貢ぐは馬鹿だが幸である

ブロガー、フリーライター

ココナラでオーダーメイドのお守り購入した話

f:id:mikumayutan32:20171014181654j:image

↑今日、ココナラでオーダーしたお守りが届きました。今回は、そのネタです。若干スピリチュアル強い話題かも。

 

実はココナラで、手相占い師サービスも行なっている私。

 

手相占いの評価が現在109件、また手相占いサービスを受けて頂いた方からタロット占いも受けて頂く事もありました。

 

元々は閑古鳥状態だったのですが、twitterやブログで色々な方の紹介・口コミのお陰だと思います。SNSの力って凄い。ほんと、皆様どうもありがとうございます。

 

↓私の手相占いサイトは、こちらです

https://coconala.com/services/356382

 

さて、ココナラではランクアップする毎に1000円オフクーポン券がついてきます。

 

1ヶ月で一気に1番上のランクに上がった事から、なんと一気にクーポン券が4枚。

 

折角の機会だし、購入者側の気持ちを私も知りたい。

 

お互いの気持ちを知る事で、より相手の気持ちに配慮できるような言葉遣いや気遣いなど。色々勉強したい。

 

また、いつもお世話になってるココナラに少し還元したいなぁと。

 

そんな訳で、私も何かサービスを受けてみようと思いました。

 

実は、昔からずっとオルゴナイトというお守りが欲しかった私。

 

オルゴナイトとは、有機物(樹脂など)と無機物(天然石や金属のクズ)を組み合わせて作ったグッズの事をいいます。

 

スピリチュアル的にはパワースポット、電磁波の影響を和らげるという意味があったりするのですが(個人的に電磁波防止グッズになるのかはわからないけど)、私は見た目が綺麗・天然石が好きという理由でずっと欲しかったんです。

 

本格的なオルゴナイト専門店のサイトだと、素敵なものがたくさんある。けど、凄く値段が高い。

 

Amazon楽天で検索しても、いいなと思うのが少ない・・・。

 

メルカリやミンネには、デザインが素敵で良心的な値段のオルゴナイトのハンドメイド作家の方が沢山いました。

 

しかし。うーん、ハンドメイド効果だけでなく占術や天然石の専門知識をしっかり持っている人にやっぱり作って欲しい・・・。

【ココナラハンドメイド】

 

そこで、たまたま期限内に使わなければならないココナラクーポン券があったので、ココナラで探す事に。

 

オルゴナイト作成だけでなく、占術もできる「おまじないKさん」という方を見つけたので(値段も良心的で、全体でクーポン使わなければ2000円でした。)早速お願いしてみる事にしました。

 

おまじないKさんは、メッセージも迅速で天然石の説明もすごく丁寧です。天然石だけじゃなく、祈祷も行なって貰えるみたい。

 

私は、仕事運とあともう一個はブログでは書けないようなデリケートなお願い事しました。

 

今回、ブログに書いてもオッケーとの了承を得ましたので、少しだけ紹介させていただきます(*´꒳`*)

 

(仕事運のお守りの方の、メッセージで頂いた天然石の紹介)

 

仕事運→クリスタル型 


菅原道真公のお力を借りて文章によるお商売の力添えをしていただきました♪

 

使用した石★
水晶→オルゴナイトのエンジン&浄化用☆彡万能なパワーストーン

 

タイガーアイ→いわずと知れた金運、仕事運の石☆彡

実は狙った獲物は逃がさないとか、狩り時に獲物に恵まれますようにという願いが込められています♪お仕事のチャンスを逃しません♪

 

クロムダイオプサイド→混乱やストレスを洗い流し、理性的な状態で物事に取り組めます♪何かあっても前向きにとらえ、全てを糧にかえてくれます。

 

ラリマー→苦手意識を洗い流し、人種、環境を超えた理解を可能にします★不眠にも効くので疲れを癒します♪

 

アマゾナイト→自立心を育て、既成概念を破ることができます★そしてこの石も心と体を癒します♪

 

オブシディアン→負の力からの防御♪直観を高め、悪習を絶ち、身を守ってくれます★俗にいう魔除けの効果抜群です。ネット等にはびこる悪意からも守ってくれます☆彡

 

↑めちゃ丁寧(*´꒳`*)

しかも星や音符や顔文字メッセージが可愛らしくて、メッセージやり取りだけでも癒されちゃいました。

 

本日、お守りが届きました。オーダーから届くのが凄く早かったのにもビックリ。めっちゃ可愛いので大満足です(*´꒳`*)

 

時々、ふと癒されたい時があって綺麗な癒しグッズを身近に置いておきたかったのですが、これでいつでも持ち歩けそうです(*´∀`*)

 

こうして、自身もサービスを受ける事で色々な気づきも感じました。本当、ありがとうございました!

 

↓ おまじないKさんのサイトは、こちらです

https://coconala.com/services/358508

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢は小説より奇妙なり?今日旦那がみた夢が面白かったので、夢占いサイトやってみたよ

昨日、うちの旦那がtwitterデビューする事になりました。

 

 

キッカケは、昼休みに私のtwitterを見て「楽しそうだな」と思ったみたい。(後、私への監視も若干入ってる?)

