけです・・。」と伝えた。

 

「うん!うん!いいのっ!

全然いいのっ!

 

その勇気の一歩がね、本当に私は嬉しいのっ!

 

みくちゃん、昔はいつも愚痴と文句ばかり言ってるイメージがあったけど、こうして前向きに夢に向かって進もうと思ってくれた事が、私嬉しいッッッ!」と、これまた涙ぐむAちゃん。

 

 何でもいいから、早く体験講座進めてくれないかな。

 

 この時点でAちゃんのコピーライター養成講座には期待できないなと察したのでとっとと受けて帰ろうと思ったが、Aちゃんが必死だった事もあり無料体験だけして帰ることにした。

 

 部屋の奥には、全力で老化に逆らってそうな主婦がひしめき合っていた。整髪料やキツめの香水と、汗の入り混じった匂いに噎せそうになる。それにしても、何でみんなこんなに厚化粧なの?

 

 「さて、今日は!みんなの夢を叶える為に!コピーライター養成講座受講をスタートします!

 

はい!

 

今日は、な、なんとっ!

私の大切なお友達!

(そんなに連絡取り合ってないけど)

 

みくちゃんも一日体験講座を受けてくださいますっ!皆さんも、仲良くしましょうっ!」

 

 厚化粧主婦軍団からの拍手喝采を浴びる私。この人たちは、間違ってもオーガニック化粧品とかミネラルUVファンデ とか使わないだろうな・・。

 

ミネラルUVファンデーション【VINTORTE】

 

 隣の叔母さんが、私の顔見て「よろしくお願いしますねっ!」と何度も言ってくるんだけど、その前に叔母さんの口が臭くて耐えられない。

 

てめー。朝、何食って来たんだよ。ここに来て、まさかの口臭テロかよ。

 

ああ、私。なんか、場違いな気がして来たよ。既に帰りたい・・。

 

「 みくさんは、何かされてる方なんですか?なんか、初めて会った時からオーラみたいなものを感じて、普通じゃないなって思ったんですよ!」

 

 隣の口の臭い主婦が、やたらと私と仲良くしようと持ち上げてくるのがうざい。たのむ。褒めなくていいから、お前喋るな。だまれ。口が臭いんだよ!

 

「あ、ありがとうございます。

普通じゃないってよく言われます。変わってるよねって言われてます。」

 

と言い返すと、

 

「えー!変わってるんですかぁ?

でも、変わってるって事は個性的って事の裏返しですよぉ!

コピーライターの仕事には、個性ってきっと役に立つと思うしっ!」

 

と、無駄にポジティブのゴリ押しをされる。

 

口臭叔母さんから、「コピーライターを目指すにつれて、何かやってる事ってあるんですかぁ?」と言われたので、

 

 「趣味でブログとかランサーズ で、ライターやってる程度ですけど、大した事ないです・・本当に・・。

 

 Aちゃんが、コピーライター養成講座を自宅開業したと聞いて、とりあえず無料なら一回はいいかなと思っただけです。」と、答えた私。

 

 すると、周囲の主婦が一斉に「すごぉぉぉい!!ライターさんだって!」と、やたら食い付いてきた。

 

 やがて、ワラワラと他の主婦達も食い付いてくる始末。

 

「ねえ、どうやって仕事取ってるの?知りたい!知りたい!

 

ランサーズ って、最近ガイアの夜明けでやってたクラウドソーシングでしょ?!気になってたのよねぇ!」と言われて、ああウザい・・。

 

 そんなもん、ネットで調べて自分で何とかしろよ・・。

 

 でもわからんから講座受けてるのかな・・。

 

 ネットでその位調べる位じゃないと、コピーライターなんてそもそも無理じゃないの?と内心思いながらも、

 

「知り合いに、イベント関係の仕事やってる人がいて、お仕事貰ったり。

または、ランサーズ の案件をチェックしたり、ライター募集の所に応募したりしてます。」と答えると、

 

「きゃー!すごぉぉぉい!プロのライターさんみたぁい!」って、口臭テロ糞婆軍団がキャーキャー言いだす始末。

 

 「人から仕事を貰う時点でプロだろうが。」と内心イライラしながらも、「まあ、そんな大した事ないです・・。」という私。実際問題、本当に大した事ないしなぁ・・・。

 

年多くの会員が、テレビ局、広告会社、新聞社、出版社などに内定!「マスナビ」

 

 やがてAちゃんが、

 

「みなさぁぁん!雑談はもう終わりましょぉ!今から講座始めますよっ!

