貢ぐは馬鹿だが幸である

ブロガー、フリーライター

旦那の夢に岩ちゃんとヒロさんが出てきた話

最近、旦那の見る夢が面白いので変な夢を見たら記帳しておこうと思う。

 

f:id:mikumayutan32:20180106110231j:image

(画像 ぱたくそ)

 

今日の夢はかなり摩訶不思議アドベンチャーしてるので、恐らく昨日見た「銀魂」の仕業かもしれない。

 

小栗旬さんも、菅田将暉さんも素敵だったけどやっぱり柳楽優弥さんカッコいい。菅田将暉さんは、最近別の映画を見たけど全くの別人になってるから凄いと思った。

 

小栗さんは、割とどの演技も似てると思っちゃうんだけど、カッコいいから許してしまう。この辺りは、もはやキムタクの域。

 

でも、小栗さんは個人的にごくせんの生徒役とあずみに出てた時が一番好き。演技云々ではないんだけど、すっごい美少年だった。

 

CGとかやや安っぽかったり、殺陣シーンがどれも似てるように感じたのが残念だったけど(殺陣シーンは、るろ剣のが好きかも。佐藤健さんの身体能力フル発揮されてる)豪華キャストで楽しめました。

 

 

旦那の夢、もれなく夢占いサイト「ユメカルテ」の診断も載せておこう。夢と夢占いを貴重しておくと、旦那の深層心理を分析できるかも?

 

(今日の旦那の夢)

・3代目の岩ちゃんの恋愛相談を受けた。

 

「人妻好きになっちゃったんですよ〜」と言うので「好きになったらしょうがないんじゃない?好きな人が結婚してただけだから、思いを伝えたらいいんじゃない?」とアドバイス。何故か、岩ちゃんとめっちゃ仲良いらしい。

 

しかも、好きになった人が旦那の元カノ。その為、シチュエーションに合わせて具体的にアドバイスした。

 

「デートは、こう言う場所に行った方がいいよ」とアドバイスしたら、岩ちゃんから「へぇ〜詳しいですね」と言われたので「まあね、女友達だから。昔は仲よかったし」と言って、実は元カノである事を隠した。

 

すると、ヒロさんも登場して「いつも若い奴らがお世話になってます〜。今年もよろしくお願いします。

 

前はPV作っていただきありがとうございます。(何故かPV作ったことになってる)もうすぐ新しい事業が始まるので、よろしくお願いします。」って挨拶してきた。

 

 

岩ちゃんと俺はカツ丼を食べ、ヒロさんはざる蕎麦を食べた。ヒロさん曰く「ダイエットの為に、僕はざる蕎麦にします」と言われた。

 

俺は先にご飯食べてたんだけど、岩ちゃんがご飯食べてなかったので一緒に食べることにした。

 

その後、ヒロさんが来てざる蕎麦を注文。仲良く一緒に食べたらしい。

 

地震があって、体育館でみんなで寿司を食べていた。そこで、PTAの方々の表彰式が行われた。

 

しかし、体育館の地べたにみんな寿司を置いていたから、避けながら表彰式を閲覧した。寿司が踏まれないか気になった。

 

・東京に弟と旅行に行った。何故か東京なのにUSJがあった。一日券を買おうか悩んだ。遊園地で弟と2人で遊んだ。楽しかった。

 

(ユメカルテ診断結果)


今ある日常に刺激や目新しいものを求めています。

毎日の生活に退屈さやマンネリ化しているように思えたり、つまらないもののように感じているのかもしれません。


あるいは、苦痛に感じ嫌気がさしている場合もあるでしょう。


何か楽しいことはないか、おもしろいことはないかと何かを求めているようです。

 


しかし、待っているだけではないですか?
自分から変えようとしていますか?


求めるばかり、待っているだけでは簡単に変化は訪れません。


環境を変え、何かを得るにはあなたの力も必要です。

 

楽しみを探そうと意識し常にアンテナをはって生活してみてはどうでしょう。


習慣化されたことにも、ちょっとした工夫で変えていくことが出来るかもしれません。


色んなことに関心を持ち、興味のあることには自分から進んで飛び込んでみることです


あなたの積極的な行動も必要です。

 

(まとめ)

この人、年始から欲求不満なのかなと感じました。

 

安心のマルチメディアソフト【Aiseesoft】

2017年!紅白歌合戦の感想・ベスト10勝手にランキング

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

f:id:mikumayutan32:20180101165923j:image

(画像 ぱくたそ)

 

今日、明日と両実家訪問予定です。

 

さてさて。忘れないうちに、2017年紅白歌合戦の感想を書こうと思います。尚、かなり独断と偏見である事をご了承ください。

 

紅白歌合戦の感想!悪魔で主観的な感想文

http://mikumayutan32.hatenablog.com/entry/2017/01/01/090957

↑ちなみに、昨年の紅白歌合戦の感想になります。こちらも合わせてどうぞ!