 

f:id:mikumayutan32:20171011093149j:image

↑昼間に届いたメール

すでにtwitterが言えてない。(おそらく、twitterでは「twitter」と言えてたので可愛さアピールをあえてやったのではないかと。)

 

f:id:mikumayutan32:20171011092958j:image

 ↑旦那自画像をtwitterアイコンに。

 

 

旦那は思いついたらすぐ行動するので、夜には既にデビューを真剣に検討。

 

真面目な顔して「炎上させてはいけないから、言葉は選ばないと。場所を特定するものや、職場は写してはいけないし写真アップする時も考えなくちゃね。」と話していました。

 

ペンネームを何にするのか」も夫婦で真剣に考えました。

 

(ペンネーム案)

・スイートキッス→顔が無理。

・しいたけ→しいたけ占いと被るから×

・ししゃも→検索したらユーザーが多いから被る

・肉まゆたん→これは私が企画。私のパクりみたいなのは嫌という旦那のこだわりでダメ。

・アデ○ンス→著作権的な意味でダメ。後、髪の毛フサフサなのにPNにしようなんて炎上効果しか思いつかない。

・孫悟○→鳥山明さん的な意味でダメ

↑色々悩んでたのさ…。

 

色々な案を話し合っていくうちに、旦那も段々真剣な表情に。

 

思い起こせば、こんな事で夫婦で真剣に話す事なんてなかったかもしれないです。

 

twitterデビューするからには、まずは勉強しないといけないと思ったのがネット上での最低限マナーについて。

 

まずは、著作権侵害・ネットリテラシーについてお互いに話し合う事に。

 

私自身も、人とネットマナーについて話し合う事で改めて意識しないとと実感。

 

(人を傷つけない、卑猥な言葉禁止、むやみに口説かない、自分の顔・2人で話し合った特定の場所写真・アニメ画像は著作権で今NGなど。

↑ (エヴァンゲリオンコラボ など権利を承認するグッズ販売とかも、今後はどうなるのかな?)

 

自分で覚えるよりも、人に教えるって難しいですね・・・。

 

疲れたけど、私も人に教える事で学び直したし勉強になった。世の中の先生、みんな尊敬。)

 

夫婦で意識高い系会議をした結果、ようやくtwitterデビューへ。後は、使いながら覚えてもらおう。何事も社会勉強。

(万が一の事があれば没収。しばらくノートン セキュリティのように目を光らせて監視していこう・・・。 )

 

うちの旦那も、職業柄人前で発表する事もある。時と場合によっては、人に勉強を教えたりする機会もあります。

 

私には文章力のあるフォロワーさんが多いので、私のフォロワーさんを通じてどんどん吸収して欲しいという想いがあります。(何か上から目線になってきた)

 

ネットリテラシーなど知っておいた方がいいかもしれない。そう思い、あえて冒険させてみる事にしました。

 

フォローして頂いた方々、ありがとうございます。なんの有益な事も呟きませんが暖かい目で見てあげてくださいませ。

 

さて、そんな旦那ですが。

今朝、起きた瞬間に「うわー!変な夢みたー!なんじゃこれー!」と言いながら起きました。

 

いつも寝言で「そんな所に爆弾置いたらあかんてゆーてるやん!みんな死んでまうやんけ!何やってんの!」「コロッケ3つで100円で買った方が安いやん!」と変な事を呟いてるので、正直そんなに驚いてません。

本当、この人安眠してるのかしら。と色々思う事ありましたが。まあ、聞いてみる事にしました。

 

☆今日旦那がみた夢☆

 

‪通勤の為、電車に乗る。‬

 

‪降りた地下鉄駅のホームで、どこでもドアが販売されていた。携帯ショップみたいなカウンターは、凄く長くて大きかった。‬

 

‪『どこでもドアいりませんか?‬
‪80万円です。大きいサイズと小さいサイズありますがどっちがいいですね?』と言われた。‬

 

‪そこには、何故か弟がいた。弟は、80万円でどこでもドアを既に購入していた。‬

 

‪弟にも、『買ったほうがいいよ』と言われた。買うべきか悩む。‬

 

‪店員には『本当に何処でも行けちゃうんで、オーロラも見れますよ。』と言われたので、‬

‪『へえ、いいですねー。素材は何で出来てるんですか?』と言うと‬

 

‪『素材は木で出来てるから、イタズラとかされたら壊れちゃうので注意してください。‬
‪ノコギリで切られたりすると壊れるので、気をつけてくださいね。』と言われた。‬

‪そこで旦那は、『迷ったので、一回考えます。今度にします』と店員に伝えて後にした。‬

‪ショップでは、サービスで角煮とキムチとライスが出てきた。‬

 

‪どこでもドアの売ってる所の隣がマクドナルドだったので、「角煮をサービスで食べられた!マクドナルドでハンバーガー購入しなくてよかった!節約できてラッキー。」と思った。‬

 

‪さあ。‬
‪出勤時間まで、あと10分しかない!‬

‪角煮をガーッとかきこんだ。角煮は、とても美味しかった。‬

 

‪改札口を出ようとすると、定期が突如ピーとなった。‬

 

‪なぜか知らないけど、亀仙人のようなお爺ちゃんが出てきた。(もしかしたら、前日の夜にドラゴンボールの録画を見てたからかもしれない。)‬

 

‪お爺ちゃんに「僕、定期通そうとしたらピーと鳴っちゃいました。先行って下さい。」と伝えた。‬

 

という夢だったそうな。

 

いつも変な夢を見た時に、私は無料夢占いサイトを利用してその時の気持ちを知るキッカケにしているのですが、

 

