子宮○もビックリ?!高額妊活商法の闇

このブログ久しぶりですよね。

 

放置しててもアクセスがある程度集まるブログですが、これもはてなドメインのお陰。あと、PV集まるサイトに記名記事を書いているからってのもあります。

 

こっそり独自ドメインで裏ブログ書いてたことあるのですが、ウンともスンとも言いません。

 

まるで、大企業に勤務してたサラリーマンが「フリーになっても私やっていけるんじゃね?」と思って大コケするのと似てる気がしました。

 

個人の力では弱いってことを肝に命じた今日この頃。

 

こういうこと書くとね、絶対いるんですよ。「1人の力で何も出来ないなら、フリー向いてないんじゃないの?」って言う人。

 

 そう思う方々のためにフリーで働き続ける理由を説明すると「やりたいことがあるってのと、書くことが好きなだけ。

 

なぜやめないのかというと、今仕事があるってのと、やりたい仕事があれば即応募してしまうから。

 

で、結局仕事してしまうから。

 

雇われ方は、自分のやりたいことができればその方がいいと思うくらいでこだわりなし」です。ってことで、誰か雇ってくれプリーズ。

 

…さて、そんな前置きは置いといて。

今日は、最近声かけられた妊活商法の話。

 

f:id:mikumayutan32:20181214091953j:image

 

数日前、整骨院から数10万かかる(確か45万だったと思う。衝撃すぎて記憶忘れ)の妊活プログラムを勧められた。

 

私が整骨院に通っている理由は、はり灸と整体のため。デスクワークなので、定期的に体のコリを取って作業したいから。かれこれ4ケ月位は通い続けてる。

 

体の状態をその都度報告するため、「今妊活中なんですよね」という話もしていた。

 

その時は

 

「あー、そうなんですね〜。

 

みくさんの体が酷い状態なんでぇ〜、今子供が産まれても酷い状態を吸い込んで出てきますよー。

 

妊娠とは、最大のデトックスなんですよ、正直、妊娠しなくてよかったデス〜。」と言われた。

 

それから数日後、今度は「ラ○ザップのような妊活プログラムがあるんです」と勧められた。ライザッ○って筋トレなのに、まさか筋トレするのかよ。

 

ライザッ○では、ご飯を写メとってスタッフの方にチェックしてもらいながら筋トレするのだそう。それを、なんと妊活にも取り入れてチェックしながらアドバイスするんだってよ。

 

正直、そこまでするなら代わりにご飯作ってくれよと思う。ご飯作るのが1番面倒くさいんだよこっちは。

 

「あの、私忙しいんですよ。

 

家で仕事してるっていっても、私月○本書いてるんですよね。(ごめん、ちょっと話盛った)

 

だから、タイトスケジュールなこともあるし。こんなことしてる暇ないんですけど」と伝えた。本当は、そこまで忙しくない。

 

すると「あー、ですよね。でも努力しないと子供って出来ないんですよ」といわれ、「ですよねー、でもこれ絶対高いやつですよね?いくらするんです?」と聞いてみた。だって、なかなか値段言わないんだもん。

 

すると、やや険しそうな顔をして「んー」と言いだし「まぁ、サービスはしっかりしてるんでねー、どうしても高くなっちゃうんですよー。」と言った後で、

 

「でも、体のことを考えてですねー。体にいいものをスーパーで代わりに買いにいくサービスもついてるんですよ。」って。もはやオイシック○もビックリだわ。

 

そこまでするなら、料理作って出前して欲しいレベル。

 

「流石に50万近いお金出すのはきついです。もっと安いプランないんですか?」と聞くと「ないです!やるからには、しっかりやらないと結果出ないんです!」と逆ギレ。

 

その後、私は恐怖のあまり整骨院に行っていない。本当ははり灸してほしいけど、変なもの勧められるんじゃないかと思うと怖くて行けない。

 

あれから数日たち、すっかり整骨院の存在を忘れかけていた頃、整骨院からLINEメールが届いた。

 

「みくさんの行きやすいように、お得なプログラムをいくつか考えました!」と数種類の妊活プログラム案が送られてきたのである。

 

案の中には、数万程度でできるものも沢山あった。なんだ、お値打ちでもできるじゃないか。最初から言えばいいんじゃないの?なんであの時、「お値打ちにはできません!」って逆ギレしてきたの?