 

☆総合

終始、内村さんの世界観にNHKが侵略されたような気がした。

 

内村さんが企画にしっかり入った(のかな?)ような進行だったので、知らない歌が出てきても面白かった。

 

昨年より有村架純さんの司会スキルが上がってたのと、二宮君のサポーター的な動きが絶妙。

 

1人で喋る機会でも、なかなか仕切りが上手いからビックリした。演技ができる人って、なんでも出来るんだね。(あと、二宮君は雑誌のエッセイも結構面白い。個人的に好きなのは、相葉君なんだけど二宮君の器用さは凄いと思う)

 

嵐がリレー式で司会をすると聞いてたけど、次は桜井君?松本君?大野君?桜井君の顔つきが終始神妙だった気がするのは気のせいだろうか。

 

確かに、あんな絶妙な司会プレーを内村さんと二宮君がこなしてしまうのを見ると、来年司会に当たる人は相当なプレッシャーだと思う・・

 

来年も内村さんを呼ぶべきだろうか?しかし、内村さんのフォローを器用にこなしてた二宮君の仕事をできそうな人って、嵐の中では二宮君しかいないような気もする・・。

 

今年は、内村さんと二宮くん、有村架純さんの相性もバッチリで神回の司会だったと思う。

 

ただ、紅白というよりも内村ワールド炸裂してた。どうしても紅白の司会で思い出すのが中居君と和田アキ子さん。あの2人コンビ、本当好きだったなぁ。

 

桜井君の場合は女子アナでカッチリした雰囲気、大野君の場合は大野君の天然をしっかりフォローできる年上の女子アナか和田アキ子さん、松潤の場合は井上真央さん交えて、是非花より男子メンバーでやって欲しい。

 

小栗さんは途中で銀魂にコスプレして登場してほしい。

 

10位 オープニング

これからコントが始まるような、斬新な展開。出演者の方々もノリノリで参加してるので、今年は面白くなりそうな予感がした。

 

9位 福山さんと黒柳徹子さんのやり取り

 

なかなかこの2人がやり取りする事なんて滅多にないと思ったし、黒柳徹子さんが本気で感動してる姿なんて早々見れない。貴重な瞬間。

 

8位 けん玉ギネス挑戦と演歌のコラボ

 

なぜけん玉と演歌コラボなの?と、思いつつもけん玉ギネス挑戦が思いの外面白かった。

 

7位 Perfume屋上から生中継ライブ

 

ステージから落ちないかヒヤヒヤしながら見てた。どんな場所でもブレないPerfumeかっこ良かった。

 

6位 欅坂46ウッチャンのダンスコラボ

 

ウッチャンが出てきた時の緊迫感は凄かったと思う。あの堂々とカッコいい踊りを踊るセンターの平手さんの手が震えてたり、緊張してる姿をみて「大丈夫かな?」と思ってたけど、平手さんに「大丈夫?」と声をかけるウッチャンって神と思った。

 

そして、ウッチャンのオーラの半端なさにビビった。

 

5位 氷川きよしのステージが圧巻すぎる

 

郷ひろみさんのステージも良かったけど、豪華絢爛さとダンスとのマッチが氷川きよしさん半端なかった。

 

郷ひろみさんの場合、登美丘高校のダンスは荻野目洋子さんがチラついてしまい歌に集中して見れなかった。

 

氷川さんは、完全にバックダンサーと一体化した上で舞台映えしてた。

 

4位 ナカジン、ピアノデビュー

産休のさおりちゃんの代わりに、ナカジンがピアノを弾くという流れは新鮮

 

3位 ヨシキ、ドラム復活

なんとなく司会の流れでわかっていたけど、本当に叩く瞬間が出てきた時は感動。

 

2位 ブルゾンちえみ、世界的アーティストとコラボ

実はこれ、凄いことだと思う。

 

1位 これはもう安室ちゃん一択

 

過去の安室ちゃん映像も見れたのは、アムラー世代としても嬉しいし懐かしい。

 