今回も、無料夢占いサイトを早速活用してみました。 無料夢占いサイト「ユメカルテ」 http://yumekarte.jp/sp/ ↑無料なので、是非面白い夢みたらやってみてね( ^ω^ )

 

(30文字以上、500文字以内で入力しないといけないので、若干無駄な所は削りました。「○○文字以内で短縮して文章まとめて下さい」の勉強になってるかも・・)

 

(占いの結果)

この夢は、あなたに問題の解決を促しています。


何か気にかかっていることがあるようです。

 

見て見ぬふりをしていることはありませんか?
やりかけたままになっていることはありませんか?
手をつけず放置していることがあるはずです。


片付けなければならないことがあるはずです。


あなたの心の奥にある潜在意識は、早くそれらを処理しなさいと促しています。


後回しにしていることはないか、怠っていることはないか再確認してみましょう。

 

何事も中途半端にしたままでは、気にかかるものです。


気が乗らず嫌々ながらでも、重い腰を上げて手をつけてみましょう。


少しずつでも処理していくことでスッキリするはずです。

 

↑なるほど・・・。

今度ちょっと色々聞いてみよう・・・。

 

夢占い また面白い夢みたらやってみよう・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな方のお話し聞くの楽しいなぁ(*^o^*)

(今回、ブログタイトルバカ丸出しです。

記事も結構バカ丸出しですが、「この今の気持ちを、素直に気持ちを書きたい!」という気持ちで一杯なのです。そんな訳で、只今幼児化してます。バブー。)

 

昨日、色んなWebサービスを通じて沢山の方とやり取りさせて頂きました。

 

実は私自身、twitterでやり取りしている方々位しかやり取りする事がありませんでした。

 

「もっと、積極的に人に会いに行った方がいいのだろうか。」と思う事もありましたが、なにせ苦手な性格。

 

合コンや街コン経験もアホほどあるし、合コン屋スタッフ歴、ダンスよさこい歴も(踊りは下手)長い、社会人歴17年。

 

君ィ。コミュニーケーションなんて、チャーラーヘッチャラーへのへの河童じゃないのかね。と思われるかもしれませんが、

 

下手に人付き合いが豊富になりすぎて、逆に億劫化してたんですよね。私。(婚活なんて、毎回命懸けの世界よ。)

 

初対面の人とはすぐに仲良くなれるし、どうやって話せばいいかってのは人の顔みたら何となくわかるんだけど、その後の人間関係を築いていく事の方がずっと難しいんだよね・・・。

 

ああ、また怖い事起こしたらどうしよう。面倒臭い事に巻き込まれたらどうしよう。

 

また変な事を口走って、嫌な雰囲気にしてしまったらどうしようとか。悪い方向に考えてしまう。って、これも全部面倒臭い私自身が引き寄せている話なんだけどね。

 

面倒臭い人は、外を歩けば歩くほど面倒臭いものを引き寄せてしまうのです。

 

自分のせいで。自分のせいで。ああなんて私ってお荷物なんだろうって、自分を追い詰めてしまっていた頃もありました。

 

もし私がお荷物なら。ポジティブ・ネガティヴが交互に訪れる情緒不安定型という、非常にややこしい性格で取り扱い注意シールをオデコに貼られていたかもしれない。

 

さて、そんな私は自分の殻に篭るととんでもない妄想癖に陥ってしまう訳です。

 

このままじゃいけない。

人に伝える記事を書こうと決めてるんだから、自分の感覚だけを頼りに書くのは危険すぎる。

 

うーん。でもやっぱり人に会うのが怖い。(といって、夏によつばくまさんとオフ会してる人)

 

初対面の人とすぐに話して仲良くなれると思っている癖に、臆病者。そんな面倒臭い私が「やっぱり、色んな方の意見を聞いてみたい」思うようになり・・

 

よーし!参加するぞ!

マツオカミキさんのショールーム

あんころもっちさんのライター飲んだくれ会!(めっちゃ参加したくて、この機会待ってました(*^o^*))

 

マツオカミキさんには、以前ランサーズのプロフィールを見てもらうサービスでお世話になっていました。

 

実際、プロフィールをマツオカミキさんに見てもらって直したら直接依頼の話が少し増えたような気がしました。

 

ずっとお礼を伝えたいなと思ってて、いつか何かの機会でお礼を返せたらと思っていました。

 

ショールームで、「プロフィールのサービスお世話になりました。ありがとうございます。」をミキさんに伝えられただけでも、個人的には満足!

 

さて、次はあんころもっちさんの飲んだくれ会へGO!

 

みなさん、凄く気さくで優しくて暖かい人ばかり。

 

入る前までは、「私、もしかして緊張していらん事口走らないかな・・。」と不安を抱えていましたが、リラックスして落ち着いて話せたと思います。

 

あんころもっちさんの暖かくて何でも受け止めてくれそうな雰囲気、酒飲みながら気楽に参加できるって最高や・・(*^o^*)!