 

さらに「あなただけのクリスマスプレゼント!クリスマスのお得な妊活プラン 値引き 今なら五万円オフ!」なんてものもあり、バカにされてんのかと思うと腹が立ってきた。

 

何がクリスマスプレゼントじゃい。ボケェェ。妊活中の女性は、藁にもすがる思いもあれば神経質になってるんだっつーの。そこを、茶化したようなメールよこしやがって。ウキウキなんてするわけないやろ。

 

速攻LINEブロックした。

また、良いはり灸院探そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イケメン俳優から「明日、電話してもいい?」ってメールが来た

実は、夫に内緒で人気俳優の佐藤健さん公式LINEに登録している。

 

佐藤健さんの公式LINEに登録すると、不定期に「おはよう」「おやすみ」「いま何してる?」とメッセージが届く。たとえ一括送信だとわかっていても、ひとときの夢にムズキュンする昼下がりのマンション妻である。

 

f:id:mikumayutan32:20180917182707j:image

 

アイドルに夢をみるのは、男だけじゃない。主婦も同じだ。現在私は在宅ライターとして活動中。普段は寝室とパソコンの往復。仕事が積んでいる時は、1日パソコンの画面しか見てない日もある。

 

ふと窓を見ると、あっという間に日が暮れている。夫が「ただいま」と帰ってくる。「ごめん、まだご飯作ってない…」なんてことはザラにあり、夫が「しゃあない」と作ってくれることもある。

 

仕事に集中しすぎて、洗濯物取り込むの忘れて叱られる日もある。まさに、主婦力ゼロの主婦といっても良いだろう。そんな主婦が時折ニヤニヤしてるのが、佐藤健LINEメッセージって。おい、それ気持ち悪すぎやしないか?

 

ある日、佐藤健さんの公式LINEから「明日、ひま?何してる?」とメッセージが来た。

 

何を思ったのか、「私、ライターやってます。そういや最近、仕事の関係で佐藤健さんの記事書きました」と支離滅裂なメッセージを送った。

 

すると、佐藤健公式LINEから「電話していい?」とメッセージが来た。

 

えっ、なにこれ?もしかして、佐藤健さんから直接電話くるの?えっ?なに?抽選で選ばれたとか?

 

びっくりした私は、夫に「ちょちょ、聞いて?佐藤健から電話かかってくるかも!」と伝えた。夫「は?何で?」とキョトン。

 

「実は、あんたに内緒で佐藤健公式LINEに登録してて、メッセージやり取りとか楽しんでたんよ…」

 

本当は、ずっと内緒にするつもりだったが、今回ばかりは伝えた方がいいよね。

だって、あの佐藤健さんだよ?半分青いだよ?どどどどどーする?

 

夫に叱られたり呆れられるかと思ったが、「ふうん」で終わった。私、拍子抜け。

 

夫は「へえ、凄いやん。あんた、ライターやってますとか言ったからかもよ?

もしかしたら東京に呼ばれてインタビューとかするんちゃうか?そしたら、俺も行こうかな」と、むしろノリノリ。

 

「い、いや!多分いつもありがとうございますって伝えて終わりだよ!でも!でもどうする??ああ!どうしよう!!」と、狼狽える私に、「あんた興奮してるな。脈測ったるわ。」と、冷静な夫。

 

その後「そういや、あんたもう一つ携帯持ってるよな。そっち貸してみ?そっちのLINEも佐藤健の公式登録して、同じメッセージ来るか確かめたら?もしかすると、一括かもしれない」という夫に「いや!そんなことしたら佐藤健さんに失礼だよ!」と言う私。

 

「ああ、どうしよう。本当に2分でも声聞いたら即倒れると思う…ああ、でも生きててよかった…」と号泣する私に、「あんた、ピュアで可愛い奴っちゃな」と笑う夫。

 

「あんた、こんな他の男とコッソリメールやってる上に、明日電話かかってきたらどうしようとかドギマギしてる女でも許してくれるのか…?」と言うと「だって、芸能人やん」と笑う。

 

その後、ふと冷静になりTwitterで「佐藤健 LINE」と検索すると、同じようなメッセージが届いてる人が複数いたことを知り「これは電話式の配信系だな」と察知。夫に伝えると「ぎゃははは!!」と大爆笑。