結婚や出産についてもしっかり説明されてるのビックリした。(でも、SAMさんの顔や名前が隠れていた事は切なかった。)

 

本当、女神君臨してる美しさだった。

 

あと、ランクインはしてないけど倉木麻衣さんの着物姿や椎名林檎さんも素敵だった。今年の紅白は面白かった! ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【レコ大】レコード大賞は、いっそ国民投票制にすれば良いと思う

毎年見るたびに、レコード大賞ノミネートの曲がわからない。そして、レコード大賞の曲を知らない。

 

f:id:mikumayutan32:20171231100324j:image

 

乃木坂46は嫌いじゃないし、むしろ美人が多いと思う。歌の上手い下手はおいておいて、インフルエンサーという歌を聴いて悪くないと思う。

 

ただ、もっと売れた歌はあったはずだと突っ込みたくなった。

 

そして、インフルエンサーという言葉は流行したけど、インフルエンサーという曲を初めて聴いた。

 

正直、最近のお気に入りソングはSPEEDのヒット曲。彼女たち、何だかんだで今YouTube動画見てもクォリティが高い。

 

今年は元メンバーの不祥事がどうこうという話題性もあって、あえて思い出してYouTubeを見ることもあったけど、歌と踊りのクォリティが彼女たちを超えるアイドルグループって未だ私の中では出てきていない。

 

ダンスパフォーマンスでは、Perfume結構好きなんだけど、歌唱力って話になると島袋寛子さんは本当に凄かった。

 

あと、今YouTube動画チェックするとヒトエちゃんのダンスクォリティ本当レベル高くてカッコイイ。

 

日本最大級の動画サイト【niconico】

 

最近のアイドルグループの方とか、歌い終わった後にハアハアゼエゼエって息切れしたりしてる事をあえて見せる人たちもいるけど、ステージ終わった後にゼエゼエやってるアイドルがあまり好きじゃない。

 

疲れを一切見せないPerfumeや激しい踊りの後も超クールだった上原さんとヒトエちゃんって凄かったんだなぁと今思う。

 

最近は、レコード大賞の曲を知らない。そんな感じの事が、ここ毎年のような気がする。

 

強いて言うなら、3代目のリュウセイは知ってたし売れたと思うけど、他はなんの曲がレコード大賞かも覚えてない。

 

浜崎あゆみの曲が、昔何かレコード大賞取ってたなぁ辺りで記憶が止まってる。確か毎年何年か連続だったような気もするし、当時はファンだったからCDも沢山持っていた。けど、そんな私ですらなんの曲がどの年に大賞か覚えていない。

 

 

全国民は、この風潮を許しているのだろうか。

 

いつの頃だったか、明らかにレコード大賞に選ばれそうなアーティストの方々が次々と「辞退」なるものを始めた。

 

一部のアーティストからすれば、レコード大賞が鬼門みたいな扱いなのだろうか。

 

個人的には、世代的に安室奈美恵さんがレコード大賞とった時は感動した。けど、隣でお母さんが「この歌知らない。昔は、もっと国民全員が知ってる歌だったのにね。」とぼやいた。

 

当時、私達世代からすれば安室奈美恵はカリスマで誰も知らない人はいない存在だった。しかし、歌のタイトルは思い起こせば全て横文字。

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

お母さん曰く「どれがどのタイトルでどの歌なのかわからなくて、小室さんの歌が全部同じ曲に聞こえるからわからない」と言っていた。

 

しかし、今となってはそんなお母さんも「小室さんって、今思えばすごく良い曲作るのよね。あの頃の歌、全部いい歌じゃないの。

 

最近の歌、何も知らないわ。心に残る歌がないものね。

 

だって、今の歌を聴いて10年後も聴きたいと思う?今年はいいかもしれないけど、多分次の年には忘れ去られそうな歌じゃないの?」

 

という話を聞いて、ふと思ったが。正直、ここ最近の歌に悪い曲はそんなに出ていないのだ。

 

昨年ヒットした、君の名はの主題歌「前前前世」だってすごくいい歌だし、「スパークル」もいい歌だし、今年なら星野源さんの「恋」は凄く流行ったと思う。

 

ゲスの極み乙女の「私以外私じゃないの」も、話題性として問題あるかもだけど曲は良いと感じた。

 

米津さんとか、全部良かったように思う。ただ、全世代が知ってる曲かどうかとなると話は別だけど。

 