 

みんなそれぞれに個性や自分ワールドをしっかり持っている方が多く、刺激になる事も沢山ありました。

 

「これは一人一人のラジオ放送・youtube番組とかあれば聞きたい・・・。」なんて思っちゃったりしました(笑)

 

この度は、あんころもっちさん素敵な会を開いて下さりありがとうございました!(*^o^*)

 

また、是非とも参加させてください\\\٩( 'ω' )و ////ではでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20歳の頃に(騙されて)参加した「お金セミナー」が私に教えてくれた、お金の話

おはようございます。

 

ここ最近、私のtwitterフォロワーさんの中で「お金の話」が盛り上がっていました。

 

基本的に、収益を公開するかしないかとか、そういった系の話だったかと思います。

 

個人的には、正直どちらでもいいと思います。載せたいなら載せればいいし、載せたくなければ載せなきゃいいと思います。

 

見たくないなら、twitterはミュートだって出来るからなぁ。(私は見たいから、ミュートしないぜ!)

 

私も、アイラブマネーだから興味あるけど、私は載せたくないから載せてません。

 

私がお金が好きな理由は、外で豪華にご飯食べられますからねー。と言っても、我々夫婦はチェーン店の食べ放題しか殆ど行かないんですけど。

 

f:id:mikumayutan32:20171002103058j:image

↑焼肉きんぐのランチ、美味くてお得よん。

 

お金の話をすると、「お金に興味のある人・お金が好きな人」が寄ってくるようになります。

 

あと、大変汚い話になりますがお金の話をするとブログのアクセス上がります。

 

どれ位上がるかというと、メルカリのメの字入れただけでも、上がってる感ある位です。

 

でも、本当にブログで共感してくれる人がいるかどうかとなると別なのかも。情報搾取して、役に立たなくなればポイ捨てされる予感しかしないです。

 

まあ、それも把握した上で今回はマネー記事書いてみようと思います。


個人的に、生まれてこの方お金の好きな人に捕まっては散々な目にあってきました。

(人によっては大変ずるい話になりますが)、私はお金は好きですがお金の話する人が好きじゃないんです。

 

きっと今回、お金のブログ記事を書いたから、お金大好きな人が沢山見るかもしれません。

 

「ブログ お金」って検索したら、上位に上がるかもしれない。(稼いでます系ブロガーさんより上がったらごめんね。)

 

それ位、今回の記事は「お金」の情報が一杯詰まってるよっ!_φ( ̄ー ̄ )

 

(さあ、みんな!メモのご用意を!残念ながら、ブログで稼げるテクニックは載ってない)

 

できれば、お金は競馬で万馬券当てたいと思うし、そして宝くじが当たればいいと思っています。

 

宝くじ一億億当たったら、株主優待狙いで沢山株を買うのだ。あとは念願のハワイで火山を見て、残りは老後資金に備えるのだ!

 

今持ってるバリの紙幣が高騰化しないかなー。不動産の地価上がらないかなー。連日そんな事を思ってます。

 

他には、うちの母さんパチンコ凄く強いので、「またパチンコで勝ってくれないかなぁ」も思ってます。

 

よく偽物のブランド財布を「パチンコで勝ったよ」ってくれるんだけどねぇ。(偽物だから、財布の蓋が閉まらないのであった)

 

最近は、1円パチンコで楽しんでしまってるので貰えそうにありません。ガクッ。

 

さて、この位いい加減な私の話で申し訳ありませんが!


今回は私もブームに便乗して「お金の話」を書いちゃうよっ♪( ´θ`)

 

実は私、お金持ってる男性かイケメンの男性かと結婚したいと思っていました。

 

でも不思議と両方は願ってはいけないと思ってました。二兎を追う者は一兎をも得ずですからね。

 

婚活時代は出会った男性に「ぶっちゃけ、稼いでるでしょー?」「さすが大手!正直、福利厚生とかどうなの?」とか聞いてました。

 

婚活パーティーで高額な年収を記載してドヤ顔の方って、基本的に虚偽の年収だったりするんです。

 

何故なら、毎回プロフに記載する年収額が違うのね。

 

次の回では年収額を書かないというケースも結構多いのですが(女性も、まず職業と年収をチェックして顔色変える人が多いのもある)、毎回年収記載額が数百万単位で変わる人が一杯いたんですよ。

 

これ言っちゃアレだけど、見た目も冴えないというか。モテなさそうな感じの普通のオジさん達がやってるのね。

 

で、その男性陣もプロフ女性に見せた後の顔が恐る恐るというか。プロフ見てる女性も、男性の表情はチェックしてない。あくまでプロフの情報だけを読んで評価してしまう。

 

「同じパーティーでそんな事をやってたらバレるんじゃないの?」って、こっちがヒヤヒヤしてたんだけどね。向こうも、私の顔覚えてない事多いんですよね。

 

そんなこんなで、結局好きになる人はいつも婚活で出会う事はなくて、良くて合コンや紹介でした。

 

好きになった人の中にはイケメンは沢山いたけど、収入はみんな知らないです。

 

むしろ貧乏率60%?(後で、実は実家金持ちだったと知る事は多かったけどね)

 

相手の収入なんて聞いた事もないし聞いたら嫌われると思ったし。むしろ好きな人とずっと一緒にいれたらそれでいいと思ってました。

 

その前に、好きな人の稼ぎを気にしなさすぎて「もっと将来考えた上で婚活した方がいいよ」と注意されていました。

 

好きになったら「いざとなったら私が稼ぐ」とか言ってたけど、周囲からは「考えが甘い」と思われてたと思います。

 

私自身も、当時の稼ぐ発言は完全に根拠のない発言だったので「いざとなったら何とかなるだろう」と思ってた位。(今思えば、男性の稼ぎ大切だと思うよ。ガクッ)

 