 

 みんな、そんな事でキャーキャー騒いでたら、みくちゃんにすぐに追い越されちゃいますよっ!

 

みくちゃんは既に、クラウドワークス ランサーズ などで、ライティングの経験値もあるから、基本を覚えたらあっという間に上達しちゃうかもよっ!もっと、みんな危機感を持って!

 

コピーライターを目指したいなら、もっと意識を高く持たないとね!」と、鋭い目で釘を刺す。

 

 

 Aちゃんの台詞と共に、口臭テロ軍団がオロオロし始める。「こんな呑気に和気藹々してる場合じゃない!」感が出てくる。

 

Aちゃんが服を脱げと言ったら、すぐにでも全裸になりそうな勢いで洗脳されてる感を悟る私。

 

ダメだ。

ここにいたら。

 

売れない。

稼げない。

 

井の中の蛙状態のまま、息の根を絶ちそう。

 

「あ、あの私・・。ちょっと急用できちゃいまして・・。ごめんね、Aちゃん・・また、ご飯食べに行こうね!」

 

と言って恐る恐る帰ろうとすると、「まってぇ!まだ、LINE交換してなぁい!フルフルしましょうよぉ!フルフル!

 

(フルフル=最近では既に死語だが、LINE交換時に、携帯をフルフル振ってアドレス交換する方法の事。)」

 

「あとさぁ、みくさんってtwitterInstagramやってるの?

やってないなら、絶対にやった方がいいよ!

Facebookで、仕事用のページも作っておいた方が絶対良いから!
あーっという間に拡散されて、宣伝効果も絶大!」

と言われ、「ねえねえ、Facebookも友達申請してもいい?」と執拗に誘われた。

 

体もスリスリ寄ってくるし、口は臭いし。もう嫌。

やだよー。

 

Facebookで貴方と友達になったら、貴方の(美白and黒目が大きくなるように加工したやつ)自撮り画像が大量に私のタイムラインに流れてくる訳でしょう?

なんかもう、それってSNSテロじゃんか。

 

「あ、また今度・・。」

 

力なく答えた私は、そのまま足早にその場を去りました。

 

 

おわり(全部フィクションです。)

 

*note再開しました。

https://note.mu/mikumayutan32/n/n6002c6197c87

もしよかったら、よろしくお願いします♪( ´▽`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眞子さま御成婚!皇族を追い続ける報道陣に思うこと

秋篠宮殿下のお子様でいらっしゃる、眞子さまが御成婚されたとの事で、世間はフィーバー真っ盛り。

 

f:id:mikumayutan32:20170517221640j:image

 

テレビつけたら「小室さん、出社する」「(生中継) 小室さん、帰宅する」

 

「小室さん、眞子さまと電話で話す。

眞子さまから「おかえりなさい」と言われたご様子。」って、ずーっと報道されていたようです。

 

(もちろん、私はテレビ見てないのでtwitter情報で知りました。)

 

これじゃー、「いくらなんでも、報道陣やりすぎじゃないの?」と、思ってしまうかもしれませんよね。

 

そのうち「小室さん、風呂入る。元海の王子のナイスバディ生中継」も、ありそーなテンションですもん。

 

KIREIMOでもっとキレイ

 

しかし、雅子様と、紀子様が御成婚された時はこんなもんじゃなかったですよね・・。

 

あの頃は、皇室ブームも凄かった!私的には、秋篠宮殿下のダンディーな雰囲気はたまらなかったなぁ。お兄様は、THE仏って感じがしました。

 

昔は、クールな秋篠宮殿下の方が良いなと思っていましたが、年を取るとお兄様の優しげな雰囲気に惹かれるようになりました。

 

多分、スーパー仏顔のお兄様なら不味い料理作ってもニコニコと「今日のお味は、少し濃いですねぇ。フォッフォッフォッ。」と言って許してくれそう・・・。

 

って、皇族で勝手に妄想して楽しんでしまいました。すいません。

 

さて、眞子さまは結婚する事で皇族から離れるそうです。皇族から、一般人になるってどのような心境なのでしょうか。

 

 

また、ますます気になるのが「佳子様はどんな人と御成婚なされるのかしら?」って事ですよね。

 

知人曰く「眞子さまがイケメンなら、佳子様はアラブの石油王しかない!」と、訳の分からん事言ってましたが、佳子様はしばらくアクティブに過ごしそうな気もします。

 