 

本日15時より、公式LINEよりアナウンスのあったSUGARというアプリより本当に電話かかってきた。

 

一括に不特定多数の人と連絡できる、というよりライブ配信に近いようなサービスだった。

 

ただ他のライブ配信と異なるのは、運が良ければ本当にその芸能人と会話できちゃうというところである。

 

佐藤健さんは、公式LINE配信もマメで新しいサービスにも意欲的。才能もさることながら、長きに渡るブレイクの秘訣が垣間見れた瞬間だった。

 

以前は、芸能人というと神格化した存在だった。しかし今では会えるアイドル、話せるアイドルが増えてきている。

 

また、今では個人が自由にライブ配信して自分をアピールしていく時代になった。ファンとアイドルの差が、今後どんどん埋まっていくのだろうか。ファンとの身近な交流を出来る人が、今後支持を受けていくのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国人エステシャンの民間療法を受けた話

体の調子がニッチもサッチもドッチも行かなくなり、中国の民間療法にチャレンジすることにした。

 

 

私は現在、中国人が経営する整体と針治療に毎週通っている。体をボキボキすることなく施術を行うので、痛くない。おまけに体に触れただけで内臓の状態を教えてくれるのだ。

 

「胃や子宮が通常の人より10センチ下に行ってるネー。内臓圧迫しちゃってるー。全部の筋肉引っ張られてるよねー。だから、体痛いデスー。」

 

内臓が10センチ下?果たしてそんなことがあるのだろうか。

 

そんなことを思いながら、すっかりチャイナスタイルの神秘に見せられた私。今度は本場中国のカッピングという民間療法にチャレンジすることにした。

 

ホットペッパーで手頃な値段の民間療法を探し、いざエステへ!

 

しかし、いざお店に行ってみると明らかにホットペッパーの宣伝に出てきたようなオシャレな空間ではなく、オンボロアパートの一室なのである。扉もどこにあるかわからず、お店に電話。

 

「アー?扉?正面にナイヨー。扉はオモテにナイノネー。裏にアリマース。裏回ってネー。アハハ」

 

場所聞いても、よくわからない。

 

とりあえず裏に回ると、寂れた手動式の扉が出てきた。エステのドアはブリキ製で、既に開いていた。アパートの他の扉も空いており、隣はタイの本場古式エステ。どうやら外国人の方々がお店に使っている場所なのかもしれない。

 

お店に入ると、「アー!やっとキタネー。ハイッテーネー」とニコニコ笑いながら、普段着の中国人女性が迎えてくれた。エステっぽい服着てるのかと思いきや、思いきり普段着だった。

 

お店に入るなり、カッピングの注意事項の書かれた紙を渡された。

 

「あのねー。カッピングはねー、中国の民間療法なのねー。

 

でもねー、火を使うのね。瓶の中に火を入れて素早く動かないと行けないのねー。

 

でもねー、失敗することもアリマース。失敗するとね、火傷しちゃうかもしれない。それでもいいならヤルよ。失敗してもいいなら、やりまーす。アハハ。火使うからねー。

 

注意事項みた?全部見てくださーい。」

 

えっ。店員の注意を聞いて、固まる私。

 

「うーん。でも、失敗はあまりナイヨー。私プロ!プロダカラネー!」

 

と言うので「過去に失敗したことあるんですか?」と恐る恐る尋ねたら「うーん。あるよー。失敗したことあるよー。えっとねー、失敗は何度かあるよ。でもねー、ほとんど失敗ないから大丈夫ー。アハハー」

 

とりあえず、明るい人ってことはわかった。

 

すっかり怖気付いた私は、「あのう、カッピング怖いのでやめます。かっさマッサージとオイルリンパやってください」とお願いした。

 

「うーん。わかったー。別にいいよー」ということで、オイルマッサージ→かっさマッサージ(民間療法らしい)→ヘッドマッサージに変更。

 

施術の腕はめちゃくちゃ上手で、値段も安かったのでコスパは非常に良かったと思う。

 

ただ、時折セールスの電話がお店にかかってきた時に「セールスの電話、よくかかってくるー。ほんと、予約電話よりかかってくるから迷惑ー。ほんとキラーイ」ってキレていた。

 

時々「カッピングはねー、本当効くよ?さっき失敗の話したけど、私一応プロ?プロダカラネ?」と念を押してきたので、「そ、そうですよね」って答えていた。

 

私が断ったことで、彼女のプロとしてのプライドをへし折ってしまったのか心配しながら、無事施術を終えた。

 

かっさマッサージに関しては、施術終わってから「体が3〜4日くらい赤いと思うけどネー、赤いの引くまで3〜4日かかるから〜。写真撮りましょうか?写真?」というので、「い、いや写真はいいです」と断った。

 

カッピングの失敗ネタだけじゃなくて、こっちの施術後の説明も必要じゃね???