「お金は大事」は、婚活時代に散々周囲から言われてきました。

 

20歳位から合コンしてた私は、「合コンに誘ってあげるから連絡先教えて」と言われた美女に、「絶対に素敵な女性になれるセミナー」に誘ってもらいついていくことに。

 

ついていった理由は、「参加したら、合コンまた誘ってくれるかな。あと、微々たる好奇心」。

 

しかし、この好奇心が後々とんでもない事になります。

 

実はこのセミナーは、自己啓発セミナーではなく某ネズ○講のマネー講座。それも、マネー講座というより「生きてく上で、お金は何故大切なのか」を延々と二時間説法されるんです。

 

セミナーはとある民家で行われ、○○先生という人がホワイトボードに「お金」「友情」「時間」を書いて、「友情を守るためには、お金が必要です。時間を短縮させる為には、お金が必要です。何故なら、新幹線に乗れるからです。」という教えなんだけど、最終的に友情と時間の箇所をバツをして、「お金」に二重丸をつける。

 

そして、参加者の女性がみんな「お金」ってノートに大きく書いて、二重丸するんです。

 

質疑応答コーナーは、全部サクラの人と恐らく打ち合わせされてて、一般の人は答えられないようになっていました。

 

その後、何故か3人の女性にファミレスに連れていかれ、化粧品販売促進活動を勧められた訳ですよ。

 

さっきまでお金の話しかしてないのに、意味わかんないです。

 

(4コマ漫画の起承転結の承転が抜けてるけど、ねえ。どうなってんの?サザエさんでも、そんな無謀な事しないって。それやっていいの、漫☆画太郎さんだけだからっ!)

 

「わかりました。化粧品買うので、勘弁してください。もう金輪際関わりたくないので、化粧水一個だけ買いますから。お願いします、それで勘弁してください。帰りたいです。」って言ったらね、

 

「じゃあ」といって、カバンからカタログでてきて50万くらいする輸入テレビ出てきたのね。(もう顔真っ青だよ!)

 

やばいよー。とんでもない所来ちゃったよー。お母さんヘルプミー!

(パチンコしてないで助けてー!)

 

すっかり頭狂った私は、よくわからない言葉をまくし立ててボロカスに言ったんですよ。

 

何言ったか忘れたけど、自分でも意味不明な言葉で「☆¥$#○♪%€!!」みたいな感じで混乱しながら話したと思います。

 

すると相手もブチギレしてきて、「親なんてね、どうせ自分のことしか考えてないの。自分のお金は自分で稼げるようにならないと。可哀想な人、いつか困る事になると思うよ。」と捨てゼリフ吐かれ、残り2人の女性が何故か私を庇ってきたんですよね。

 

「何でそんな事言うのよ!確かに、この商品は素晴らしい商品だし、私たちのやってる事はすごい事だと思うの!けど、そんな言い方ないじゃない!」

 

「私も、家族に捨てられて辛かったんだ。けど、みんなとこうして会えて本当に良かったと思うの。

ネットでは私たちの事悪く言われてるみたいだけど、でもあれは嘘だと思うんだ。

そうそう、キャラメルあげるね。美味しいよ。(ここで意味不明のキャラメル貰う。)」

 

この辺りも訳わかんないけど、女性3人変な空気に。どうでもいいから早く帰して欲しい。何故か、この展開でキャラメル食べる私。不思議とキャラメル美味しくて、少し救われる。

 

その後、ブチギレした女性は最後まで私の事を睨んでた。よっぽど気に入らない事を私が言ったのかもしれない。

 

おそらく、自分の家庭環境になにか不遇がありこの活動で寂しさを埋めているのだろう。

 

しかし、如何なる理由があってもテレビ欲しくない女性に輸入版テレビ売ったらあかんわ。

 

あとね、私は嫌な事を押し付けられたら最もその人が嫌がる話を見つけて言い返して論破しちゃう。歩くトマホークなのさ。(最近、うちの旦那も歩くトマホーク言われてるから夫婦でトマホークや)

 

残り2人の女性は何故か私の味方して、「大丈夫だよ」と励ましてくれた。(TV売られそうになったの忘れそうになった)

 

その後、助けてくれた女性1人からしつこく電話かかってくるので、当時の職場の上司に相談し、代わりに電話でてもらい「お前なんか、本当の友達じゃない!」とシャウトしてもらい駆逐することになりました。

 

当時学んだ事は「お金は大切かもしれない。けど、お金で自分を見失ってはいけないし、お金で人を押さえつけてはいけないし、お金で喧嘩しちゃいけない。」と思った事かもしれない。

 

改めて、色んな意味でとっても有意義なマネー講座だったのかもしれない。人は本気で痛い思いをしないと、学ばないから。

 

お金は生きてく為にも必要だ。

お金があるからこそ、選択肢も広がる。

 

心に余裕もできる。しかし、それが全てではない。

 

お金に惑わされて心まで左右・支配されてしまうと、足元すくわれてしまうのだ。

 

お金を稼ぐのも使うのも、選択するのは自分だ。

 

あくまで自分の軸をしっかり持った上で、お金に左右・支配されたくないなぁと。

 

ふと、お金の話をしようとするとあの頃の恐怖を思い出す。お金に困った時は、キャラメル舐めよう。あの時の苦渋を思い出す為に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちのお母さんの世にもおかしな教育法が、やっぱり何かおかしいけど尊敬してるん