愛子様は、体の健康状態が気になります・・。しかし、痩せると少し雅子様に似てるなぁ・・。

 

以上。どうでもいい皇室ネタをボヤキ続けました。皇室、やっぱ好きだわー。

 

パーティードレス通販ドロップス

 

 

 

 

 

街コンで、スタッフ同士が人身売買の斡旋現場を見た話

今日は、婚活時代の話を書こうかなと思います。

Amebaブログ時代に、この記事書いたら結構反響あったので、はてなでもまとめてみます。

 

とある10000人規模の巨大街コンに行った時の話。

 

f:id:mikumayutan32:20170513101354j:image

 

こちらは全国展開してるイベント式の街コンで有名ですが、大体1万人も街コンに集客しようという時点でバイトスタッフのサービスは本当に酷い。

 

イベントは人数多けりゃ良いってもんじゃないです。

 

確かに、イベント時代に迫力が出るのかもしれないけど、「人数多く呼べれば、イベントの人気度を表すことが出来る!」みたいな風潮が嫌い。

 

少人数でも、精一杯頑張ってるイベントの方が好き。

 

365日毎日恋活パーティー開催中♪【ルーターズ】

 

(そんな訳で、(一応全国区なんだけど)少人数制&アットホームが売りの街コンイベントの応援的な仕事をしていたりします(笑))

 

その大規模街コンにて、ある街コンスタッフが

 

「40代の金持ちのオッさんが、結婚相手探してるらしい。

 

オッさんの家は、凄い豪邸らしいよ。今はオッさんとオッさんのババア(お母さん)と一緒に暮らしてるんだってさ。

 

依頼者は、そのババア(オッさんのお母さん)。結婚相手探してくれたら、200万くれるって!」

 

「えー、私お金欲しいー!お金もらってトンズラしたらダメなの?」

 

「今日の街コンで探せばいいんじゃね?」

 

「その子紹介して、お金貰ったら終わりってこと?

その子がやっぱり結婚するの嫌っていったらどうするの?

付き合ってみたものの、やっぱり結婚嫌でしたなんて言ったら・・。」

 

「そんなもん、知らねーよ!ギャハハ!」

 

的な会話をしてた、街コンスタッフ3人組。

 

巨大街コンになると、ろくでもないバイトスタッフが運営してる事もある。全部が全部とは言わないけどさ・・。 マッチングサービス で嫌な事があると、「出会いは、やっぱ直接人と出会う方が良いのかな?」って思うけど、いざ悪質スタッフに会うと帰りたくなる事も多いです・・。 街コンは【Rooters】

 

その後、こんな会話をしていたエクザイル風の街コンスタッフ二人組がニヤニヤしながら若い女の子達に声をかけていたのは言うまでもありません。

 

ちなみに、私にも声かけてきました。若い子無理だからって、今度は私かよ(笑)

 

しかし、あの時は本当にキレそうになりましたよ。人の人生を何だと思っているのか。あの三人は、本当に街コンスタッフ失格だわ!

 

うちの知り合いの方が、ここの街コンイベントを定期的にフェイスブックで紹介してるのもあって、見るたびにこの事件を思い出す。(スタッフじゃないけど、知り合いにスタッフがいるらしい。)

 

私の知り合いの方は、こういうイベントの背景を知らないから。きっと知ったら悲しむだろうな。だから、言わないけどさ。

 

こういう出来事は、本当やめて欲しいです。

 

☆noteにて、「名古屋OLのたわごと記事」をアップしました(^ ^)

https://note.mu/mikumayutan32/m/m541b4322b1df

 

フリーライター」記事も連載中です。

https://note.mu/mikumayutan32/m/m0051f1b231ad

↑記事はこちら💁

 

↑もし良ければ、よろしくお願いしますー(≧∇≦) いいかも判断タップル誕生

 

 

 

 

こたつライターどころか、こたつすら持ってないライターで何が悪い?

