貢ぐは馬鹿だが幸である

ブロガー、フリーライター

急がば妊活

おはよーございます。

 

昨日、同級生ネタをブログでアップしたらアクセス過去最高(といっても、一ヶ月しかしてないけど)400越えしてました。

 

f:id:mikumayutan32:20161129074141p:image

 http://mikumayutan32.hatenablog.com/entry/2016/11/28/072811

多分、昨日の記事のアクセスが多かったみたい。

 

私、はてなブログのシステムよく知らないんだけど、ブックマークに対してTwitter拡散とかされてるみたいです。

 

知らない間に、何処かでうちのブログがTwitter拡散されてアクセスあげてるみたいですね(笑)

 

ここの所、仕事と仕事と週末は彼と同棲に追われ、他の事が何もできない状況です。

 

唯一の自分の時間の場所が、電車の中だけかも。

 

あー、仕事以外に趣味を持つって贅沢がしたいよー!!!!!!!!!

 

何も考えずに、誰にも気を使わずにただひたすら踊りたい!!!!!!!

ストレス発散したい!!!!!!!

 

・・・ってなると、1人で部屋で踊ってる位が丁度よいので、わりと1人で踊ってます(笑)

 

もはや、文章書く事さえも今では趣味ではなく仕事になっています。

 

そんな訳で、ここでブログ書いてるのが結構ストレス発散になっています。

 

文章は、仕事でするのではなく趣味で好きな事書いてる位が一番幸せですよ。

 

ノルマもなく、締め切りもなく!それが最高(笑)

 

いつも、読んでくださっている方々ありがとうございます。

 

読者も、もーすぐ40人突破するみたい。これからも、暇なうちはぼちぼち続けてみます。

 

さて、最近SNSなどで子供の写真などを見るたびに思う「子供が欲しい願望」!

 

彼と交際スタートさせて3ケ月目位には、「妊活しないと」と説得させ続けていた。(ちなみに、すでに親に紹介済み、結婚式予約済みの状態です。危険だから、絶対に真似しないでください。)

 

「結婚式の最中に妊婦になったら、周囲の人に迷惑かかるし、旅行だって行けなくなるよ。まだ早いよ。結婚式の後でいいんじゃね?」

 

と、いう彼に対して

 

「ノー、ノー!君はまだ何もわかっちゃいないよ。私の年齢だと、子供が産まれる適齢期過ぎてる訳だから、一年でも早くしないと!」

 

そうなのだ。

 

30代後半に差し掛かる私の年齢では、一年過ぎると卵子が減少してゆく。一刻も早い妊活が求められるのだ。

 

子供が出来ず、不妊治療しようと思うと莫大な費用がかかる。

 

私たちの金では、治療費捻出が到底出来そうにないので「不妊治療が必要なら諦めよう」という結論に至っている。

 

あー、不妊治療も保険効くようになればいいのになー。

 

税金で温泉旅行とかガールズバー行く政治家を排除して、介護士の給料や少子化対策、医療費補助などを充実させたほーがいーのにぃーー。

 

今でも年間3000人人口が減少しているというし、少子化がこのまま進むと年金も税金も無くなっちゃうよ。

 

一時期は、毎日基礎体温計っては婦人科に通ってた。基礎体温測るのって本当に面倒くさい。

 

アラームの音や、毎日測らないとっていう行為そのものがストレスになりそー。

 

もっと簡単に測れる機械が出来たらいいのにな。

 

タイミング計ってどうのこうのっていう事が、本当に面倒くさい。

 

そう思うと、うちの両親3人子供作ってるから、もはや神よね。

 

最初の頃は、「危険な子供ができたら、産むのやめよう。」「子供ができると、かなり金がなくなるらしいから、できないならできないで、2人で旅行とか行こう」と、消極的な感じだったけど

 

今では、「来年には妊娠して再来年には子供誕生してほしいなー」「あー、今日子供できたらいいのになー」と具体的に子供への夢を語るように。

 

そしたらそしたで、かえってプレッシャーだわ・・。