おひさしブリーフ。

 

f:id:mikumayutan32:20170921100941j:image

 

ここ最近は、個人的に色んな方の話を聞く機会がありました。

 

特に、子供の教育方法で悩まれるお母様などの話も沢山聞きました。

 

そんな訳で、ここで全く誰の教育の参考にならないような話で申し訳ないのですが。世にも奇妙奇天烈な、私の母の話をしようかなと思いました。

 

うちの母は、バリキャリ女性でもなければ、キラキラ主婦でもありません。パートもした事がないです。ママ友とかも作りません。

 

私がいうのも何ですが、うちの母は結構美人です。そして、プライドが高く「自分が一番」じゃないと気が済まない人です。自分より綺麗なマダムが近くに住んでると「母さんのが綺麗よね」と言って、イラッとするタイプ。

 

そんな性格なので、私とも張り合ってきます。昔は「母さんはこんなに綺麗なのに。母さんに似れば良かったのにね。」とか、平気で言ってきます。当時、「何なのこの人」って本気でイライラしてました。

 

そんな母は、私に「勉強しなさい」は言いませんでした。

 

ただ、「勉強しなさい」は言わないけど、受験期は「母さんね、今日も神社に500円もって祈ってきたの。」を毎日言ってきました。

 

正直、これは「勉強しなさい」という親の言葉より効くんじゃないかと思います。

 

私の兄弟は、全員そんな凄い学校に行けた訳ではないですが(一番下の子だけは飛び抜けて優秀だけど)、子供達全員志望校に合格したから母の神社パワー圧力はあったのかも。

 

母が唯一煩かったのは、「身だしなみはきちんとしなさい」「女は綺麗じゃないと。メイクをきちんとしたり、服もオシャレしなさい。」といった所。

 

何の反抗期かはわかりませんが、私は勉強を頑張りました。

 

学生時代は、ノーメイクで地味に過ごしていました。(安室ちゃんに憧れた時だけ、眉プレートを購入して濃いブラウンの口紅買ってました。)

 

身だしなみは、いつまで経ってもできていません。いつも、ちゃんと服が着れない女です。社員時代、「シャツの何処かが、いつもはみ出してるよ」と指摘されてました。

 

母は「〜しなさい」と子供に言うと、子供は効かないと思っているのかもしれません。

 

そんな訳で、母は私がフリーターだった頃も「仕事しなさい」は言わなかったし、婚活してた頃も「結婚しなさい」を最後まで言いませんでした。

 

うちの母がたまに「〜しなさい」と言う時は、「みく、今日は○○しなさい。夢で死んだお爺ちゃんが伝えてきたの。」と言われるので、逆らうのが怖いから従います。(霊感はないみたいだけど、たまに変な事を言うから怖いよー!)

 

多分、こんな事を言ってきても「何言ってんの」で終わればいいのですが、うちの母の場合は変な行動が多くて。

 

例えば、私がバスで帰ってくると既にバス停で待ってる事がよくあって。

 

「何かね、ドアを開けてあんたの靴を脱ぐ音が聞こえたの!」と言って、家の前やバス停で愛犬を抱いて待ってる事が多かったんです。(いつも5分前位から待ってるらしいが、もっと前から待ってそう)

 

特に連絡しなくても、親って「娘が今何処で何をしているのか」に対して勘が働くのかなって思ったんです。

 

私がいつも何か企んでると、すぐにバレて行動する前に怒られ、

 

激しく婚活してた頃も、母は何も言わなかったんです。けど、出かける前に後ろに殺気を感じ振り返ると仁王像みたいな顔した母が「いい加減な事だけはやめなさいね」と低い声で言って去っていくんです。怖かったなぁ。

 

娘がやってる事わかってるんだけど、辞めろとは言えない。だけど、最低限の事だけは釘を刺すんです。

 

何やっても怒られないけど「犯罪と、宗教と、ネズミ講だけは辞めてね。他は何やってもいいから。」と、釘は刺す。

 

でも、これが親なのかもしれないって思ったんです。だって、自分と繋がってる所から産まれてきてるんだもの。

 

親の無言の怖さ・偉大さを知ると、子供は反抗しないのかもしれない。

 

そんな事を、ふと思ったのでした。(本当に、何の参考にもならない話でした。)

 

(うちの母 データ)

 

昔は大阪・京都・神戸など着付け、事務、タオル工場と様々な仕事を転々とした女性だったそうですが、結婚して父の転勤族・三人の子育てで専業主婦ライフ歴長い。

 

今は三人の子育てを終え、自称「浅田美代子に昔似てた」「昔はモテた」。

現在は、某○重県の田園調布団地(これも自称)にて、悠々自適に暮らしてるマダムである。

 

 

 

 

 

コラム・記事の記名無記名にこだわっていた頃を振り返る

f:id:mikumayutan32:20170903175710j:image

こんばんは。

今日は、ステーキのあさくまでランチ行ってきました。

 

さて話変わりますが、今回は久しぶりにライター業をやってきた上で真面目な話を書きます。(たまには、真面目な事書きます。)

 

ライター駆け出しだった頃、色んなサイトを読んで「どうやったら、ライターになれるのか」を研究していた事がある。

 

正直、それぞれの方に自分なりのポリシーや法則があると知った。

 

どの方にも、それぞれのやり方があるけど、そのどの方法もその人だからこそ輝ける方法なのかなと思った。

 