お母さん曰く「最近の歌は早口すぎて展開についていけない。もっと、一緒に歌える歌があれば良いのに」と言って韓流スターのバラードを聴いている始末。

 

この際、選挙があるように投票制にして決めたら良いんじゃないだろうか。

 

そうすれば、アーティストも辞退できないし出来レースなんて言われなくなるし見えない力が働いてるとか言われなくなるだろう。

 

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

 

 

 

 

 

ヨッピーさんのトークショー&オフ会(飲み会)行ってきた。ヨッピーさんが教えてくれた、大切なこと

 

昨日、ヨッピーさんのトークショー&オフ会(飲み会)に行ってきた。

 

元々私は、あまりブロガーさんやライターさんのトークショーとかオフ会に行った事が無い。

 

ちなみにそういったイベントを決して避けてる訳ではなく、ただ単に愛知開催のイベントが少ないという事と「わざわざ他県に行く程の情熱も無い」と思ってたからだと思う。

 

あと、私が習いたいと思う人が地元に来なかった・地元で開催してる人に興味がなかった事や、唯一行こうとしてた「カツセマサヒコさんのイベント」が秒殺で売れてたといった経緯から、こういう場に足を運ぶのが今回初になる。

 

冒頭の文を読んで「こいつは、学ぶ意思がないからそのうちダメになるだろう」と思う人はいるかもしれない。

 

多分、他県にわざわざ出向いて学びたいと思ったら本当に行くと思う。(セカオワ富士急ハイランドコンサートに、夜行バスで嵐の中参加した人だから。)うん、そんな感じなんだと思う。

 

以後の文は「フリーランスになる為・ライター活動の有益情報」は殆ど載っていない。

 

なぜなら、ヨッピーさんってそんな感じの人だから。その為、そういうのを求めている人には役に立たないと思う。

 

ただ、自分を今後仕事でPRしていきたいと考えている人にとってヨッピーさんの立ち振る舞いは色々勉強になる事がある。この人の真似は、誰にも出来ないと思うけど。唯一無二過ぎるからね。

 

そんな訳で、そんなヨッピーさんとファンの方々との交流を通じた上で感じた事・どうでも良い私のオフ会体験記を紹介したいと思う。

 

 

ヨッピーさんのトークショーとオフ会にあたり、真っ先に始めたのは黒タイツを新調した事だ。下着に関しては、現在「おんなのこ周期」だった為に新調は諦める事にした。そして、PJのハラマキを用意。

 

ヨッピーさんのサイン会・トークショー新守山駅前のアピタの本屋さん。私の家からは、結構歩くのでハラマキは必須だ。

 

f:id:mikumayutan32:20171211100510j:image

(↑「明日クビになっても大丈夫!」の出版記念イベント。

 

本には、「いきなり会社辞めるんじゃなくて、もしフリーで生きるなら実際に取り組んでみて半年様子見てから」的な事が書いてある。

 

正直、私なんて四年越しで計画→二年位様子見てから行動していたので、「目から鱗が落ちた」というよりも「あー、確かにね」を再確認するような本だった。

 

さすが先々を俯瞰してる方だけあって、未来の展望について書いてる部分が1番面白かった。)

 

ヨッピーさんのトークショー、やや遅刻した私。1番後ろに座る事に。

 

ヨッピーさんが「今、フリーで仕事されている方〜」といった時に挙手した事がキッカケで、隣に座っていた男性とお話しする事に。

 

話を聞くと、以前オモコロさんで記事を書かれていた方で「えっ、あのオモコロで書かれていたんですか?!」と突っ込むと、「いや・・僕は人気ライターとかじゃなかったんで・・」と謙遜されていたものの、オモコロで記事を書いた事があるってだけでも尊敬している私には眩しかった。(実はオモコロ、応募した事があるんだよな)

 

そして、人生初の名刺交換。「実は、私も名刺を持ってまして・・・」と、昨日届いたばかりの名刺を1枚渡す。何だろう、このドキドキ感。お互い照れ笑う私たち。

 

そして、私の隣にはヨッピーさんが話す度にやたら爆笑している若者がいた。

 

きっと、心の底から彼の事が好きなのだろう。面白い話をしても、大して面白くない話をしても全部拾って「あはははは!」って手を叩いて笑ってた。

 

実は、新守山駅からアピタまで「この人、絶対ヨッピーのファンだろ」と察した私はこっそり後をついていきながらアピタに辿り着いた。

 