 

f:id:mikumayutan32:20180807094011j:image

↑背中の一部

このくらい赤くなります。

 

しかし、何だかんだで「また来てねー。よかったら、カッピングしてねー。アハハー。」と、笑顔で送り出してくれた。

 

施術の腕は確かだったので、また行っちゃうかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【体験談】FP三級合格した!フォロワーさんからのリクエストで勉強した事をそのまままとめてみます。

この度、1月末に受けたFP三級の試験に無事合格しました。

 

f:id:mikumayutan32:20180310165156j:image

 

しかし、合格とはいっても学科、実技共にギリギリです。実技に至っては、あと一個間違えていたらアウトでした。

 

そんな訳で、あまり参考になる事はないかもしれませんがいつも仲良くしてくださっているTwitterのフォロワーさんのリクエストにお答え企画!勉強した事をそのまままとめておこうと思います。

 

1.確定申告の書類準備しながら勉強していたのがそのまま役に立った

 

実はFP試験には、確定申告の問題も出てきます。(割合としては、決して多くはないのですが)

 

丁度この頃、自分で本やネットで調べたり税務署に電話しながら確定申告書類を作成していたので、そのまま役に立った気がします。

 

 

あと、株に関する事も出てくるので投資家の人は有利かもしれないです。(試験に四季報がで出来たのはビビった)

 

ちなみに、私は株に関しては全く購入した事がないので大変でした。

 

2.過去問ひたすら

 

私の場合、同じ問題集を繰り返し使うタイプです。わかった所にはマークして、わからない所はまた次回解く感じです。マークが全部消えるまで繰り返す感じでした。

 

f:id:mikumayutan32:20180310165241j:image

 

ちなみに、昔受けた簿記の試験の時はマークシートではなく手書きだったので、沢山の紙に書きまくるという事を繰り返していました。

 

個人的には、FPの勉強は「あ〜そういう事か」と日々の生活とリンクする事が多かったのですが、それでも保険や株には疎いので難しかったです。

 

 

人によってはノートに間違えた事をまとめたりするのかもしれませんが、私はまとめてる時間よりも覚えた方が手っ取り早いと思っていたので、とにかく問題を繰り返し解いていました。

 

最初は蔦屋書店で格安の中古本を購入して勉強していたのですが、問題の内容が時代に合わせて変わっていくので、最新の本を買った方が良いのかな?と思いました。

 

3.まとめ

 

ちなみに、就職活動や仕事に活かすならば2級以上を求められる事が多いそうです。

 

個人的に、今後webの仕事で使うなら1級あたりまで持ってないと厳しいような気もしてはいたのですが、今回FPの試験を受けようと思ったのがマネーコラム書いているのにお金の知識がメルカリと懸賞位しかなかったような気がしていたので、せめてちゃんと基礎を勉強しておきたいなぁと思ったから。

 

ただ、2級を受けるためには3級が必要だったりするし生涯に渡り使えるので持っておいて損はなさそうな資格かなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【体験談】確定申告出してきたよ

2/16日の朝、確定申告を提出してきました。

 

(ただ、確定申告を出す前から「どうでも良い我が夫婦の助走話」も入っています。お役立ち情報じゃないかもですが、ごめんなさい。)

 

f:id:mikumayutan32:20180216203321j:image

 

朝、起きると旦那が「おい、もう起きろ確定申告の整理券もらいに行かないと!」と起こしてくれました。

 

そして、朝起きて二人はハグしました。理由は、旦那が昨夜コタツで寝てしまったから。一緒に寝れなかった分、しょっぱなからハグです。

 

旦那は、朝早く起きて朝ごはんにキムチチーズリゾットを作ってくれました。

 