読みやすい文章を書く人をみて、「いいな」と思う事はあった。けど、自分がそれをやるとパンチが効かない文になるような気もした。

 

同じ事をしては、その人の上にもいけないし自分が望んでいるような記名記事は書けないと思った。

 

また、私は経験値を積むためにクラウドソーシングを活用してたけど、あくまで経験値積む手段としてしか見ていなかった。

 

結局、ずるずる続いてるけどあくまでメディアで仕事がしたいと考えている人。そして、ゆくゆくは経験値を経て再就職したいと考えている人。

 

そんな訳で、「クラウドソーシングで稼ぐ!」系のタイトルの記事は沢山あったけど、あくまで参考程度に読んでた位。「なるほど」と思う事は沢山あったけど、個人的に私の目標はそこじゃなかった。

 

何故なら、クラウドソーシングで上に上がる事が私の目標ではなかったから。

 

そんなこんなで、ずるずると結局独学でここまで来てしまった。

(習いたい人もいなければ、習ってる時間もなかったんだけど)

 

ただ、私が当初からずっと思っていたのは「記名記事を書きたい」「出版社やメディアで書きたい」「犬山紙子さん、はあちゅうさん、トイアンナさんら有名ライターさんと『ライター一覧』で並びたいと思っていた事だった。

 

当時の経験値といえば、とある街コン企業で専属記事を書いたり、某日本の自治体?のゴーストライター(性質上、どんなのかは言えないけど)、某企業の無記名記事を書いてただけ。

 

↑ちなみに、どれもクラウドソーシング系列ではありません。元人気婚活ブロガーだった事からお話を貰う機会があったのだ。

 

とてもじゃないけど、この経験値で「有名ライターと並ぶ」とか難しいにも程がある。

 

それでも、私は心の底から強く信じていた。まるでONE PIECEのルフィのように「ライターに、オレはなるっ!有名ライターと、オレは絶対に並ぶっ!」みたいな感じで。

 

ここ最近、twitterか何処かで「経験値がないのに、低報酬はあたりまえ。まずはどんなに安くてもいいから実績を作るべき。」という言葉を見た。

 

確かにそうかもしれない。

実績がないと、確かに相手にされない事の方が多かった。

 

少しでも大きな実績が増えると、一気に見る目が変わるんだなーってのも痛切に感じた事がある。

 

けど、私は例え経験値なくても絶対に自分が希望している条件は落とさないまま仕事を探し続けると思う。

 

例え相手にされなくても「そこを何とかお願いします!」と、どうしてもやりたい仕事には何度も頭を下げて仕事を取っていた。

 

私は、経験値がないからって自分を低く見積もる必要なんてないと思うんだ。

 

経験値なくても、きちんと熱意を持って提案すれば相手に伝わると思う(*≧∀≦*)

 

むしろ経験値があるから、記名記事あるから偉い訳じゃないよ。

 

目の前の仕事に対して、熱意を持って取り組んでくれる事、いかに一生懸命取り組んでくれるかどうかが大事だと思うんだ。

 

「誰かがこう言ったから、言った通りにしなきゃ!」

 

「この人は違う事言ってるけど、もしかして間違ってるのかな?

誰が正解なの?どうしたらいい?」って迷わないで欲しいんだ。

 

記事を書く仕事をされるのであれば、どうか自分を強く信じて書いてください。情報の取捨選択は、全て自分の中に自由にありますから。

 

これでも、決して上手くはないし常に意識低い系から数えて上位の人間ですが。

 

自分のやりたい事や、書きたい事にはブレずにやってきたつもりです。

 

また、最近では記名無記名にこだわらなくなりました。

 

そんな事よりも、自分が書きたい事が書けて。そこから感想を貰ったり、良かったよと言ってもらえる事が嬉しいです。

 

(↑でもこれも、ある程度記名記事が増えたからこそ思うのかもしれませんが。)

 

いま、ライター業本格的にスタートして一年半位経過しました。

 

叶った事

・記名記事書けた

・婚活を生かした記事で連載持てた

・有名ライターさんとライター一覧紹介で並んだ(はあちゅうさん、犬山紙子さんはまだだけど)

・ホームページ作った

・書きたいと思ってたメディアで書けた

・描いたイラストが、メディアデビュー

 

叶ってない事

・イケメンライターのカツセマサヒコさんに会いたい。→できればサイン貰って記念撮影したい(握手会でも良い)

 

・雑誌の紙面・新聞・紙媒体で記事を書く、何でもいいからミニ連載を持ちたい

 

・お世話になってきたよさこいチームに取材に行く→記事を書く→よさこいの魅力を伝える(よさこいメンバー増やすのだ!)