見知らぬ土地に向かう時は、それっぽい人を見つけてついて行く。(これは、街コン会場に行く時に使っていた私のテクニックである。)

 

ヨッピーさんのトークショーが終わると、サイン会がスタート。目の前の男性がドラエモンの絵を描いてもらっていたので、「私にも描いてください」というと、「ああ、じゃあ僕のオリジナルキャラクタータン○ン君を描いてあげよう」と言われ・・・。

 

f:id:mikumayutan32:20171211100212j:image

 ぎやー!ドラエモンがいいですーと言いつつ、サイン会終了。

 

 

そして、一度名古屋でランチして家に帰り、再びメイク直していよいよオフ会へ!

 

オフ会の参加者は、薄々感じてはいたけど「ガチのヨッピーの記事が好きな人」が集まってた。

 

私、こういうトップブロガーとかライターとかやってる人のオフ会には同業者系が集まるのかと思っていたけど、完全に彼のガチのファンが集うオフ会。

 

f:id:mikumayutan32:20171211103937j:image

↑オフ会は飲み放題

 

どれ位ガチかというと、「ヨッピーの何の記事が1番好きですか?」を大人が酒を交えて語り合うのである。

 

そして、何故かヨッピーのコラムの話題から侍魂の話になり、最終的に加藤はいねさんのファンが多数いる事が発覚。

 

何故かヨッピーのオフ会で、加藤はいねさんについて熱く語り合うという流れになった。

 

「加藤はいねさん、最近更新してないよね。大丈夫かなぁ?」「はいねさん、きっとメカ苦手だよなぁ。」と言いながら、はいねさんの話題をしているみんなの目がイキイキしてた。

 

ヨッピーさんのオフ会には、面白い記事を純粋に楽しみたい人が多数溢れていた。そして、みんな凄く色んな方のブログの内容に詳しくて細かいのだ。そんな雰囲気の中、自由に酒を飲んで回るヨッピーさん。

 

いつか私も、こんな風に純粋に自分の書いた記事を慕ってくれる人が出来たならどんなに嬉しい事だろうか。

 

最近は、物書き業も2年目に突入し美味しい話も目の前に沢山来るようになった。大変喜ばしい事かもしれないが、時には目先の利益に心を奪われる事も増えていった。

 

ここで少し原点に返りたい。

ふと、そんな事を思うようになったのかもしれない。

 

ヨッピーさんは「こうした方がいい」「こうあるべき」といった事を人前で言う感じの人ではない。

 

いや、言ってるのかもしれないけど力強く発言するというよりゴニョゴニョ眠そうに話す感じの人。

 

そんな訳で、あまり話の内容も「この人は何を言ってるんだろう?」という感じで覚えてない。

 

唯一しっかり覚えてる内容が「俺の奥さん美人」という事位だった。

 

ヨッピーさんは、みんなができないことをしてみんなを笑わせ、そして幸せにしてくれる人なんだと思う。

 

「僕は、ヨッピーさんのやってる事が無茶苦茶好きだ。でも、ヨッピーさんが全く違うことをしたら嫌いになるかもしれない。

 

それくらい、ヨッピーが好きなんだ」と、ヨッピー論を語るファンと触れ合って思ったのは、ヨッピーさんってファンが望んでる事をこうして飲み会とか開いて感じながら期待に応える事を裏切らないでずっとやり続けてるからなのかなぁ。なーんて思ったりした。

 

個人的には、お友達も沢山増えたし名刺も沢山渡せて楽しいオフ会だった。

 

(ヨッピー会で学んだ事)

・奥さん超美人

 

・よく見たら、ずんぐりむっくり具合がうちの旦那に似てると思った。

旦那の背を高くして、目を整形させるとヨッピーさんに似てくるかもしれないけど、今は目があっさりした人が好き。今の旦那のままでいいと思った。

 
・サイン会では、ヨッピーに○○描いてくださいとか言ってはいけない→多分違う絵を描かれる→むしろ美味しいと思うオモコロった人だけチャレンジしてみてね。

 

・ファンの方々は、みんな純粋に面白い記事を求めてる人ばかりだった。

 

そして、私もきっとこういう方達と本当は酒を交えて語りたかったのかもしれないと再確認した。

 

・なかなか普段では会えないような漫画家の方やオモコロの方と会えた。

 

・ヨッピーファンには、侍魂ファンと加藤はいねファンが沢山いた。

 

テキストサイト時代育ちの私としては、実に興奮できるオフ会だった。

 

・最終的には、加藤はいねさんの話題でみんなで盛り上がったこと。加藤はいねさん最強説が私の中で確立した瞬間だった。

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【行ってきた】クリエイターズマーケット体験記!