最近、自宅の机から離れずに仕事を完結するライターを「こたつライター」と呼ぶらしい。どちらかというと、揶揄表現で使われているそうです。

 

f:id:mikumayutan32:20170511211222j:image

 

しかし、もともとライターの仕事って机の上で完結するものかと。

 

取材を含む記事になると変わってくるかもしれないけど、大抵の物書き的な仕事はそもそも机の上で仕事するもんなんですよ。

 

最近では、移動しながら仕事する人のことを「ノマドワーカー」ともいいます。一見、聞こえはカッコいいですが「遊牧民」という意味です。

 

在宅ワークからシステム開発まで!色々な仕事が発注できるクラウドソーシングの【クラウドワークス】

 

私も、図書館や電車の移動中、スーパー銭湯の休憩室でノマドワーカーした事があります。

 

スーパー銭湯の休憩室にて、ネット占い師の仕事した時はドキドキ。

 

もともと、占いって体を洗ってから仕事した方が良いんですよ。

 

ただ、場所は静かな所でやった方が良いです。

 

スーパー銭湯では、本来なら占いはやるべきじゃない。だから家に帰ってから占いをしようと思ったけど、相談者のメール内容が緊急を要する精神状態だったんです。

 

「仕方ない。これは、応急処置出動!」と思って、スーパー銭湯の休憩室で意識集中。

 

その時は、スーパー銭湯で休憩なんてしてませんよ。折角銭湯でいい汗かいたのに、冷や汗いっぱい出てきましたよ。「何とかしなければ。」って思いました。

 

↑私が使用したのは、モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】 というサービス。占い、ライティング、似顔絵など様々なスキルを売る事ができます。私は、ここで実は占い師として登録してます(笑)

 

「想像以上に聞いてくれて感謝です。」と相談者から感謝の言葉を頂いたので、ホッと一安心。

 

 

私、思うんですよ。そもそも、仕事をする場所っていうのは「仕事を求められている時に、仕事ができる場所で」すれば良いだけかと。

 

こたつの上でも、その人にとって集中できる場所であればいいとおもうんです。

 

最近では、「スタバでパソコン開いてる写真とかアップして、カッコつけてんじゃねぇよ」みたいな感じで、ノマドワーカーに対して嫌味を言う人もいます。

 

そりやー、会社に出勤してるサラリーマンからすれば

 

「俺だって、何で朝早く起きて満員電車に押しつぶされそうになりながら出勤しないとあかんの?

 

俺だって、スタバでフラペチーノ飲みながら優雅に仕事したいわ!」とか思うわけですよ。

 

私は、どちらの立場も経験中の身なのでお互いの気持ちは何となくわかります。

 

ただ、私思うんですけど。その人はその人で、スタバがたまたま集中できる仕事場所だったとか、取材の移動中に休憩を兼ねてスタバに来たんだけど、記事がふっと閃いたからそのまま記事を打ち込んでるとか。

 

または、インスタのフォロワーを増やしてインフルエンサーになる為、SNSのフォロワーを増やす為に、スタバでわざわざフラペチーノを飲むとか。

 

目的なんて、どうでもいいじゃない?

 

こたつライター、かっこいいじゃん。

 

私なんて、炬燵すら家にありません。

冬は毛布で体を包みながら、エアコン節約!(決して、金が無いわけじゃないよ。我々夫婦は節約家でして、繰上げ返済目指して貯金してんのっ!)

 

こたつライターどころか、やどかりライターですが何か? 文字単価1円以上!ライティングの在宅ワーク 【サグーライティングプラチナ】

 

 

 

 

 

Twitterがバズったからといって、必ずしもブログ訪問に影響があるわけではない話

昨日、たまたまTwitter見たら「借金3000万円ある人が飛び降り自殺しようとしてたけど、「俺は借金9000万円あるぞ!」という人に自殺を止めてもらったというホッコリした呟きを発見したんですよ。

 

ちなみに、そちらのツィートのリツイート数は1万を軽く超えてました。

 

もちろん、それだけリツイートされている呟きなだけに色んな方々の返信もお祭り騒ぎ状態です。

 

みんな、自殺ネタ好きなのね・・。人の不幸は蜜の味とは言いますけど・・。

 

そんな訳で、私も何気なく「下手なカウンセラーよりも説得力ありますね。」ってコメントした訳です。

 

そしたら、その返信コメがバズっちゃったみたいで。リツイートと、いいねが鳴り止まない(笑)

 

f:id:mikumayutan32:20170508182407p:image

 

「みくさんの携帯から、音がずっと鳴ってない?」と仕事中に先輩に言われ、思わずTwitterアプリごと削除。

 

仕事が終わってから、再度Twitterアプリをダウンロードするとリツイートもいいね数も伸びてる伸びてる・・。

 

私の大好きなブロガーでもあり、ライターでもある「名もなきライター」さんもツッコミ入れてくれました。

 

f:id:mikumayutan32:20170508182416p:image

 

嬉しい(笑)

 

実は私、こんなにTwitterのツィートがバズった事なんてないんですよ。

 