 

まだまだ、叶ってない夢あるなぁ。

 

けど、ガツガツせずにゆるーくマイペースにやります。

 

細く長く。ゆるゆると。家族も自分も大切に。

 

そんな訳で、私は寝たい時は寝ます。というか、殆ど寝てます。

 

ではでは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【読者100人記念】結婚して半年経過。新婚生活を振り返る。

どうもこんばんはー。

 

この度、ブログ読者が100人突破しました。(正式には、ただいま103人)

 

いつも毒にも薬にもならないし、何の有益な情報も流していないのに有難うございますー。

 

ここ最近は本当に何の薬にもならない事を呟いていました。

 

そしたら、フォロワーがどんどん減っていき最終的には10人位見事に減っていきましたw

 

なんか、有益情報求めてた人ごめんなさい。

 

私、競争社会疲れちゃったみたい。これからはマイペースに自分らしくやっていきたいと思ってます。

 

もし、嫌だなぁと思った方は遠慮なくどんどんフォローはずしてもブロックしても良いからねー(*^ω^*)✨

 

(twitterって、元々そんなものよん。これからは、ゆっくりと楽しくやっていきたいかな)

 

 

さて、今回Twitterにてアンケートを集計した結果「結婚して半年、新婚生活を振り返る」というネタについて書く事になったのですが、なにせ数日前に旦那と喧嘩してしまいまして。

 

すぐにブログを書くとギスギスしてしまいそうだし、旦那自体もこちらのブログの読者なので変な事を書く訳にもいかない。(今までも、結構書いてたかもしれないけど)

 

そんな最中、「旦那の愚痴とかSNSに書いてんじゃねーよ。だから魅力がないんだよ」みたいなタイトルのブログを発見し、それに対して大人げなく噛みついたりもしてました。

↑改めて読み直すと、何もここまで言わなくてもよかったような気もしたりして。(笑)

でも、炎上を狙ってそうな気もしたので私達が騒げば騒ぐほど美味しいのかもねぇ。

これで炎上する事も全て計算してブログを書いているような人も、この業界には沢山いるんでしょうねぇ…アコギな世界だわ。

 

さて、私達夫婦ですがここ数日前に派手に大喧嘩してしまいました。

f:id:mikumayutan32:20170831175548j:image

↑足を旦那に踏まれて大喧嘩

 

「今度同じような事があれば、家をでてやるー」と泣き叫ぶ私に、「何でや!」と叫び続ける旦那。

 

ただこの時、旦那は「家を出ていこうとしたって事は、もしかして俺が必要ないんじゃないかと思った…。

 

だって、家を平気で出れるって事は家を出ても自分はやって行けるって事でしょう?生活出来るって事でしょう?俺が必要ないってことなんじゃないかと思って。」と悲しそうな顔をしていました。

 

 この時思ったのは、「女が家を出る事ができる=家を出てもやっていけると女は思っている」と男性は思うの?という事。正直、私は旦那がいないと生きていけないと思っています。

 

 なのに、何で私は家を出ようとしたのでしょうか。

荷物を持って家を飛び出そうとしたのでしょうか。

多分、パブロフの犬みたいな感じで条件反射で出ただけだと思うのですが…。

 

でも、旦那にとってこの行動は大変傷ついたそうなのであります。

 

翌日には、お互いどこまで本気かわからない「離婚したらどうするの」「もし離婚するなら、財産分与どうするの」ネタを話したりもしました。

 

また、翌朝には北の国からミサイルがハワイに向けて発射されました。

 

「大変や!ミサイルや!ミサイルが発射されたらしいで!」と慌てふためく私に旦那は「死ぬときは、どうせみんな一緒なんや。慌ててもしょうがないやろ。」と捨てセリフを吐いて仕事に向かいました。旦那の横顔は、少し寂しそうでした。

 

なんかもう、人生投げやりな感じになっていました。

 

 仕事が終わり家に帰ってきた旦那は、改めて「やっぱり、もう一度あんたと仲良くなってやっていきたい。」とポツダム宣言。こうしてみくまゆたん家は終戦を迎えたのであります。

 

(まぁ、北の国からミサイルはまた飛んでくるかもしれないので気をつけなきゃいけませんが。)

 

 いつもは、テレビすら見る事も無かった私達。「今日は、久しぶりにテレビを見よう。」「ワインを一緒に飲もう」と色々と提案する旦那。思い起こせば、付き合った頃は一緒にテレビを見たり乾杯をしてからご飯を食べていたっけ。

 

いつからだろう。色んな事がおざなりになり、少しずつ色んな事を省略していったのは…。

 

結局、テレビを見る習慣も無くなりつつあった私達には見たいテレビも無かった。旦那は「アメトーク見よう」といってタブレットからアメトークの動画を流してた。それでもお互い笑い合う事もなく、無言で動画を見る私達。

 

思い起こせば、昔は録画した動画ばかり見て節約デート術を展開していたっけ。外にデートするお金もなくて、デートは散歩とか多かったなぁ。

 

スーパーも4店舗位渡り歩いたっけ。たこ焼き作る為に、たこを買おうとしてスーパー4店舗回って「ええい!どこのタコも高いねん!」って発狂していた旦那の姿が懐かしい。(結局、私がポケットマネーでタコヤキ器を購入したもののタコヤキをしたのは1回だけである。)

 

散歩先も、家の周囲が当時は893と風俗のメッカだったから常に物騒で、いつも散歩時には南米人が警察に捕まって尋問受けていたっけ。そんな光景にも臆する事なく「ここは、俺の庭だ」と誇らしげに語る旦那が、何だか面白くて。

 

ずっと訳の分からない人だと思ったけど、それでも一緒にいて楽しかったんだ。

 

それでも。お金を貯めて結婚資金を集めていた私達は、お金がなくても何だか幸せそうでした。

 

最近の私達、初心を少しずつ忘れているのかもしれないです。

 

お互いに出会った頃の初心を忘れずに。二人三脚、時にもつれても助け合えるように。ゆっくりと、一歩ずつ。一歩ずつ。歩んでいきたいものです。

 

みくまゆたん