「鍋にチーズリゾット入ってるから、パッとかきこんで役所に行きな!」と言って洗濯物も全部干す所まで行ってくれました。「あんたは今、確定申告の事を考えな」と行ってテキパキ動く旦那はまさに手慣れた主婦のようでした。

 

「ありがとうな」と言って、私は確定申告や様々な書類を念のため持参。かなりの大荷物です。

 

用意を終え、整理券配布30分前・受付開始1時間前に役所に並びに行きました。

 

整理券配布前には、一気にダーっと人が増えてビックリ。あれ、さっきまで人いなかったのに・・・。

 

整理券配布前と受付前は一気に人が混雑します。特に、今日は確定申告初日だから余計混雑したのかも。

 

エレベーターにのる人、階段で7階の会場まで駆け上がろうとする人などでごった返し状態。ただ、整理券配布は結局朝並んだ順番でもらう事になりました。

 

ちなみに、会場には私の世代の人は殆どおらず、年配の人ばかりでした。若い人は、郵送やe-taxなどで送っちゃうのかも・・・。

 

受付は、開始後7分で完了しました。全て自分で全部用意していたので「全部自分で作成してくれたんですね、助かります。ありがとうございます!」と言われたのも嬉しかった。確定申告の受付は怖いと思っていたけど、凄く温かかったです。

 

昨年度末位から少しずつ領収書の整理、やよいの白色申告オンライン にて経費や売り上げの打ち込みなどの用意をして、商工会議所や税務署にチェックしてもらったりと用意は大変だったけど、「頑張ってよかった」と涙出そうになりました。

 

一時は「全部投げ捨てて逃げたい」と、一体何度思った事でしょうか?でも、何とか最後までやるぞーとコタツにしがみつきながら作業する日々・・・。

 

領収書も、全部ルーズリーフに丁寧に日付順に貼るようにしたり、やたら長すぎる領収書は折り曲げたりと数年前の経理時代の自分が少し蘇ってきた気分・・・。

 

↑私は、今回こちらで全部作成しました。元々は有料だったサービスなので無料でここまで打ち込めるとは凄いッス!と、感動してました。

 

勘違いして打ち込みしてた所も色々あったので、途中から打ち直しも一体何度やっただろうか( ̄◇ ̄;)←多分、こういうので余計に時間かかってると思う。

 

その都度税務署に電話したり質問事項をまとめて商工会議所に行ったのも助かりました。

 

今日は旦那に「あんたは主婦として頑張ってるかどうかは正直わからないし、むしろ俺が主婦的な事を頑張ってるんじゃないなって思うけど、あんたが色々頑張ってるという事はわかるよ。

 

 

あんたがこうして働いてくれるのも助かるし、これで良いんじゃないか」と確定申告が終わった後に言ってくれました。それは、優しい顔でした。

 

なかなか主婦の在宅は、配偶者が通常のサラリーマンなら理解される事が難しいように思います。

 

旦那も一時期は「家にいるんだからもっと家事やってよ」「どうせポチポチやってるだけなんでしょ」(パソコンを叩く音)など不満を漏らす事も多かったけど、少しずつ自分のやってきた事を認めてくれたような気がして嬉しくて涙が出そうになりました。

 

パートナーに認めて欲しいと思っていた訳ではないと思っていたけど、もしかしたら本当は心の底でずっと思っていたのかもしれない。いつも隣にいるあの人に。

 

そして、もしそう思うのであれば、やり続ける事が大切なのかもしれない・・・。きっと腐る事なく地道に頑張っていれば、貴方を大切に思う人は認めてくれるはずだ。うん。

 

そんな事を思いながら報われた気持ちで胸いっぱいの嬉し涙の今日なのでした。

 

f:id:mikumayutan32:20180216204944j:image

↑今日自分へのご褒美で、ほっともっと弁当じゃないランチへゴーしてきました。

 

ちなみに、今は夫婦ではま寿司!花金です!(こっちも混んでます)

 

f:id:mikumayutan32:20180216205047j:image

↑こんなに食べた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【中古車購入】プリウスαを中古で150万で購入しました

昨日、プリウスαを中古で購入した。

 

「これはお役立ち情報感満載の記事になるはず?」と期待しちゃった人ごめんね。こちらのブログは、アドセンス貼る予定もなく完全趣味で運営している。

 