インスタ更新するとブログのアクセス数が落ちないな〜と思ってたので、Twitterはバズったらどうなのかな?と思っていたけど、はてなブログのアクセス数もnoteへの訪問も特に変わりません。

 

https://note.mu/mikumayutan32

↑私のnoteのページ

https://note.mu/mikumayutan32/n/n90d2373feaaf

↑noteにて、悪質クライアントにあった話をアップした所、特に読まれている形跡もなし(笑)

 

デビュー数日は売り上げ好調だったのですが、まだまだ有料記事アップは早かったかも?と思ったりする事も。しかし、ネタがどうしても全員公開できるネタじゃないんだよな(笑)

 

毎月2万円の継続報酬獲得中のライター多数!PVモンスター

 

 Twitterに宣伝効果を感じるのは、自身の呟きそのものにカリスマ性や心を掴むものがある場合に限るのかも。

 

 人の呟きに便乗しても、その人自体の記事に魅力がなければ読まれません。

 

まだまだ精進あるのみだわ・・。

リアルに案件記事も書かないと・・。めちゃめちゃ溜まってる・・。

 

ゴールデンウイークは遊びまくって、すっかり仕事の事を忘れてたわ・・。

 

大変( ̄◇ ̄;)

 

それと、化粧水も全部使い切って無くなってた事忘れてた・・大変・・。

 

ポーラ ホワイトショット 居座るメラニンに、白の一撃【ホワイトショット】

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃と大人の頃では、見える景色も思う事も変わるんだね

ここ数年のマイブームは、「こどもの頃に見たものや、好きなものを大人になってから改めてみる事」です。

 

数年前、京都に1人で来た時に清水寺に行きました。

 

小学校の修学旅行でも、清水寺に行った事は何度もあります。しかし、清水寺は大人になってからの方が、ずっと感動が大きかったんです。

 

というか、子供の頃は「何で、旅行で寺なんて行かないといけないの?」と思っていたし。清水寺の厳かな雰囲気や重厚感、歴史などに特別なんの価値も見出せない年齢でした。

 

中学校の修学旅行は、ディズニーランド。あの頃は、ディズニーランドに行く事が一体どれだけ楽しみだっただろうか。ジェットコースターが楽しい乗り物だっただろうか。

 

あれから20年以上が経過した去年、やっと再びディズニーランドに行く事に。

 

ディズニーは今の旦那と行ったのですが、正直「あれ?昔は何でこんな乗り物で感動したんだっけ?」と思っちゃいました。

 

ミッキーやミニーを見ても、テンションが上がると言うよりも「あっ、そういや土産買わないと!」と思い出す程度。ディズニーグッズのバーコードに、せどりすとアプリを当ててるバイヤー見つけては「あいつ、転売やってるな」と旦那と話したり。

 

旦那は旦那で、「これ15周年記念の限定品やで!売れるかもしれん!あの人も同じもの100体位買ってるで!」と、カゴいっぱいに同じディズニーグッズのキャラクター人形入れてる人見て興奮とかしてました。

 

昔とは、着眼点が変わってくるんですよね。

 

パレードやショーは凄く感動したけど、乗り物系のアトラクションへの感動は減ったような気がします。

 

そんな事が続いていたので、今回の京都旅行では「金閣寺に行きたい」と旦那に言いました。

 

「は?金閣寺?中学の頃、修学旅行で行ったよ。」と言われたけど、「大人になってから見ると、また見える景色や思う事が変わるんだよ。」と言って連れて行きました。

 

旦那は、金閣寺の前に北野天満宮へ国家資格が合格した事へのお礼が言いたいからお参りしたいといってたので、一緒にまずは北野天満宮へ。

 

f:id:mikumayutan32:20170506231825j:image

 

ここは、学問の神様である菅原道真を祀っている神様という事で人気があるみたい。

 

うちの旦那、試験の前にお参りにいっておみくじを引いたんだけど「1番 大吉」と出たそうな。

 

見事、試験も合格したそうで、当時のおみくじをずっと大切に財布に入れてるんです。

 

「今度は、ここで御朱印帳を買うんだ。あと、お礼をちゃんと言いたい。」と言って、お参りしていました。

 

また、近くにある釘抜き地蔵にもお参り。

こちらは、ありとあらゆる苦しみを取り去るお地蔵さんがいるとかで、旦那が「親戚のおじさんが病気だから、祈ってあげたいんだ!」と言って、一生懸命祈ってました。

 