 

本日、ポートメッセ名古屋で開催された「クリエイターズマーケット」に行ってきました。

 

何故行こうと思ったかといつと、旦那に誘われたからです。(ずっと前からクリエイターズマーケットに行ってみたいと思っていたみたい。)

 

後日改めて記事を書こうと思ったのですが、このクリエイターズマーケットは明日も行われているので折角なら「このブログを見て、明日行こうと思う人が増えるといいな」という想いを込めて書こうと思います。

 

まず、会場に着くなり旦那が「クリエイターズマーケットのガチャガチャがやりたい。お小遣いの中でやるから、ガチャさせて欲しい」というので、

 

f:id:mikumayutan32:20171209214104j:image

ガチャを引いてみました!

 

f:id:mikumayutan32:20171209214124j:image

 

200円で、人気のガチャバッジがもらえるという事で旦那も大興奮!(ガチャガチャのオモチャが集まる「ガチャミュージアム」に行くほどの、ガチャマニアの旦那。)

 

f:id:mikumayutan32:20171209214310j:image

↑引いたバッジ。ちなみに、こちらのクリエイターズマーケット限定ガチャは早々に売り切れてしまいました。

 

次は、燻製チーズを買いに食品コーナーにダッシュ。

 

クリエイターズマーケットは、手作りのアクセサリーやハンドメイド作品、イラストだけじゃなく「食品」も売っています。

 

「マフィン屋さん」「ポップコーン」「ハーブティー」「はちみつ屋」など、遠方からお店の方が出店してPRに来ており、人気のある食品は長蛇の列・すぐに売り切れてしまいます。

 

 まず、旦那は酒のつまみ用の燻製チーズと「卵かけご飯用」の醤油を購入。

 

その後、長蛇の列が出来ていたマフィン屋さんに並ぶ私たち。

 

旦那情報によると、マフィン屋「mohican」さんはあっという間に売り切れてしまうお店とか。(後輩から情報仕入れてるらしく、鼻息荒く答える旦那)

f:id:mikumayutan32:20171209204652j:image

 f:id:mikumayutan32:20171209204938j:image

私たちが行った頃には、既にマフィンはこれだけ・・・。こちらの店は、売り切れも早くてすぐ店仕舞いしていました。

 

旦那情報(というか、後輩情報)だと、このマフィン屋の他にポップコーン屋さんも大人気とか。

 

f:id:mikumayutan32:20171209205119j:image

種類も豊富で、コーンポタージュ味、アールグレイキャラメル味、みたらし味などなどユニークなフレーバーのポップコーンが盛りだくさんです。

 

f:id:mikumayutan32:20171209205230j:image

↑このように、紙コップで試食も出来ます。みたらしとポタージュ味のポップコーンは、本当に革命的。

 

美味いとかどうとかっていうよりも、「何故ポップコーンなのに、みたらし味を作ろうと思ったんですか?」って聞きたくなるほどみたらし団子味がしたんです。

 

f:id:mikumayutan32:20171209205424j:image

↑カゴに欲しいポップコーンを入れる感じ。明らかに、ポップコーンが似合う手じゃない旦那さん。

 

 他にも、ハーブティーが試飲できるお店などなど。

 

とにかくクリエイターズマーケットなのに、食品売り場の人気度が高すぎてビックリしました。

f:id:mikumayutan32:20171209205546j:image

↑試飲はセルフです。

 

クリエイターズマーケットで最も面白いなぁと思ったのは、ただクリエイターの作品を購入できるだけじゃなく自分たちも楽しめるブースが多いこと。

 

店員さんに教えて貰いながら、カバンやクリスマスのリースを作ることができるワークショップや、無料で参加できるブースなどなど。

 

ただ売るだけじゃなく、参加者と交流しながら自分を宣伝していく流れをヒシヒシと感じました。

 

私たちも、早速「100人似顔絵チャレンジ」に参加してきました。

 

f:id:mikumayutan32:20171209210148j:image

↑100人の似顔絵を描くというイベントです。

 

f:id:mikumayutan32:20171209213043j:image

↑私たち夫婦の似顔絵を描いてもらいました。描き手の方が、ずっとクスクス笑いながら旦那の顔を描いていたのが面白かったです。(旦那、本気でイケメンと思っているだけに首を傾げる)