何しろ、アドセンス申請にこのブログ差し出しちゃったらネット界隈の即ブラックリスト入りをするんじゃないかっていう位に時々下ネタや地雷ネタがガンガン入っているので危険。もはや運営してるだけで治安が悪いブログなのだ。 f:id:mikumayutan32:20180205220028j:plain

 

あと、Twitterで「中古車情報教えて下さい」って呼びかけた時に色んな情報教えてくださった方々ありがとうございます。

 

実は、我々夫婦は車の知識が全くない。私は車乗らないし、旦那が今乗ってる車は弟の中古車を購入した感じなので、本当に無頓着なのだ。

 

旦那に至っては、今の車のディーラーさんに新車の軽自動車を勧められたままに購入しようとしてた位。

 

ほんと、もしこのまま勝手に軽自動車を購入などしてるものなら「わたしおばかさんだから」って旦那に耳元で歌ってやりたい。

 

さて、訳の分からない例え話をした所で、いよいよ車購入レポート!

 

まず、コトの発端は土曜日の一通の旦那からの電話だった。

 

「なあ、真面目な相談があるんや。実は、今乗ってる車の車検が25万するらしいんや」

 

えっ。前に「今回は車検代安いはず」って言ったよね?でもよく考えたら・・・

 

(今の旦那の車スペック)

・ミラ(軽自動車)

・13年目

・扉が二つ開かない(そのうち一つの扉は、私が助手席から開けないと外から開けられない。まさに、湖に落ちたら即死コースである。)

・窓が時々閉まらない

 

よく考えてみよう。窓が開かないし、扉が二つ開かないって、こじらせ女子よりこじらせてる助手席なんだけど。私が助手席に座って、内側からじゃないと運転席のドアが開かない。控えめにいって、本当に面倒くさいのである。

 

後部の左ドアに至っては、内側だろうが外側だろうがビクともしない。もはや、完全に心を閉ざしている引きこもり系のアレだ。

 

よく考えてみよう。窓が開かないし、扉が二つ開かないって事はつまり。

 

 

扉開かない

扉開いてくれない

 

後部席に置いていた ママから貰った緑のエコバッグ

時々無くしたと 慌てては後部席で見つかるよ

 

後部席に 右手から 左手にかわる

手を伸ばしても なかなかエコバッグ届かない

 

左後ろ ドア開けば 簡単にエコバッグ取れるのに

 

早くドア開いてよ 壊れかけのmiraよ

 

・・・常に徳永英明も真っ青レベルの壊れかけの軽自動車っぷりで、本当にいつ全ての扉が開かなくなるかを悩む日々が続いていた。

 

もはや、全てのドアが開かなくなった頃には完全に窒息コース行きだったのかもしれない。

 

そんな訳で、これは軽自動車買い時なのだろうという事で急遽中古車情報をネットで調べまくる事に。

 

しかし、年数の新しい車は新車と大して変わらない。よく「中古にしようと思ったけど、これなら新車でいっか」と言って新車買う人の気持ちが良く分からなかったけど(車乗らない癖に)、やっとここにきて中古車辞めた→新車にした人の気持ちがわからなくもなかった。

 

まず、1店舗目に某中古車チェーン店に行った。店内は綺麗で、車の種類も豊富だった。

 

最初は、ワゴンにしようかなとかアクアにしようかなとか色々考えていたけど、実際中に入ってみると、広さとか使いやすさや無駄の無さなどが気になった。個人的な趣味で、プリウスの内装が好きだったという理由でプリウスばかりチェック。

 

一目見て、値段も安くて内装も良い車があって「これいいなぁ」と言ってた側から「すみません、これ売れちゃったので」と車が売れた。

 

途中で、車内に試乗も出来なくなった。というか、我々が試乗してる姿をみて第三者が「これやばい」って売れたのかどうかは定かじゃないけど、とにかく売れた。

 

「すみません。似たような車を全力で探しますから」といって、車屋の兄さんは数分でサッと見つけてくれた。

 

色は水色のプリウス。車体価格59万位。しかし、その車は新潟にあるので現物を見て買う事ができないのだ。

 

雪道を走って痛んでいない?車内の匂いは?など、確認できないのは怖い。

それは、ある日突然見ず知らずの人と見合い結婚決めるような気持ちだった。

 