「あんた、お礼言ったり人の為に祈ったりして偉いな。」と、私は旦那に言いました。

 

旦那は「まぁね」と言ってスタスタ歩いて行きました。その背中は、少し照れていました。

 

f:id:mikumayutan32:20170506232316j:image

 

 

旦那と結婚して良かったことをまとめてみた

 旦那と結婚して、4ケ月が経過しようとしています。

 

結婚前から週末婚をしていた私達は、出会った1年前から結婚生活をしているような感覚です。

 

f:id:mikumayutan32:20170505204932j:image

↑実際の挙式場所です

 

新居の新築マンションも、結婚前に購入。

 

「ローンは先に払っておいた方がいいだろう。」と思った私は、「一生賃貸でいいやろ。俺、長男だから実家もあるし。」という言葉を無視。

 

「家に戻ったとしても、貸せる物件があれば将来家賃収入がある。不労所得は、これからの老後社会に必要だよ。」と、強引に説得。

 

当初は、中古マンションを買おうとした私は、渋々「絶対いらないよー」と言いながらついていく彼の手を引きながら強引に物件を物色。

 

 

しかし、不動産屋がゴリ押しする物件はどれも「不便」「訳ありっぽい物件」「事故物件」「玄関に「死ね」と落書きされた物件」など。

 

見事にクソ物件ばかり紹介されたので、これはもう自分で調べるしかないと思いました。

 

不動産屋と連絡すると段々わかる事ですが、大抵不動産屋が「絶対良い物件なんで、一度見て欲しいんですよ!」と本人が見たいとも言っていないのにゴリ押しする物件って、基本的にクソ物件率高いんですよ。

 

本当に良い物件は、情報が裏で取引されてます。ハイ。

 

つまり、本当に良い物件は市場に流れる前に裏で取引されるか、予約の時点で売れています。

 

それでも、私は諦めないで毎日ずっと不動産サイトのスーモをチェックしていました。結局スーモの情報から家を買うことはしませんでしたが、何とか良物件を見つけました。

 

ただ、この物件探しの時に思った事があります。

 

彼は、私がどんな無理難題を突きつけても付き合ってくれる人。年を取れば取るほど思うんですよね。

 

昔は、「この人の為に生きたいと思える人と一緒になりたい」とか、「大好きな人と一緒になって、一生支えてあげたい」と思っていました。

 

だから、その一生を渡せる位の良い男がいいとか思ってました。

 

けど、30代半ばを過ぎた頃から体力の衰えを感じるようになります。

 

生理の終わりも早くなります。1週間かかっていた生理が4日で終わる。このまま閉経したらどうしようとか考えます。

 

持病の腰痛も酷くなり、1人で起きれない日も。そんな時、愛する人を支える為に生きなければ!と思ってなんてられないです。

 

体の衰えと共に、「私の事、支えてくれる人と一緒になりたい。」という思いが強くなりました。

 

今の旦那は、介護士経験あるので腰痛の日は支えてくれます。

味は不味いけど、お粥も作ってくれます。

 

家事ができない時は、かわりに代行(というか、ほぼ家事を旦那がやっている。洗濯機回した事ないです。)してくれます。

 

私がライターになりたいといえば、「あんたの好きなようにしなさい。」と、応援してくれています。

 

時には、誤字脱字やアイディアの提供、取材にも一緒に同行してくれます。嫌がる事なく、一緒に楽しんでくれます。

 

あんたがいれば、それだけで俺は楽しい他に何もいらないわ。

 

そういって、いつもカレーを自炊しては職場に持っていっては、

 

「もしかしたら、これから子供だって出来るかもしれない。その日のために、今から節約しないと」と言っています。

 

これだけで、私は満足です。

これから先、色々あるかもしれないけど二人三脚で楽しんでいこう。

 

明日は、2人で京都に旅行に行きます。

 

一泊2食付きで1人8千円の格安ホテル泊まりですが、それでも旦那が「ゴールデンウィークは、京都に行こうか。」と言ってくれたのは嬉しかったです。

 

あれは、私が病み上がりから生還した時の事でした。

 

☆noteもはじめました(≧∇≦)

https://note.mu/mikumayutan32/n/na4578d1f4c75

よろしくお願いします・:*+.\*1/.:+

 

有料記事が、2日で4件売れました\(//∇//)

ありがとうございます!

 

ブライダルフェアの予約はHanayume(ハナユメ)

 

 

*1: °ω°