 

クリエイターズマーケットで人気があったクリエイターさんですが、笑顔で明るく接客している方に人気が高かったような気がしました。

 

また、自分の独特な世界観を確立した感じの「メイド服の絵描きさん」がいたのですが、固定ファンが強いのか囲まれてました。(何故か、みんな女性)

 

ただ、そのメイドさんの表情の爽やかさと手の動きの速さ、押し付け感の無さ・・・。

 

メイド服なのにサバサバテキパキのギャップに萌えそうになりました。

 

クリエイターズマーケット、コスプレ祭ではないのですが、何故かコスプレする店員多くて、旦那も興奮。

 

ずっと硬い表情で下を向いている・暗い雰囲気のクリエイターさんは、どんなに作品が良くてもお客さんを寄せ付けない・・・。本当、明日は笑って欲しいです( ^ω^ )

 

 

ちなみに、私が購入したアクセサリー・・・

 

f:id:mikumayutan32:20171209214507j:image

これと

 

f:id:mikumayutan32:20171209214523j:image

これを合わせて、千円!

 

お好きなアクセサリー、3つ合わせて千円と超お得に買えちゃいました。

 

f:id:mikumayutan32:20171209214659j:image

↑ちなみに、元は結構値段するアクセサリーみたい。ちょっとお得な気分。

 

アクセサリーもお得に買えたし、楽しく参加する事ができました。また、機会あれば参加してみたいです。

 

自由が丘のジュエリーショップ【COUGUE'】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

割と適当な感じの下呂〜土岐旅観光

こんばんは。

 

・今日の旦那の寝言

「味噌汁なんでないの?!

 

味噌汁って!あんなに、味噌汁って言ったじゃんカァァァ!!

 

あー、味噌汁飲みたかったのにぃ。

 

味噌汁!味噌汁!(君は、b-dashか?![味噌汁ってタイトルの歌があるんですが、これ知ってる人かなりマニアック])

 

味噌汁!味噌汁飲みたかったなぁぁぁ!」って、煩かったのでどんな夢を見たのか聞いてみたら「空港で食べた飯屋で、味噌汁頼んだのに味噌汁が出てこなかったん」とボヤいてたので、二日連続で粕汁作りました。

 

さて、話変わります。どれくらい変わるかというと、磁石のSN位は変わります。

 

ではでは、旅行記の後編を書きたいと思います。

 

高山旅行を楽しんだ我々御一行は、下呂に向かいます。

 

f:id:mikumayutan32:20171206210541j:image

 

ちなみに、下呂に因んだのかは知りませんが「カエル神社」というのが本当にあります。本当に、カエルが祀ってあります。(写真撮るの忘れた)

 

あと、岐阜といったら「さるぼぼ」人形ですよね。さるぼぼ人形とは、赤ちゃんの形をしたお人形でご利益系のお土産として沢山あったのですが、

 

f:id:mikumayutan32:20171206210902j:image

 気になったお土産が、これ。本気で買おうか悩む可愛さでした。

 

しかし、結局お土産で買ったのはケチャップとかこんにゃくとか入浴剤とかばかり買ってしまいました。

 

 

さて、色々お土産も買っていざホテルへ!

 

私たちは、前回沖縄旅行でお金を使い果たしたので今回は宿泊代を節約。

 

泣く子も黙る安さとお得感満載の「愉快リゾート」に泊まりました。

 

愉快リゾートは、浴衣は借り放題・漫画読み放題・マッサージ機・ネット・卓球・ファミコンやりたい放題といった「旅館界のテーマパーク」みたいな感じです。もちろん、温泉もあります。

他にも、有料でカラオケなんかもあります。

 

でも、宿泊する部屋はちゃんと旅館だし部屋も広いです。

 

f:id:mikumayutan32:20171206215058j:image

朝も夜もバイキング形式で、食べ放題ってのも魅力。

f:id:mikumayutan32:20171206215551j:image

なんと!

しゃぶしゃぶの肉も食べ放題!

 

f:id:mikumayutan32:20171206215624j:image

今回は、突然の「松茸サービス」なるものもありました。毎回イベントが違うみたいです。

 

他には、カラオケも満喫してきました。

 

歌の点数も、旦那は声量が良いので良くて私は全然伸びませんでした( ̄◇ ̄;)

 

旦那、もうこっそりオーディションに出そうかしら。ワンテンポ遅れるラップがツボです。

 

f:id:mikumayutan32:20171206220021j:image

 

朝ごはんもバイキング

 

f:id:mikumayutan32:20171206220042j:image

魚も焼いて食べるとか、まさに愉快!