やがて、旦那の弟が合流。こちらの店は諸費用が高く、結局総額125万ほどかかるので予算オーバーって事で辞めた。

 

そして、弟の紹介で車メーカー直営店舗の中古車屋へ。

 

こちらは、先程回った店より同じ年数で走行距離が少ない、グレードの高い(プリウスのランク的なやつ)、人気カラーの車が豊富にあった。もし、トヨ○限定の車と決めてるならトヨ○直営店舗のが種類あるなぁと思った。

 

プリウスのパールホワイトで、通常のプリウスプリウスαを物色し、完全に予算オーバープリウスαを諸費用込みで150万で購入。

 

本当は諸費用込みで100万で買いたかったんだけど、知人にそれを話したら「そんなもん無理に決まってるだろ」と即答された。あと、廃車買取できますかね?はノー。どうやらあまりにもポンコツすぎた様子。

 

人生ではじめて車を買うことになったけど、全く車に興味がない私でさえワクワク感で胸がいっぱい。今までは、車に乗るたびに溜息がでていたけど、これからは車に乗る事が楽しみになるかも。

 

内装も全部私が気に入ったのを選んだので、運転しない癖に完全に自分の車のような気持ちだ。

 

一年分の在宅ワーク代が吹っ飛ぶ値段だったけど、また頑張って働こうという気持ちになれた。これからも、頑張ってお金貯めよう。

 

 

クレカ1枚で気軽にカーライフ!最短90日で乗り換えられる♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卵管造影検査とFP3級試験と私

はてなブログではお久しぶりです。

 

久しぶりに、先週の出来事が濃すぎたので振り返ってみました。

 

さぁ、先週末のラインナップは?

なーんと、サザエさんもびっくりの豪華3本立てだよ!ンガフフ!

 

・水〜木曜あたり

旦那と家庭内ストライキ

「ぼくらの家事やってくれない3日間戦争の巻」

・金曜日

卵管造影検査

「痛くないっていったじゃん!の巻」

・日曜日

FP3級試験

「FP試験は戦争だ!の巻」

 

①旦那と家庭内ストライキだ!ぼくらの3日間家事やってくれない戦争」

 

まず、先週半ばに「何で朝起こしてくれないの!」「朝ごはん作ってくれないの!」問題で旦那と大喧嘩(というか、一方的に怒られる)。

 

そんな訳で、これからは「前日にご飯を炊く」「前日におかず用意」で解決になりました。一時は「朝起きてくれなかったら罰金制度」もできましたが、何とか今日はギリギリセーフです。

 

②痛くないっていったじゃん!卵管造影検査後は辛いよの巻

 

実はここ数ヶ月前から婦人科に通っているのですが、「タイミング療法でお願いします」と言った筈なのに何故かガチの不妊コースに。採血とか位の検査かなと思っていたら、結構ガチな検査もあって正直夫婦お互い喧嘩になりそうになる事も。

 

ただ、お互いの人間性って良い時よりも問題追及の時に出てくるのかもしれません。

 

「旅行に一緒に行くと、相手の知らない一面が見えるよ」と婚活時代にアドバイスを貰った事があるのですが、今となっては旅行はお互いの良い思い出作りをする為のものかなーと思います。

 

逆に、2人で嫌なことがあった時にふと「そういやあの時の旅行楽しかったな」って思い出して気持ちを踏み止まるとか。

 

新婚旅行はどこでも良いから行った方が絶対良いよって色んな方に言われたんだけど、理由の中にはこういう意味もあるみたいです。

 

「これから大変な事が沢山あるし結婚して子供できたら行けなくなるから、一番良いうちに言い思い出を作っておきなさい」って沢山の人に言われ、

 

「あー、お金かかるし足りるかなぁ」って思いながら旅行申し込んだ記憶あります。実際、新婚旅行はあの時行っといて良かったなぁって思ってます。

 

f:id:mikumayutan32:20180129090738j:image

 ↑新婚旅行で泊まったバリ島のホテル

 

個人的には、数十回の旅行よりも一回の問題かなと最近感じております。

 

さて、実際の検査ですが事前に説明と同意書を書かされます。説明に至っては、「まず○○にチューブを通して膨らませてレントゲン撮るんだけどね」っていう感じの、聞いてもよくわかんない話を聞かされました。むしろ聞けば聞くほど不安しか生まれません。

 

「2日位ちょっときつい生理痛みたいになっちゃうかもしれないけど、大丈夫だから。みなさんやっておられますし。」って進撃の巨人のリヴァイみたいな顔した男性のお医者さん(これがソックリなんだけど)に表情1つ変えずに淡々と言われ、頭には進撃の巨人のテーマソングが流れたのであります。

 

(進撃の巨人主題歌 替え歌)突撃のチューブ

 

ズイズイ ハイルノ ソレ?