 

日本全国にあるチェーン店らしいので、最寄りの愉快リゾートへ是非行ってみてくださいね。(愉快リゾートからは、なんのお金も貰ってないですが本当安くていいよ)

 

帰りは土岐アウトレットに行って、服をバーゲンでゲット。

 

私は、深緑のワンピースとピンクのセーター。彼は、靴を購入。

 

もうね、「ああ、この服いつ着ようかしら」なんて思いながら、この冬も楽しもうと思います。

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

割と適当な感じの高山〜下呂観光記(高山編 もれなく旦那と私の写真の残念すぎる比較あり)

昨日まで、高山〜下呂に行ってきました。

 

早速旅行記を書こうと思ったのですが、その前に旦那の寝言が変なので記録しておこうと思います。

 

(今日の旦那の寝言日記)

・ホテルいかなくても良いんじゃないのか?

・ふとんの戦争だ

 

起きたら、何の夢を見たのか聞いてみようと思います。

 

さて、まずは高山の話。

 

旦那に「高山で有名な肉屋があるんや。高山と言ったら、丸明のお肉っていう位に有名な店なんや。

 

しかも平日のランチ限定のお得プランがあるはずや!せっかく有休とったんやし、平日しか行けないランチが食べた方がお得やん!

 

調べてみ!食べログ調べてみ!」と言われたので、早速「岐阜 高山 丸明」で検索。(基本的に、全部ビックリマークのハイテンションで喋る旦那)

 

私「食べログ、星評価高いね!」

旦那「食べログ星多い?やろ?やっぱり凄いやろ?」

 

そんな感じのテンションで、高山の焼肉店「丸明」へゴー!

f:id:mikumayutan32:20171203064900j:image

ランチの種類にもよりますが、1人あたり大体1000〜4000円位で食べられる感じです。

 

f:id:mikumayutan32:20171203065543j:image

 

旦那「あんなの好きなもの食べな」

私「あんたも好きなもの食べな」

 

私は2000円ちょい、旦那は1800円位のコースをチョイス。

 

しかし、肉の写真をお互いに撮影して思った事。いや、その前からかもしれないけど。

 

↓こちら旦那撮影なんだけど。

旦那の方が、写真上手い気がするのは気のせいか。それとも、私が下手すぎるのか?

f:id:mikumayutan32:20171203071108j:image

f:id:mikumayutan32:20171203071201j:image

撮り方のアングルの違いかしら?

 

旦那の方が私より色々出かけてるし、写真も撮るから慣れてるんだよね。うーん。

 

旦那「やっぱ、美味しいもん食べると幸せやよな」

 

普段の生活は節約系の我々ですが、旅行時は少し奮発する食事を1回入れてます。ランチだと、少しお得に食べられるからいいよね。

 

ランチ食べたら、高山をぶらり観光。

 

f:id:mikumayutan32:20171203070246j:image

 ついつい天然石ショップに行こうとする私を「もう要らんやん?もう要らんやん?こないだ見たやん?」と言って、手を引っ張り「酒の店いこか」

 

 

でも「あんたの好きな店行っていいんやで」って言うし。(どっちやねん!)そんな感じで、高山内をぶらり散策。

 

次は、高山の人気パン屋「トランブルー」。ここは行列ができるパン屋で有名だそうです。

 

私は「絶対行った方がいいよ」と知人の紹介で行くことにしました。

 (私撮影)

f:id:mikumayutan32:20171203065849j:image

(旦那撮影)

f:id:mikumayutan32:20171203071339j:image

 ↑同じようなカメラで、こんなに違う店に見えるのよね。(私下手すぎやろ)

 

 

平日で雨降ってるのに、少し行列が出来てました。普段はもっと凄いとか。

 (私撮影)

f:id:mikumayutan32:20171203070157j:image

(旦那撮影)

f:id:mikumayutan32:20171203071537j:image

同じものを、同じような携帯で撮影してこんなに違うのね・・・

 

結局、パンだけで2000円も買ってしまいました。(普段は、スーパーで6枚入り100円以内の食パン買ってるんだけど)

 

こんな感じの緩い旅行記、次回は下呂編です。