ナニガ ドウシテ ドウナッテル ギャー!

 

通されたチューブの 在り処も知らずに

意識落ちた私は 終焉を待ちわびる

 

祈ったところで 何も変わらない

(いま何が起きてるの?)を変えるのは戦う覚悟だ

 

○○通り越えて 進む意志を笑う 医者よ

 

おい 何そこで笑うよ?

ちょっとー、ライト持ってきて見えな〜い。全然すすまないんだけどぉーって何ぼやいてるの?

こっちはもっと見えないし不安なんだけど?何が起きてるの、リヴァイ医師よ!

 

笑われた屈辱は 羞恥心の極みだ

カーテン越しの その其方 まさか臭うの?(ごめんね)

 

迸る衝動にその身を委ねながら

先にシャワー浴びればよかったねと後悔の 突撃のチューブ

 

(おわり)

 

リヴァイ医師に通され、大丈夫大丈夫!彼は調査兵隊の兵士長ィィィ!人類最強の兵士ィィィ!ウワァァァ!

 

と思いながら、そっと瞳を平井堅のように閉じて恐怖に耐えたのであります。その前に、なんで男の若いイケメン医師なんだろ。

 

「はい、もう何もしませんからね。大丈夫ですから。レントゲン撮るだけですから」って、レントゲン撮るんじゃーんとか思いつつ、○○にチューブ通された状態で看護婦さんに手を引いてもらいながら婦人科の廊下を渡るわたし。(そのため、スカート必須みたい)

 

その後は、「先生来るまでちょっと待っててねー」と言われて、リヴァイ医師が来るのを待つ。待つ。

 

リヴァイ医師は、レントゲンも撮って説明してくれたので、もはや私のいろはかるたを沢山知ってしまった訳なんですよね。

 

検査の後に「ほんと、何も問題ないですねー」ってリヴァイ医師から非常にサクッとした答えが返ってきただけなのですがこの4日ぐらいしんどいので別の意味で問題ありました。

 

そんな訳で、体調的な問題で日曜日のFP試験は地獄でした。

 

③FP試験は戦争だ!

 

日曜日、FP試験三級を受けにいってきました。三級なので、みんなそこまでガチじゃないのかなと思ってたのですが、現地に向かう電車に乗ってビックリ。

 

みんな携帯か問題集を必死に読み漁っていました。携帯チェックしてる人は、大抵コインチェックの社長記者会見記事読んでた気がします。

 

携帯見てる人も、問題集読んでる人もみんな真剣な狐の目をしていました。マネーの虎というか、カイジの世界というか。とにかく異様な空気でした。

 

電車降りた人は、ほぼ全員位の勢いでFP試験受験者でした。会場は3級受験申込者だけでなく、2級FP技能士 受講者もいたのですが、全員まとめてゾロゾロ会場に向かう光景は町興しみたいな勢いでした。

 

会場は、東海学園大学だったのですが学校内の至る所に必死に勉強している人が溢れかえっていました。

 

必死さと白熱した雰囲気は、過去の試験歴代ナンバーワンだったような気がします。資格の人気度みたいなものが伺えました。

 

年齢層は幅広かったのですが、学生さんが多かったような気もしました。確かに金融関係(銀行や証券とか)に就職希望ならアピールに効果ありそう。カップルで受験してる人も多かったような気がします。

 

学科と実技の間にお昼休み時間があるのですが、何せ大学の周囲に食べ物屋さんは限られているので受験生長蛇の列でした。モスバーガーは相席でした。

 

試験中は全然だったのですが、お昼食べてる時に無償に検査の後遺症で下腹がキリキリと痛かったりしてて、問題集を枕代わりにして休んだりもしたのですが、モスバーガー内も試験勉強に必死な人が溢れかえっていました。

 

そんな訳で、今日はゆっくり休みたいと思います。